ペンシル爆弾と名付けよう

さて先日に二度にわたって書いたフランツのミサイルについての記事ですが、今回はかなりゆるーく半ばネタ的に別の資料も出してみましょう。

さてゾイドバトルコミックと言えばバトスト2巻を漫画化したものとして有名ですが、あまり知られていない第二部もあります。
単行本になっていないのでマイナーである…。


これはフランツを主役にしたバトスト3巻時期にあたるエピソードが漫画になっています。
ただし冒頭(クック基地を共和国軍が奇襲する)は同じであるものの、その後から少しずつ分岐し後半は独自のストーリーになります。
ローザも出てこない。
ifというか、もう一つのフランツの物語という感じになっています。


さて、彼がフランツです。みなぎってるなぁ。
持っているのは手持ちミサイルですが、ミサイルというかビーム砲に見えるな。
でもコングMK-IIの大型ビームランチャーにちょっと居ていてカッコいい装備だと思います。

内容はバトスト3巻とは途中から分岐するのですが、こちらもとても良い出来になっています。
さすがはゾイドバトルコミックというところ。
しかし稀に暴走した「???」な所もあり、それらは全てにおいてフランツの描写です。
今回はそれを紹介しましょう。

冒頭
クック基地にゴルヘックスを中心とする共和国部隊が攻めてきた。
奇襲は完全に成功しウオディックやシーパンツァー艦隊は壊滅する。また陸上にも大きな被害がではじめた。
バトストだと共和国部隊は攻撃終了後すみやかに撤退しますが、バトルコミック版だとフランツが生身で反撃を始めます。
敵旗艦のゴルヘックス重砲タイプを破壊する。


少し分かりにくいかもしれませんが足元のコマでゴルヘックスがやられています。
ゴルヘックスの形状がやや製品と異なりますが、本話が作画された時点でまだ同機のデザイン画が未完成だったからと思われます。

ゴルヘックスは前面が大きなキャノピーなので小型ミサイルでも撃破できるんのかなあ・・・?

さてその後、フランツの反撃も虚しく大部分の共和国軍は離脱した。
追撃部隊を編成した帝国軍は共和国部隊を追って氷山に上陸した。
しかしそこには、共和国軍大部隊が待ち構えていたのであった。
罠だ。
帝国軍は大打撃を被る。


フランツの部下、ルドルフとシュミットもプテラスの機銃掃射を受けて倒れた。


旋回しなおも攻撃を続けるプテラス。
怒りに燃えるフランツは手持ちのハンドガンで応戦。
そして見事にプテラスを撃墜。


ええええええええ
ハンドガンでこの威力ならもはや手持ちミサイルの意味とは。

この一件でフランツは共和国の指導者・ヘリックを捕らえるあるいは殺害するしか戦争を早期に終える道はないと思うようになる。

この後、なんだかんだあってフランツはようやくヘリックの乗るウルトラザウルスを見つける。
(後で判明するがこれは偽専用機であった)

「ヘリック専用機のウルトラザウルスが共和国部隊を率いて戦っている」
この情報を聞きつけたフランツはレドラーで現場に急行する。
そして現場に到着するやレドラーを乗り捨て生身でウルトラに突っ込む


ここでミサイルの形状がバトストと同じになっていますね。
そしてウルトラザウルスに撃ち込み頭部一帯を破壊。


キャノピーをぶち破ったのではなく頭部一帯を破壊。


という事でまあやりたい放題な漫画版フランツのミサイル(とハンドガン)でした。
最初のゴルヘックスはまぁ…という感じだしウルトラザウルスもキャノピーが弱いゾイドだから「パイロットのみを倒す」のだったら可能だと思いますが、ハンドガンはなあ。

そうそう、バトストにあったデスザウラーをエサに大統領を捕らえに行くエピソードは削られています。
なのでレッドホーンを倒すシーンはありません。
バトルコミックのミサイルやハンドガンの凄いのは、完全に敵側の・言い換えればこちらにとって有利な細工などがされているはずのないゾイドを破壊している事だなあ。

と、ややネタ的な部分を紹介してしまいましたがゾイドバトルコミックは本当に素晴らしい作品です。


この作画を手描きで毎号実現していたのも凄い。
幾つか???な描写がありつつも、全体としては凄く良い作品なのでいつか単行本化して欲しいものです。
そんなわけでみなぎってる漢、フランツでした。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント