ビガザウロ発展型

改造ビガザウロを二つ描きました。

ひとつめ

箱裏に載っている改造機です。
装甲や追加の巨大エンジンがあります。性能向上試験型という感じかな?


ビガザウロとマンモスは箱裏では小型ゾイドをはべらせています。
まさに旗艦ゾイドという感じ。

頭部にアンテナがあるので通信力がおそらく向上しているのでしょう。
また注目すべきは側面のエンジンです。
これはもうゴジュラスの背中のエンジンに酷似しています。
ゴジュラス開発中においてテストがビガザウロで行われたのでしょう。
開発史が読み解ける非常に興味深い機体です。


実戦に赴いたかは不明ですが、後の共和国大型ゾイドに与えた影響は大でしょう。


ふたつめ

これはキングドラゴンと名付けられた改造機です。
戦闘機械獣のすべてで紹介されています。


ご覧の通りソフビのキングギドラからあからさまに羽をむしってきて付けている・・・・・。
これはちょっとなぁと思ったのでメカメカしい感じにしました。というかお気づきと思いますがメカ版を参考にしています。


実際の色は金一色なんですが、あんまりにもキンキラキンナノはちょっとと思いちょっと各パーツに差を付けました。

しかし実際飛べるんだろうか。小ジャンプができる程度じゃなかろうか。
あと「小型の翼」ではないと思うなあ…。
しかし大型翼の開発はサラマンダーに活かされたのかもしれない。


さてさてビガザウロの改造機ですが多分今回描いた2種類をもってコンプしました。



全部で5種類。
キングドラゴン
ウォークルーザー
性能向上試験型
パーシング
脚部装甲追加型

マンモスに比べて改造バリエは多いです。
最初の大型ゾイドとして華々しく活躍した戦歴は伊達じゃないって事か。
現在の目で見れば装飾過小でもあるビガザウロですが、やっぱり魅力的な機体です。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント