アルトブラスター

改造ガンブラスター「アルトブラスター」を書きました。



ガンブラスターはノーマルタイプの時点から既に「アンキロサウルス・・・?」って感じがしますが、本機はもはや何が何だか。
この時期のゾイドなのでやはりキメラ技術が使われているのだろうか。
あるいはコア的にはアロザウラー、ゴッドカイザー、ゴジュラスのいずれかだったりして。

さてバトストでは後方支援機と紹介されていますが、学年誌では対ギル・ベイダー用の対空ゾイドでした。
砲が実弾式とビーム砲の二種類のアルトブラスターがあるのかもしれない。



学年誌では具体的な戦いの様子が描かれていて、中央大陸に侵入したギル・ベイダーを迎え撃つ切り札という扱いでした。


執拗に射撃を行った結果、ギルは大幅なエネルギー消費を強いられエネルギー残量の赤ランプがともるまで追い込まれました。
ただ覚悟を決めたギルが本機を出した結果、ビームスマッシャーで切り裂かれて敗北してしまいました。

防空機として割と優秀かなという気がします。
ギルは新ゾイドバトルストーリーの戦力比較表では「黄金砲の連射も跳ね返す」みたいに書かれていますが、できれば被弾は避けたいし長時間に渡って受け続ければ危ういのでしょう。

もともとのガンブラスターは、射角が正面に固定されているうえ四足で運動性の低い機体なので飛行ゾイドの動きに追従する事が極めて困難と思われる。
(なのでギルを追い込んだグラハムの技術は凄い)
対してアルトブラスターは二足機なので飛行ゾイドの動きに機敏に対応できる事が強いのだと思います。

学年誌には他にも、



このような改造ガンブラスターが登場する。
これは門数を減らした変わりに巨大口径砲に、そして仰角が付くようにしたタイプです。



本機は「射角が正面に固定される」という弱点を克服したタイプ。
そしてアルトブラスターは更に発展して飛行ゾイドの動きに機敏に追従できるようにしたタイプと思います。

優秀だと思うんですが、量産されなかったのは何故だろう。キメラ技術を使っていて調整が困難・・・というのはこの時期には当てはまらないと思う。
けっきょくアルトブラスターにしたところで撃墜は難しいと判断されたのかなあ・・・。
オルディオスの開発も進んでいた時期です。
なので、量産が予定されていたがオルディオスの完成と予想以上の活躍をもってキャンセル・全力でオルディオスの増産が進められることになったのかなと思いました。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント