黄金のマッドサンダー

改造マッドサンダーを描きました。

ゴールドサンダー


中央大陸にて上陸したデッド・ボーダー&ヘル・ディガンナー部隊を迎撃、みごと一方的な強さで圧倒し撃退した武勲機です。
この時期としては共和国軍が勝利をした珍しい一戦でした。さすがマッドサンダー。

もっともゴールドサンダー到着前の暗黒軍はウルトラザウルスやサラマンダーを含む共和国部隊を破壊しまくっていた。
最終的に撃退しただけで取り逃がしているのも痛い。
被害は明らかに共和国軍が酷かったので一矢報いつつも敗北という結果という方が正しいのかもしれない。

ところでゴールドサンダーは名の通り色が凄い。
クリックで拡大
<クリックで拡大>

もー、キンキラキンです。一部の砲とキャップを除いてすべてメッキという凄まじい具合。
メッキゾイドは珍しくありませんが、たとえばデスクロスだって装甲がメッキなだけだった。
ゴールドサンダーのように極一部の場所を除いてすべてメッキというのは凄い。


槍持ちデッドがビビってます。そらビビるわこんなん・・・。
当時、一番好きなマッドサンダーがキンキラになってテンションが上がりまくっていました。
今見るとどうかと思う部分もありますが、でも今でも好き。


ノーマルカラーにしたら普通にカッコいい・・・・・・んだけど、ちと寂しくもあるかな。

ゴールドサンダーは色に注目しがちですが、火力も大幅に増しています。
ウルトラキャノン砲を実に8門も持っているのですね。

色はともかく形の再現はそれほど難しくない改造ゾイドと思いますが・・・、製作にはマッドサンダーとウルトラザウルス×2が必要という豪華な仕様です。
・・・ん? もしかして再現に必要なゾイドのコストはケンタウロスより高いのでは・・・・?
当時価格でマッドとウルトラは共に5980円。すなわち17940円。

ケンタウロスはウルトラとゴジュラス(3800円)とゴルドス(3000円)とサラマンダー(3000円)だから合計15780円。
うおー、すげーゴールドサンダー。
といいつつ、実はケンタウロスの再現には他にもマンモスやコングMK-IIのバックパックが必要なのでそれも考えるとケンタウロスの方がやっぱり高いのですが。

話を戻します。
ウルトラキャノン砲8門の火力は凄まじい。もしかすると砲撃だけでデスザウラーをも倒せちゃうのでは。
マッドサンダーはウルトラザウルスと同等以上のパワーを持つ。
そのうえ、学年誌での解説では「ゴールドの装甲は太陽エネルギーを吸収する」とあった。
(但しバトストではビーム砲を反射するゴールド合金と解説されている)

マッドサンダーのエネルギー+太陽エネルギーの合算でパワーは無限とも言える域。
これがウルトラキャノン砲8門を実現させたのかもしれない。
ではこれが標準装備にならなかったのは何故かというと、コスト的な問題かもしれないし、太陽エネルギーを吸収する機構が防御上の難を引き起こしたのかもしれない。

ところで「太陽エネルギーを吸収する機構」といえばレドラーやブラキオスが持っていた機能です。
その機能を帝国軍を併合した直後の共和国軍が試験的に取り入れているのはとても興味深い所です。

さてゴールドサンダー。実は装備の異なる別の一機が居たりもするのですが、それはまた後日。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント