ウルトラ輸送潜水艦

本日の改造ゾイド

マイナーながら戦史上とても重要だと思うウルトラザウルスの改造機です。

ウルトラザウルス輸送潜水艦仕様


背中の飛行甲板部が潜水艦的な装備になっています。この中に多くの物資を搭載する事ができる。
小二に登場。記事内では単にウルトラザウルスと呼ばれていました。
ガン・ギャラドと水中戦用改造デスザウラーに破壊された。



さて何ゆえ本機が戦史上で有名と思うかですが、これにはキングゴジュラス建造がからみます。
キングゴジュラスは海底基地で建造が進められた事は有名だと思います。
なんでわざわざ海底基地にしたかというと秘匿の為でしょう。

さて本機が目指していたのはその基地でした。
という事はおそらく、
・本機がキングゴジュラス建造に必要な物資を輸送→キングゴジュラスの建造が進む

という流れが推測できます。



本機なくしてキングゴジュラスは完成しなかった…という意味でとても重要な一機だと思います。

上の記事の様に撃破されていますが、実はこの時は既にキングゴジュラスは完成後であった。
際どいタイミング…。
もしもコアないし重要な部品を運ぶ最中に撃破されていたとすれば…、共和国にとって好ましくない戦況になっていたでしょう。
(重巡インディアナポリスを思い出しました)

「完成したにも関らず本機はなぜ再び基地に向かっていたのか」という疑問が出ると思います。
それは更に続くエピソードから読み解けます。

沈没するウルトラザウルスは、小型脱出艇を発進させる。
それは海底基地に向かっていった。



ごらんの様にデスデプスに追撃されながら、それでも海底基地を目指して逃げています。
なぜだ。
常識的に考えると敵に場所を知られるのはマズい。脱出艇は海上か別の場所に向かうべきだったのでは。
(実際、次号では場所を知った暗黒軍が海底基地に破壊部隊を仕向けている)

ただし、既にキングゴジュラスが完成している事を思えば…、
キングゴジュラスは完成済み。「あとはパイロットが乗れば動かせる」のような状態とすれば、おそらく脱出艇に乗っていた者はキングゴジュラスのパイロットであると推測できる。
つまりヘリック大統領その人であると。



まとめると…、

①キングゴジュラスの開発が決定する
②実機の建造は秘匿の為に海底基地で行われる事になる
③海底基地へ物資を運ぶ輸送艦が必要となる。ウルトラザウルス輸送潜水艦仕様が用意される。
④ウルトラ輸送艦が物資を運びキングゴジュラスが建造される・機体が完成する
⑤最後にパイロット(ヘリック大統領)の輸送が行われる


だが⑤…すなわち最終ミッションの最中にウルトラザウルスは撃破される。
ヘリックは脱出艇でからくも逃げ延び海底基地へ。


という流れを推測します。

次号では暗黒軍破壊部隊が同基地を襲撃しますが、守備隊が時間を稼いだ隙にキングゴジュラスが起動し事なきを得ています。
ここからキングゴジュラスの進撃が始まる…。

この辺の話はぜひとも新ゾイドバトルストーリー②-完結編-を作って扱って欲しかったものですね。
手に汗握る最終決戦に相応しいアツい展開だと思います。

ウルトラザウルス輸送潜水艦仕様は、同号で登場したオルディオスマリーン(海底基地守備隊)と共に小ニでは最後に登場した改造ゾイドです。
その意味でもとても印象深いゾイドです。

ところで私は書いている内にもう一つの想像もしました。

メカ生体ゾイド当時としてはキングゴジュラスは強力だが制御可能な通常ゾイドという感じでしたが、リバセン時には操縦者を異常に好戦的・破壊的にさせるような特殊ゾイドでした。
今回の記事を改めて見直して、キングゴジュラスはほとんど完成していた・だが「ウルトラザウルスにはキングゴジュラスを制御する為の最後の部品が積まれていた」と解釈しても面白いかなと思いました。
すなわちその部品がなかったゆえにあのような描写になった…ような。

キングゴジュラスは最終ゾイドだけにやっぱり妄想が尽きぬ。

さて、あともう一個を補助的に話題です。
この時期は、もはやゴジュラスは完全なザコでウルトラもデカい的、マッドサンダーもかなり没落していました。
いやしかし、

ゴジュラスはキングゴジュラスという同タイプゾイドが登場した
ウルトラザウルスはキングゴジュラス開発に大きく貢献した
マッドサンダーは小三で暗黒軍エネルギー基地(ダム)を破壊している。次号で共和国軍が首都に迫っているので意義は大きかった。

という風に全て救いがあったようにも思えます。
ちなみに海底基地の守備隊にはゴジュラスの姿もあった。
ウルトラザウルスは破壊された。
マッドサンダーもダム破壊の直後にガン・ギャラドに破壊された。
全て最後の意地を見せた後にキングゴジュラスに後を託して散っているのもまた物悲しくて良いなあと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント