修整&クワガタ

先日描いた夜間戦闘用マッドサンダーを少し修正しました。


コメ欄でライトは幅がもう少しあった方がらしいと頂きまして、なるほどその通りだと思った次第です。

こんな感じで後部を付ける改定を行いました。

夜間戦闘用マッドは、ジオラマを見ればわかるように戦車の車輪のランナーをそのまま使っているので、


特に深く考えず最初のような形(戦車の車輪のような形)にしていました。
ですがよくよく考えてみればこのアングルは前からの形しか分からないので、後部はもっと掘り下げて考え探照灯のような形にすべきだったなーと思いました。
ご指摘のおかげで良い形に改める事が出来たと思います。
ありがとうございました!

ところでこのパーツですが、直前のシーンや直後のシーンでは付けていないように見える。
通常時は森林地帯でひっからないように折りたたんだり、必要な用途を終えた後はパージする事が出来るのかもしれませんね。

あと、

ダブルソーダの改造バリエを描きました。
これは「別冊ゾイドグラフィックス」に載った改造ダブルソーダです。
頭部の懲罰席部分に注目。強力な装甲で覆われる仕様に改定されています。

テスト機か何かかな・・・?
設定などはありませんが、少なくとも2機の生産が確認できます。
個人的な想像としては、防御力は上がっただろうけど空戦や偵察で重要な視界性が犠牲になっているので没になったと思っています。

あるいは、もしかすると「土を掘る」ような用途に特化させたのかな? とも思います。
ノーマルでは土を掘るとパイロットが死んじゃいそうだけどこのタイプなら大丈夫だろう。
(ただしそんな事を言ったらグランドモーラーはどうなるのだという話でもあるが…)
帝国軍はブラックライモスやグランドモーラーといった地中用ゾイドを持っていたのでその対抗に。
背中のビーム砲が撤去されているのも、ひっかかるものを無くして地中を高速で掘り進む為のものかもしれない。

共和国軍ではガイサックが土を掘れるとされている。
同機は地中から飛び出しクローで敵ゾイドの腹部を狙う戦法をする。
レッドホーンの内部図解の号では腹部に対して「腹部は装甲が薄いのでガイサックで地中から攻撃すれば有効かも」と書かれていた。
新世紀ゾイドでは粘りに粘ってセイバータイガーを倒したガイサックが居たという。これも同じく地中からの奇襲でウィークポイントたる腹を狙ったからではないだろうか。

ダブルソーダの本仕様が地中からの攻撃を旨として改造されたものなら、ガイサック以上の能力を発揮しそうではあります。
攻撃後に離脱するのも容易だろうし。
ゾイドではカブトムシとクワガタは飛んでばかりですが、実際の生態を考えれば昼間は地中や木の穴に居る事が多いのでそういうのがあってもいいのかなと思いました。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント