小型格闘王

ゴドスのバリエーションを描きました。

アーマードゴドス


学年誌に登場したバリエーションです。
頭部にアンテナ、肩に三連装ロケット、脚部に装甲、背中にウイングを背負っています。

名称はアーマードゴドスですが、別の号ではホッピングワラビー(カンガルー型)と書かれていたりもする。
ゴドスなのかカンガルーなのかワラビーなのか。
足の裏が大型化しているので砂漠等でもよく動けるとの事です。

次、
戦闘機械獣のすべてに登場する増加装甲タイプ

名称不明。胸部と脚部に増加装甲を付けています。
それ以上の情報は無し。
最規模な改造機ではないので、現場で応急的に行われたのだと思う。

次、
History of Zoidsに登場する増加装甲タイプ

こちらも増加装甲タイプですが、戦闘機械獣のすべてのものよりは手が込んでいるかな・・・?
手も換装されていますが詳細不明です。何故か細くなっている。

劇中ではモルガ・ゲルダーVSゴドスの戦いが発生し、ゴドスがモルガを撃破するもその隙にゲルダーが狙いを定めた。どうなるゴドス!?という感じでした。
結末は描かれず。

ゴドスのバリエはこれにてコンプできた・・・・と思います。多分。
今回紹介した増加装甲タイプはいずれも地味な改造機ですが、主力歩兵なだけにこうしたバリエは各現場で無数に存在すると思います。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント