フランツのミサイル

生身でゾイドに勝てる唯一の男、それはフランツ。


「手持ちミサイルのフランツ」は有名だと思います。
常人では持ち上げる事さえできない巨大なミサイル発射機を軽々と担ぎ、そして発射する。
その様は凄まじいインパクトを残しました。

フランツのミサイルと言えばレッドホーンをぶっ飛ばした一件が印象深いのですが、これって今にして思うと凄いなあと思います。
というのも、フランツのミサイルは人と対比しているからこそ巨大に見えますが、実のところ所詮は人が担いでいるのでゾイドと比べると超ミニサイズである。


だいたいこの位になると思う。フランツの上の赤いのはミサイルの大きさ。
こんなに小さい。

たとえばバリゲーターのミサイルでレッドホーンを撃ってもさしてダメージを受けないと思います。
いわんやフランツのミサイルのサイズでは傷一つ付けられないだろう。

なんであの時の共和国軍は「あの男、手持ちミサイルでレッドホーンを倒しちまった!!」と信用したんだろうなぁ…。
レッドホーン自体は演出の為に「自爆」させられたのだと思いますが、共和国軍が本気でフランツがミサイルで倒したと信じたのはお粗末だなあと思ったりもします。

まぁ、フランツが撃つ前に共和国部隊も攻撃を加えていただろうから「その時点でレッドホーンの装甲はだいぶ弱っていた・トドメをフランツのミサイルが刺した」と判断したのかな。
この直後にヘリック大統領がわざわざ直接会いたいと言った事から、共和国軍は完全にフランツを信じていた。

しかしあえて、フランツのミサイルはこんなサイズだが大型ゾイドを倒す威力を持っているという仮説でも考えてみよう。

もしもフランツのミサイル一発だけでレッドホーンの装甲を貫くなら、どのようなミサイルなのだろう。
「炸薬の代わりに小型ゾイドのコアを仕込んだミサイル」
これならどうか。
着弾の瞬間にコアは爆発する。
爆発力は凄まじいだろうから、レッドホーンやマンモス程度なら破壊できなくもない・・・と考えられるかもしれない。
この時期に既に旧式化著しいガリウスやハイドッカーなどを「有効活用」するような。

そういう外道兵器もゾイド星には存在するのだろうか…?
ただしそういった装備を多くのゾイドに標準装備にすると兵の士気が下がりそうだし、国民の支持にも影響しそうだ。
なのでフランツなどの一部の限られた秘密を守るであろう兵士にのみ託されたのであった……のかもしれない。
(フランツはエリートである)

こうした外道兵器は無いと信じたいところではありますが、共和国軍はアクアドンとフロレシオスを損失前提で大量に囮にした事があるし、大陸間戦争では中性子ミサイルまで登場しているしなぁ。
こういう方面からゾイドを見ると…また違った掘り下げができるかもしれない。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント