グランチュラのバリエ

グランチュラの改造バリエを描きました。
本機のバリエはこのクラスとしてはかなり多めです。バトストではあまり活躍していないのですが、改造バリエという意味ではかなり優遇されているといえる。
そういえばスタッフの方はグランチュラが好きだったそうです。
機獣新世紀ゾイドが始まる少し前に東京ゲームショーで公開された映像にはグランチュラが登場します。
バリエーションの多さは愛されているゆえかも。

本日はまず2種類。

エリゴーン

学年誌にのみ登場。
頭部をゴドスやガイサックの指揮官機用タイプに換装している。
背中には通常コックピットとロングレンジガン&レーダーがある。
ログレンジが&レーダーは両側についています。
ロングレンジガン×2というと、このクラスとしてはなかなかの大火力。
しかもレーダーや砲手がいる事で命中率もかなりのものでしょう。

多分ガイサックが量産され機種改変になる過渡期において登場したバリエーションと思われる。
ガイサック本体の生産がやや遅れ気味。ただし各種装備や新型コックピットは順調に生産されていて工場に眠っている。
それなら先に使える分から使ってやろうという事情から生まれた仕様と思います。

エリゴーンという名前は語源が不明です。
ものものしい名前をつけるほどの改造ではなく簡易な現場的な範囲だと思うんですが、んー。
しかし非力なグランチュラが大火力の期待に生まれ変わったのだからこのように呼ばれたのかも知れぬ。

本機は順当な近代改修タイプだと思いますが、次第にガイサックの生産が軌道に乗った事で機種改変され消えていったと思われる。
ときに再現は極めて容易ですね。
ガイサックまたはゴドスから一部部品を持ってくれば良いだけ。ちびっこユーザーの改造意欲を刺激するバリエでもあります。


作業用クレーン車仕様

背中に巨大なクレーンを持っています。
本機はバトストにも学年誌にも出てこない。
「スターログ」という雑誌に突発的にゾイドが掲載される事があったのですが、そこにのみ登場した。


「ゴジュラスは共和国軍最強ゾイドだ」的な紹介なんですが、よく見ると後方にクレーンを装備したグランチュラが確認出来ます。
とても小さなコマで形状も良く分からないので、「クレーン車である」という部分のみ取り入れつつ独自に線を引きました。


色は作業用を思わせる黄色。
かなり背の高いクレーンを持っていますが、これはゴジュラスの建造を想定しているからと思われる。
ゾイド建造にこのようなメカが使用されるというのはいかにもゾイド星っぽくてステキ。
ただグランチュラだと余り重い荷物は任せたくないかな…。
特に高い位置に吊り下げようとすると、こけそうでもある。
それでも中型ゾイドの建造程度になら大きく貢献しそう。
グランチュラ完成後は、余剰機がこのように活用された例も多いと思います。

残りの種類は順次!
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント