ゾイド漫画



予告どおり、田中圭一先生の漫画でゾイド回がきてました!
インタビューはモッチャやOHAOHAアニキにも出ていた徳山先生。
ゾイドを深く語られている回です。

今回初めて知ったのはゾイドが組み立てキットである理由でした。
恐竜の骨を発掘して復元する。―――その工程を楽しんでもらうためなんです。


な、なるほど!
確かに組み立てる楽しみは発掘復元のそれに近いかもしれないなあ。
そして組みあがったものが生きている様に動くのだから。
動力ゾイドの魅力を再発見した気がします。
あと、やっぱりゾイドにとって「恐竜」というモチーフは深いつながり何だなあという事も思いました。

絵も大型ゾイドのほとんどが登場していて嬉しいですね。
そんな中、中型ゾイドなのにしれっと登場してるウオディックにちょっとクスッとしました。

重箱の隅をつつくなら共和国の基本色がシルバーとされていますがシルバーはむしろ帝国ですね。
共和国はグレーか青じゃないかなあ。まあ共和国は歴史の中で象徴的な色がどんどん変わっているので一色だけ選ぶのは難しいのですが。
新世紀以降の共和国軍なら確かにシルバーでもいいのかな。ゴジュラスもウルトラも銀だった。
この時代は帝国軍は主にはシルバーじゃなくてガンメタルを使うようになっていたし。

アニメについての見解はそうだなと思う部分もあり、一方でアニメもまた素晴らしい作品であれをきっかけに今でも熱心に追いかけるファンも多い事から複雑だなーとも思いました。
アニメゾイドは3DCGを違和感なくアニメ作画と組み合わせた最初の作品。業界に与えた影響は多大で今でもゾイドを超える動きの作品ってなかなかないと思います。
凄い挑戦をした作品だと思うんですよね。アニメが短期的に盛り上がりその後一気に下がる事は否めない…。ただ挑戦して大成功して1999年のCGなのに今でも凄いと言われるほどの動きだった事・大きな目標に挑戦して勝ち取った精神、これってメカ生体ゾイドが持っていたより良い動きに挑戦したキットを開発する挑戦する精神に通ずるところもあるんじゃないかなーと思ったりします。
なんていうか、思うに、これをやってやるぜ見せつけてやるぜっていう熱い思いとそれに吊り合うだけの実力がある作品はアニメであっても終了後も長く愛される気がします。
商業的に言うと確かに/0が終わった後にガクンと下がってしまったのですが…。

個人的にはこの時期のゾイドのやっちゃった事はとにかく高速重視になった事じゃないカナーと思います。
アニメは高速でも良いのですが同時展開していたバトストまでそれ重視になってしまったのはちょっとナーという感想もあります。

作中で注目したそのほかの箇所と言えば「売り場作りマニュアル」が激しく気になる。
いやー、見てみたい。もはや現存してないと思いますが。
もしも現存するならそれを見てその通りの飾り方をして見たいもんです。

そんな感じです。
この漫画のシリーズって単行本化したりするのだろうか。
他の話ももれなく良い感じなので単行本かも希望しています。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント