星いくつ?

先日のコラムで出したこちらの首都防衛戦における戦力比較ですが、


他のゾイドに当てはめるとどうなるのかなーと思います。

この表では
☆☆☆
ギル・ベイダー
ガン・ギャラド
デスザウラー
マッドサンダー
オルディオス

☆☆
アイス・ブレーザー
キングバロン


デッド・ボーダー
シールドライガーMK-II

となっていますね。
三段階評価ではざっくりしすぎなので、できれば五段階くらいはほしいなあとは思うのですが、まぁそれは言っても仕方がないので同じように三段階で評価しよう。

拠点防衛/拠点制圧
における評価を以下のゾイドで行ってみようと思います。

まず共和国軍
ウルトラザウルス
ゴジュラスMK-II量産型
ディバイソン
ガンブラスター
ハウンドソルジャー
キングライガー

ウルトラザウルス
強力な長距離キャノン砲があり後方支援が出来る点、味方部隊を統括できる旗艦機能がある事から極めて重要なゾイドだと思います。
ただしこの時代においては容易に駆逐される…接近されればほとんどの敵に対して反撃する事さえできません。
そしてまたこの時代には高速ゾイドが多いので容易に接近される。

耐久力は高いのですが、首が細いのでそこを切られたらアウトというのが弱点だと思います。
ボディが健在でも首を切られてメインコックピットを使用不能にされれば戦線離脱は避けられまい。
そういえばアイアンコングもウルトラ撃破を狙う際には首の破壊を狙う事が黄金パターでした。

ただウルトラを擁護するなら首の破壊は一時的な戦線離脱を強いるに過ぎず、ボディ(コア)が健在なら後方で修理する事は可能かもしれない。
といってもその一時的の間に作戦の成否は決まるだろうからやはり大きな弱点ではあるのですが…。

総合的に見てキャノン砲の射撃力と旗艦機能で評価3だが接近されれば脆い、被撃破を防ぐには濃密な護衛が必須で戦力をそこに裂かねばならない点でマイナス1、という事で「2」かなあと思いました。

ゴジュラスMK-II量産型
強力な長距離キャノン砲があり後方支援が出来る点で優れていますが、ウルトラザウルスよりは劣ります。
旗艦能力は残念ながらない。
その分、接近戦能力が多少はありウルトラザウルスに比べればまだしも戦える機体だと思います。
が、この時代の強力機を相手にしては極めて心もとない。
残念ながら「1」かなと思います。

ディバイソン
本機の強さは突撃力ですが、この時代の敵は機動力ないし砲撃力が高いので接近前に撃破されます。
ジーク・ドーベルやガル・タイガーは突撃を避けてから攻撃するだろうし、ダーク・ホーンやデッド・ボーダーは角が到達する前に強力な砲で撃ちぬくだろう。
ディバイソンが突撃を決める事は難しい。
17門突撃砲も射程が短い(ように見える)ので有効に使い辛い。もともと角の突撃と複合して使う目的の砲なので、突撃が封じられた時点で本装備の価値も半減したのだろう。
また射角として側面に撃つ事ができないのでその点も厳しい。
残念ながら「1」かなと思います。

ガンブラスター
本機は判断に迷います。
ハイパーローリングキャノンは超威力で前方の全てを破壊する…のだけど、射角は正面に限定されているから接近して側面に回られると為す術がない。
運動性が低いので旋回速度は極めて遅いだろう。
ただ、それでもこの砲力は絶大。何機かで扇状に並んで死角を減らせば損失もある程度抑えられよう。
なので「2」と判断します。

ハウンドソルジャー、キングライガー
前提としてキングバロンが2です。
キングバロンは過度な装備を付けているが「短時間のみ凄まじい戦闘力を発揮する」仕様と推測します。
強いが持続時間がない。補給が見込めない長距離の戦いには向かない。
だが首都防衛/攻略のような短期戦ではその威力を遺憾なく発揮するのでしょう。
ハウンドソルジャーやキングライガーは武装は常識的なレベルです。なので行動時間は十分にあり汎用性という意味ではキングバロン以上と思います。
だが首都防衛/攻略戦においては短時間であってもとにかく強いゾイドの方が良い。その意味で言えば劣る。
総合的に本作戦に限れば両機とも「1」かなと思います。


次、暗黒軍
ダーク・ホーン
アイアンコングMK-II量産型
ジーク・ドーベル、ガル・タイガー
デス・キャット

ダーク・ホーン
ガンブラスターのライバルで戦力的には互角という所。
ハイブリットバルカン砲は射角が素晴らしく全周囲に撃てる。
ただ威力ではハイパーローリングチャージャーに一歩劣るかという感じ。
仰角が高くつくので対空用としても使える。だがこの点に関してはこの時代の超高性能機を前には無力だったようだ。
突撃力はかなりのもの。ゴジュラスに突撃したらどうなるかがとても興味があるのだが残念ながらそれが描かれた事はなかった…。

ハイブリットバルカン砲はガンブラスターが超電磁シールドを張ると跳ね返される。
マッドサンダーを撃破するのもキツいだろう。
ゴジュラスやウルトラにはある程度打ち込めば撃破できる…かな?
突撃と組み合わせれば撃破可能だと思う。
高速ゾイド相手には強いと思う。防御力のない高速ゾイドはハイブリットバルカンで容易に撃ち抜かれるだろう。

総合的には極めて強力だが倒せない敵も多いので「2」と判断します。

アイアンコングMK-II量産型
ミサイルによる支援砲撃力は暗黒軍の中ではデスザウラーに次ぐ威力だと思う。
交戦力についてはゴジュラスほどは没落しておらず一定の活躍が見られる。
これは操縦性の良さもであろう。あらゆる作戦に投入できる器用さ・万能さも良い。
なので総合的にはゴジュラスよりも高く「2」かなと思います。

ジーク・ドーベル、ガル・タイガー
これはハウンドソルジャーやキングライガーと同じ理由から「1」と判断します。

デス・キャット
超重力弾砲の威力がいまひとつ謎なのが判断に迷うポイントです。
とりあえずキングゴジュラスは余裕で耐えた。
もし本装備がマッドサンダーをも倒す程の威力であれば、超高機動でもって敵に接近し超重力弾砲で確実に仕留める運用ができる事から「3」を与えて良いと思う。
本機が城壁を崩しにくるマッドサンダー部隊を完全に駆逐すればそれだけで絶大な効果がある。
地上ゾイドの”強い”相手を全て本機が引き受ければ、ガン・ギャラドやギル・ベイダーはオルディオスの駆逐に全力を避けるようになるし、ダーク・ホーンなどは残る弱い敵に専念できる。

ただ未知数すぎるのが何とも言い難い。
私は超重力弾砲はハッタリ的な部分もかなりあると思っていて、高速ゾイドの装備としては極めて強力だが荷電粒子砲に勝る威力ではないと思っています。
その場合なら評価は「2」が妥当かなと思います。


さて上の表において共和国軍の欄で謎の新型機がありますが、これはもちろんキングゴジュラス
本機の評価は幾つかな。
支援的な能力はない。本機はあくまでファイターでノーマルタイプのゴジュラス的な性格をしている。
その意味では戦略的な価値に乏しい。
だが「首都攻略」で言うなら「5」くらいあげても良いんじゃないかな。
絶大なる防御力で耐えまくって一機でも攻略を完了してしまいそうだ。

「首都防衛」では「4」くらいじゃないかなぁ。
スーパーサウンドブラスターを使えば敵部隊をまとめて破壊できますが、音波で周辺の敵を破壊するという特性から周辺に味方機は配置できない(味方に被害が及ぶ)。
また建物を破壊する危険性もあるので、首都の指令本部からは少し離した位置(スーパーサウンドブラスターの影響が建物に及ばない地点)に配置しなければならないと思う。
すなわち最後の砦ではなく外周で敵を迎え撃つ配置になると思う。
そうなると、他方向から敵が攻めてきたら辛い。
といっても敵が攻めてくるルートはだいたいにおいて把握できるものであるし、なにぶん強すぎる機体なので3より上の「4」を与えたいところです。


時代が違いますがジェノザウラーはどの程度だろうか。
高速なうえに十分な攻撃力があるので「2」はいけるんじゃないかな。
新世紀のゾイドは全てメカ生体時の戦訓を踏まえて設計されていると思うので、特に重要と思える戦いを考えればその開発史の断片も見えてくると思います。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント