旋回式の砲のこと

「旋回式の砲」についてふと思った事があったので下記します。

ゾイドはリアルだと思うけど砲が旋回できない事だけはどうかなーと思っていました。
多くのゾイドの砲は「正面に固定」して付いています。
仰角がとれるものは多いですが、砲の旋回はできないものが多いです。

戦艦や戦車の主砲は旋回する。なのにゾイドはなぜ? という事は子供の頃からの疑問でした。
砲が旋回すればこそ戦艦は敵艦を正確に狙える。正面にしか撃てないウルトラザウルスは敵を正確に狙えるのだろうか。

さて大人になってこれに対して小回りの問題があるのかなと思うようになりました。
ウルトラザウルスは36cm砲を持っているので、同じく36cm砲を搭載した戦艦金剛と比較してみよう。
金剛の艦自体を旋回させるのに必要な直径は下の通りです。
(戦闘速度を出している想定)



船体よりもかなり長い直径が必要です。これだけの距離を要してようやく一回転できる。

艦の運動性は旋回性と追従性が重要です。
旋回性は先に述べた通り、どれだけの直径で旋回できるかです。

追従性とは舵をきってから実際に艦がその動きをするまでにかかるタイムラグの事です。
艦は舵を切った瞬間に動くわけじゃなく、少ししてから動き始めるのです。

金剛の追従性は手持ち資料に記述がないので不明です…が、一般的に巨艦になるほど悪くなります。
大和だと100秒近くかかったそうです。舵を切って100秒たってようやく動くのですね。

アニメ的な描写に親しんでいると、「敵が魚雷を投下した→やばい、舵を切ってかわすんだ」的なシーンを思い浮かべるでしょう。
しかし実際はそんなのでは全く間に合わないので、敵が攻撃進路に入った時点で舵を切ってようやくギリギリ間に合うという感じなのであります。
爆弾にしても同じで投下されてから舵を切ったのでは全く間に合わない。敵が攻撃進路に入った時点で投下位置を予想しかわす必要があります。

金剛は大和より小さい。なので追従性はいくらかマシでしょうが、あくまでマシという程度で瞬時に動くものではありません。
船とはそういうものです。
例えるなら5秒ほど操作遅延の発生するゲームパッドを使って格闘ゲームをするようなものでしょうか。
操舵は大変です。
そんな中で大和は沖縄特攻に際して数百の敵機を相手に多くの爆弾や魚雷を回避したのだから凄いなあと思います。

話を戻します。
さて戦艦は艦自体が一回転しようとすると時間もかかるし長い距離も必要です。
一方、ウルトラザウルスどうだろう。旋回性と追従性に関して言えば素晴らしい性能じゃないだろうか。
多分、その場で旋回できる。尻尾や脚を上手く使って旋回半径0mでの旋回ができる。
また追従性もタイムラグはわずかだと思う。
生物なので動こうと思った瞬間に動けるだろうし、いかにウルトラザウルスが巨大といっても戦艦に比べれば小さい。
運動性は最高だと思う。
このように高い運動性能があるので、あえて主砲を旋回式にせず前方のみの固定式にしたのかもしれないなあと思いました。

同じ大きさの母体に旋回式の砲あるいは固定式の砲を積むのなら、後者の方が明らかに大きな強力砲を積む事ができます。
旋回式の砲は機構が大掛かりになる=重くなるので仕方がありません。
多くのゾイドは母体が持つ高い運動性に期待して「旋回は母体ごと」という考えをしているのかもしれないなあと思いました。
母体が素早い旋回をするのだから、砲は正面固定式で強力な砲がいいやという考えです。

…と、ここまでは今まで考えていた事です。
そしてここからが、今回ふと気付いた部分です。

基本的にゾイドの砲の考えは上記した通りで正解だと思います。
戦艦や戦車に比べて運動性が高い。だから自身ごと旋回すれば良い(その分大きくて強力な砲を積もう)という考えに基づいていると思います。
しかし一方で旋回式の砲を持つゾイドも存在します。
代表的な所ではレッドホーンとマッドサンダーです。

これらの機種を見て、なるほどと気付きました。
前方固定式の巨砲を持つゾイド…ウルトラザウルスは陸上での任務は後方支援です。
バトストだと至近距離で戦うシーンもあるので勘違いしてしまいがちですが、基本的にウルトラは後方からキャノン砲や旗艦能力で味方を支援する事に真価がある。
「後方」がキーワードです。つまり前に向けて撃っていれば良い。

こうです。

対してレッドホーンやマッドサンダーはその重装甲と角の威力を活かして真っ先に敵陣に突撃する。

こうです。

そして
「突撃後は敵陣の中に留まり、後続の味方部隊が到着するまでその場で耐える」
ような運用も多かったと思います。
両機とも旗艦機能を持ちます。
これは「現場にいち早く突入する機だから、その場の情報を迅速に後続部隊に伝えればその後の戦闘が有利に進む」という意味で重要だったと思う。

敵陣に留まり後続の味方部隊が到着するまで情報を送信し続け耐える。これは大変な事です。
四方八方から猛攻撃を喰らうでしょう。
「だからこそ全周囲に撃てる砲が必要だった」
のではないだろうか。

このようにして戦いながら味方部隊が到着するまでに出来るだけ多くの敵を排除し自身を守る。

レッドホーンの砲はゴルドス以下には十分な威力を発揮します。小型ゾイドなら一撃でスクラップにできましょう。
防御力も、ゴジュラスが出てこない限りにおいては十分でしょう。
マッドサンダーは言うまでもなく。


私は、基本的にゾイドの砲は前方固定式であると思いました。それはゾイド自身の運動性の高さゆえです。
しかし一部の「先陣を切って敵陣に突っ込む」ような「四方八方から撃たれる」事を想定した機に関しては全周囲に向けて撃つ旋回式の砲が用意されているのだと思いました。

この考えにおいて言うとディバイソンやガンブラスターにも触れなければならないでしょう。
どちらも先陣を切って敵に突っ込むイメージです。
ガンブラスターはともかく、ディバイソンはまさに先陣です。

これらの機は前方固定式の砲です。
いやしかし、ディバイソンは対デスザウラー用として苦しい中で開発されたという事情があります。
とにかくデスザウラーだけを倒せれば良いというそれのみを最優先した結果があれなのだと思います。

ガンブラスターも未知の暗黒軍を倒すべく少しでも強力な砲を搭載する・しかも逼迫する戦況は十分な開発期間を許さないという中であのような偏った仕様になったと思います。

他のゾイドを見ると、ブラックライモスは旋回式の砲を持つべきだったかなと思います。
小型レッドホーンとも称される。運用は先陣を切って敵に突っ込む事。
ただブラックライモスは所詮は中型。搭載できる砲の大きさには限界がある。旋回式の砲にすれば更に小型になってしまう。
それでは十分な攻撃力に達しない。
その苦しい事情から前方固定にしたのかもしれない。

レッドホーンの後継機的なゾイドと言えばエレファンダーも忘れてはならないと思います。
こちらは旋回式の砲を持っていて、同じ運用ができる能力を持ちます。
本機の旋回式の砲は、迫りくる共和国大部隊を迎撃したニクシーでの時間稼ぎにおいても大活躍したでしょう。
敵陣への突撃ではなく防衛で使われたのは皮肉でしたが。


あとはジェノザウラーのパルスレーザーライフルでしょうか。
本機は想定する重要な敵の一つがシールドライガーだった事が先回砲の装備理由の一つと思います。
シールドライガーがこちらの突撃をかわした場合でも旋回式の砲で狙えば良い。あるいは旋回式の砲を存分に撃ち敵の行動を制限しその上で突撃・破壊する。そんな使い方です。

また、先陣を切って敵部隊に突撃する任務もある程度は想定していると思います。
ただしレッドホーンやマッドサンダーが重防御で敵の攻撃を跳ね返しながら接近し突撃後はその場に留まり味方部隊の到着まで耐えるのに対し、別の戦法であると思う。
圧倒的な速度(本機はマーダのようなホバーさえ可能だ)で敵陣に潜入し、自在に動くパルスレーザーライフルを全周囲に乱射、スピーディーに出来るだけ多くの敵を葬った後に速やかに離脱する戦法をすると思います。

超スピードでこのような軌道を描きつつ敵部隊内を駆け抜ける。
こうすればある程度の敵を排除できるし敵を大混乱させる事が出来るでしょう。

レッドホーンやマッドサンダーの防御力にものをいわせ「ジックリ迫りドッシリ耐える」戦法ではなく、全てスピーディーに行うのです。
一撃離脱戦法的な運用です。

これと同様の事はシールドライガーやセイバータイガーでも可能だと思いますが、両機の砲は小さいので効果としてはジェノザウラーに比すれば薄いと思います。
ジェノザウラーは正面の敵を爪や牙で破壊しつつ・周囲の敵はパルスレーザーライフルで破壊できる。
シールドやセイバーは背中の砲の威力で劣るので主に爪や牙で正面の敵のみを排除し離脱する事になるだろう。
こうして見るとジェノザウラーの傑作ぶりが改めて思われます。

そんなわけで、今回は前方固定砲と旋回砲を考えてみました。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント