ペガサロスのバリエ

今日はペガサロスの改造機です。
こちらも改造バリエは少なく、箱裏一種類、学年誌一種類の系2種類のみを確認しています。

箱裏



何やらよく分からない改造です…。んー、どう解釈したものか。
ゴチャゴチャとしていて洗練さでキット版に劣ると思う。なので開発中の試作機とかかなあと思います。

背中の十字の装備は何だろう。
この装備は左右にあります。計二基の本装備は何だろう。
思いつくところとしてはエネルギーチャージャーの類・・・?

試作機段階ではエネルギー効率を高める為に本装備を二基付けていた。
だが空力的によくない事と、激しい動きをすると破損する事もあったので制式機では撤去された…とか。

首の付き方も変わっていますが、これはキット版よりも好きかな。
流れが自然で。



色は鈍いゴールドです。この時期の共和国ゾイドの箱裏バリエは金色で塗られている事が多い印象。
似合っているかはともかく、骨ゾイドにゴールドっていうのはギャップが凄くてインパクト絶大です。

学年誌に登場したやつ
オーニソプト

こちらはなかなか正統派な感じかな。
翼下にタンクが付いたので長距離飛行が出来る仕様という感じでしょうか。
頭部側面にレーダー、背中にもタンクなどを増設しています。
重武装ペガサロスっていう印象でなかなかかっこいいです。
あと翼がわずかながら大型化しています。

ペガサロスはおそらく航続距離が短い。
なので帝国奥地への攻撃には困難があったと思う。グライドラーは航続距離は十分だが性能が不十分。
そんなわけで本仕様が生まれたのかも。


ただ生産数は低いと思われる。
学年誌での登場も機体紹介がされたのみ。戦っているシーンはなし。
これは、ペガサロスの時代は「のどか」で敵の奥地にまで攻撃する機会が少なかったからと思われる。

ペガサロスの改造バリエで確認しているものは以上の二つだけです。
けっこう少ない印象。
ペガサロスの時代は帝国軍がマトモな空軍力を持っていなかったので無敵でした。
なので特に強化改造などが不要だったのかもしれない。

History of Zoidsには「前期型」「後期型」としてペガサロスが紹介されていましたが、違いは、
前期型:パイロットは個々に戦っていた。その中でエースも生まれた。だがシンカーが登場すると苦境になった。
後期型:編隊飛行を学習し集団で戦うようになった。これによりシンカーにもある程度は戦えるようになった。
とされています。
機体そのものは変化しておらず、戦術が変化したのみだったようだ。

当初は対抗する敵がいなかったので改造があまりされなかった・必要なかった。
シンカー登場後は苦境に経たされたが戦術転換で対抗した。その裏でプテラスの開発が進められて数年後に完成した。
プテラスが順調に完成したのでペガサロスは本格的な強化改造タイプが登場する前に退役した…のかもしれないなあと思いました。

そんなわけでペガサロスでした。
ようやく骨ゾイドもできてきました。
あとはスパイカー。すぱっとやってしまえれば良いなあ。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント