最強ゾイド開発史の事

小ネタです。

兵器とは自国特有の傾向・特徴があります。
一方で敵国の兵器の影響を常に受けるものでもあります。
つまり自国特有の傾向・特徴を保ちつつも敵国の要素が入ったものになるという事です。

はてこれを意識するとふと思いつきました。
共和国と帝国、両軍の超巨大ゾイドの傾向です。

当初は共和国軍はゴジュラスという決して生産性の良いとは言えない・しかしとにかく強い機体を有していました。
それに対抗した帝国軍のアイアンコングは生産性がこのクラスとしては高い機体でした。

はたして両ゾイドの決戦はゴジュラスの辛勝に終わった。
この戦いはその後の超巨大ゾイドの設計に大きな影響を与えたと思います。

共和国にしてみれば、短期間でこれだけの数を生産したアイアンコングを凄く恐れたでしょう。
ゴジュラス並みの交戦力を持ちつつ生産性にも配慮した仕様。
巨大ゾイドでこのような仕様が可能だったとは!?

その後に出た超巨大ゾイドはある程度は生産性に配慮されていると思います。
ウルトラザウルスとマッドサンダーですが、生産性はもちろん高いとは言い難いでしょうがデスザウラーよりは随分良いと思います。
イメージ的な問題でもあるんですが、両機のモチーフとなった生物は草食恐竜です。
草食恐竜は群れを作る。両野生体の生息数はゴジュラスやデスザウラー野生体よりも多いと思う。肉食動物は常に少ないものです。
ウルトラザウルスやマッドサンダー野生体生息数という意味では生産性が高いと思います。

※ただしウルトラザウルスやマッドサンダー野生体は種としては数が多い一方で、よほど成熟した個体しか戦闘用に改造できないとも思います。
 そうした意味では、野生体が豊富だからイケるという単純な図式ではない。
 しかしそれでもティラノサウルス型野生体よりは作りやすいと思います。

帝国軍の場合は逆に、自信満々だったコングが敗北した。
その後もコングは善戦しつつも攻め切ることができなかった…という意味でゴジュラスを更に恐れたと思います。

それがもうとにかく生産性は度外視だが圧倒的に強力・コイツさえいれば敵に数があろうが関係ないデスザウラーというゾイドに繋がっているのかも…と思いました。

さてデスザウラーに衝撃を受けた共和国軍。更に後にギル・ベイダーの衝撃も凄かった。
まさしく少数だが戦況を大きく変えたこれらの機体。
そして次に共和国軍が開発した新型最強ゾイドはティラノサウルス型…すなわち生産性を考慮しない代わりに単機ではこれ以上ない程強力なキングゴジュラスであった。

開発の裏にはこんな事情があるのかもしれませんねぇ。
そんな事を思いました。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント