カマキリ

本日はスパイカーのバリエーションです。
3種類いきます。

一つ目


ゾイドグラフィックスvol.1(この頃は「ゾイド情報」という名前だった)で紹介されている仕様です。
羽があるのと機銃が足されています。
砲が長砲身なので貫通力が高そう。
背中のものは射角が高いように見えますが、運用時は「伏せ」のような姿勢をとる事で前方にも射撃できるのだと思います。



実は羽のあるスパイカーの作例はかなり多く、出来る事なら羽を仕込みたかったというメーカーの想いが伝わってきます。

二つ目


コチラも羽のある状態。
しかし形状が少し違います。
これは戦闘機械獣のすべてに登場したバージョンです。
翼はこちらの方がカマキリっぽいかな?
開発史的に言うと、より適した形の翼形状を模索していたのでしょうね。
しかしながらスパイカーに羽を付けた強化が完成するよりも先に、スパイカーというゾイドがそもそも能力不足になってしまったので採用されなかったのだと思います。



それにしても羽を付けるとやっぱりカマキリらしさがアップしますね。
キットでもぜひつけて欲しかったなあ。

最後、三つ目


これも羽のあるバリエーションですが、それよりも凄いエンジンが付いています。
この巨大エンジンが二基ある。体格から言うと信じられないくらいの大きさ。
大型ゾイド用じゃないかな。

上の二つと違って、エンジンで無理やり飛ばしている感じですね。
ただ羽もある。これは姿勢制御に使うのかな。



エネルギーが瞬間的に無くなりそう。しかもこのエンジンだと騒音もそれなりにありそうだから、スパイカーが持つ隠密性とは相いれないと思います。
カッコいい改造だとは思いますが。
しかしこのコンセプトはブレードライガー以降のブースターで加速するライガーにも共通する思想である。

ちなみに再現の際はダンバインのズワァースという機体からエンジンをぶんどれば手軽に再現できます。
挑戦されてみてはいかが。

そんなわけでカマキリ3種類でした。
スパイカーの改造はもう少しあります。
また後日に再現いたします。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント