クライマックス手前!学年誌ゲット

うおおおおおおおおおおお

学年誌をゲットしました!!!!!!!!!!

小三91年2月号。
小三のゾイドは91年3月号まで載っています。なのでこの号は、クライマックス一歩手前の号ですね。
うひょおお。
リアルタイム時に購読していた本ですが、今こうして再開できたことに感動。

巻頭グラビアはストーンヘンジとかミステリーサークルとか。

そうそう。当時はミステリーサークルが凄くはやっておりました。
色んな説があったなぁ。
私はプラズマ説を信じていました。

さてさてゾイド。
クライマックスに向けて最高潮に熱くなるストーリー。

前号で暗黒首都を攻略した共和国軍。
だがガイロス皇帝の居る宮殿は緊急脱出装置を備えていた。
空を飛んで逃げる宮殿。
共和国軍はそれを見失う失態を犯した。
だが今、キングゴジュラスを中心とした部隊が宮殿を追って動き出した!


飛行部隊の活躍で敵の場所が分かった。
突撃するキングゴジュラスと全戦力で迎撃する暗黒軍の地獄の死闘が始まる…。
恐るべき力で前進を続けるキングゴジュラス。
デス・キャットが超重力弾砲を撃つもまるで効果がない(ひしゃげてすらいない・・・)。

いやしかし、これは囮であった。
この隙に、黒い巨鳥ギル・ベイダーが宮殿を離陸。一直線に迫ってきた。
猛スピードでビームスマッシャーの照準を定め放つ。

さしものキングゴジュラスも至近距離からのビームスマッシャーには耐えられない。
ああ負けてしまうのか。


いや、オルディオスが身を盾にして守った。
バラバラになるオルディオス。しかしこれによりキングゴジュラスは守られた。

必殺の一撃を交わされたギル・ベイダーはなおもキングゴジュラスを襲う。
怒りに燃えるキングゴジュラスもこれを迎撃する。両軍の最強ゾイド同士の決戦だ。


ギル・ベイダーはツインメイザーを撃ちまくりながら接近、チタンクローでキングゴジュラスの片腕を引きちぎる。
だが善戦もそこまで。至近距離からスーパーサウンドブラスターを受け四散したのであった…。

見開きの関係で見づらいですが、片腕をギルがへし折っています。
凄いじゃないか。

味方機に守られたり、その上で随分な苦戦をしたり。
この号のキンゴジュはけっこう精彩を欠いているかも。
いやギル戦以前に大軍団を壊滅させているから疲れていたとかそんな事情はあったと思いますが。

この次の号で「ギル・ザウラーVSキングゴジュラス」の決戦が行われ、そして小三のストーリーは見事完結します。
余談ですが、その際にキングゴジュラスの腕は完全に修復されていました。
これが「後方の基地に戻り修理した」のか、コラムで書いた「ナノマシン・オーガノイドシステム」のようにキングゴジュラス自身が再生させたのか。その事情についてを考えてみても面白いかもしれませんね。


さて、今回めでたく小三を一冊ゲットしまして残りの小三は2冊になりました!!
残りもどうにかゲットしたい!
頑張ります!!
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント