クライマックスの予告

今日も入手した学年誌の話題です。
さて今回入手した小三91年2月号は最終回一歩手前の号です。
という事は載っておるわけです。

「最終回の告知」が。



キングゴジュラスをしのぐ合体暗黒ゾイド とはもちろんギル・ザウラーの事。
実際にキングゴジュラスをしのいでいるかは分かりませんが、とにかく強かった。

リアルタイム時、1991年の私は小三でした。この号もこの予告も見ていたなあ…。
もー、ドッキドキだったわけです。
キングゴジュラスはそりゃあスンゲぇ強かったのですが、とにかく暗黒軍はあらゆる手を使って攻撃してきた。
基地ごと爆破したり物量で攻めてきたり。
なので強さに信頼を置きつつも常にハラハラしてました。

そこへきてキングゴジュラスをしのぐ暗黒ゾイド出現ときたもんだから、共和国少年兵だった私は大いに動揺したものでした。

して、次号が出るまでの一か月間ドキドキして過ごして…、いよいよ買ってもらった小三91年3月号。
学校から帰ってくると机に置いてありました。

ドキドキしすぎてページが開けない。
キングゴジュラスは勝ったのか!?

そこへ父親が出現。私は思わず「キ、キングゴジュラスは勝った!?」と聞いた。
まあ、なんていうか「読んでみろよ」とうながして欲しかったわけですね。

そしたらまあ、今でもよく覚えているんですが帰ってきた答えが
「買ったで。でも泣くなよ、ゾイド終わったで」
だったですねぇ。

え、え、え?

超混乱しつつも中身を見る。大迫力のバトルの末にキングゴジュラス勝利。
そして共和国軍勝利(小三のラストは隕石衝突じゃなく共和国勝利でのエンドだ)。
そしてまた・・・、「長い間ゾイドを応援してくれてありがとう」というゾイドの完結。

もー、キングゴジュラスが勝ってよかった。共和国が勝って嬉しい。ゾイド終わった・・・。
そんな嬉しいのか悲しいのか分からない感情の中で泣くなよと言われたのに泣いたのを覚えていますねぇ。

さて完結となる小三91年3月号はまだ未入手です。
小三は84年7月号からゾイドが載ってる。計算すると6年と9ヶ月。81号にわたって特集が載り続けたわけです。
これはホントに凄い事です。
さてその小三81号のうち79冊は既にゲットしました。残りは2冊です。
その少ない2冊のうちの一つが最終話が載ってる号なのってどうなのよ…って感じではあるんですが、常に目を光らせてコンプまでまい進して行きたいところです。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント