改造シールド

シールドライガーの改造バリエです。

試作機

シールドライガーは、登場当初においてはこちらの形でした。
といってもほとんど間違い探しレベルですね。
尻尾のディティールが違います。
キット版(量産機)では「○ ○ ○」と丸いディティールが連続して入っていますが、試作機は「――――」と線が入っています。
(これは金型のピン位置の関係から変更されたものと思われる)

その他、当初はシールドライガーは下部に帝国共通武器セットの小型ビーム砲を装備している事が多かった。
なので、それも付けています。
当初は共和国軍は「帝国共通武器セット」もコピーするつもりだったのだと思います。
しかし失敗したか不要と判断したか…、いずれにしろ量産機に搭載される事はなかった。
試作機についている小型ビーム砲は鹵獲したサーベルタイガーから分捕ったものかもしれませんね。


主な搭乗者はエリクソン大佐など。
サーベルタイガーを倒したりアイアンコングを倒したり大活躍。
実戦にも使われ大活躍しているので、試作機とはいえ性能的な問題はないのだろう。多少ピーキーとかそんな部分がある程度で。
この時点で課精度は極めて高い。ただし尻尾周りを中心に生産性を高めたものが後の量産機なのだと思います。

ところでエリクソン機はキャノピーに斜めにシールを貼っていてやたらオシャレでした。あれが大好きでした。

本日はもういっちょ

飛行型シールドライガー

グスタフの装甲を付けてその上部にキャノン砲を増設。
更に、両脇にジャイロクラフターを付けて飛行を可能にした仕様。





ジャイロクラフターです。あのガル・タイガーで有名な装備をシールドライガーが付けています。



本機は小四に掲載されたものですが、ストーリーは暗黒軍が参戦した直後でした。
本機が登場したのはガル・タイガーよりもずっと前なんですね。

デッド・ボーダー部隊VSゴジュラスMK-II量産型&本機というものでした。
結末は描かれず。
だが後の戦況から判断すると、共和国部隊は敗北して本機は鹵獲された。
そしてジャイロクラフターはコピー改良され暗黒軍装備になったのだと思います。


共和国軍は、大陸間戦争時に「アイフラッシャー」も奪われています。
(アイフラッシャーはもともと共和国軍が開発したものだったが暗黒軍がコピーし同様の装備を配備するようになった)
この時期の共和国軍は色々と大変だなあ…。

ところで、ジャイロクラフターは共和国軍が先に開発したのに、後に採用したのは暗黒軍だけ。
という事は、この実験機が奪われたので共和国軍はデータを損失したのか、あるいはその気になれば再開発はできたが不要と判断したのか。
このあたりは後々に想像して行きたいところですね。

さて、シールドライガー試作機は最初に登場した改造バリエです。
飛行型シールドライガーは確認した範囲では最後に登場した改造バリエです。これ以降に登場したシールドは全て特に手を加えていない標準仕様のMK-IIでした。
今日は最初と最後のシールドを描いたというわけで。

あと、バトストに登場した改造シールドは多分コンプしたと思います。
一覧は近日中に。
いやしかし、ちょっと迷っているものもあります。
漫画・特攻ゾイド少年隊のゴールドライガー…。
んー…、これはどうしようかな。したいような気もするし、しなくてもいいような気もするし…。
「Gパーツ」と呼ばれる教科パーツを付けた独自の仕様なんかは割とカッコいいので、んー…、やってみようかしら。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント