元祖ムラサメライガー?

なんだかモヤモヤするのもあれなので、いっそ特攻ゾイド少年隊の改造ゾイドも再現したれと決意しました。
といっても「ミニ四駆と合体したレース仕様」とかもあるので、そうした明らかなおもちゃアプローチの改造機は無しで。
本作は「シミュレーションバトル編」「シミュレーションバトル・トーナメント編」「実機に乗って実戦編」に分かれるんですが、実戦編を中心に再現していけたらと思います。

大型ビームキャノン砲装備仕様

本機はトーナメント編に登場した仕様です。
実戦編に登場した仕様ではありませんが、カッコ良かったので再現しました。
作中オリジナル改造機の中では一番好きかなー。

本機は帝国側少年団が共和国少年団を秘密裏に倒すべく送り込んだスパイ、村雨ケン太少年が乗っていた仕様です。
不意打ちで主人公タケルの乗るゴールドライガーを倒そうとするも失敗。その後タケルのフェアプレーに感化されていいヤツになります。
(でもその後再登場する事はなかった)


色がブラックです。カッコいいー! というか後年のDCS-Jみたいですね。
搭乗者が村雨少年なのでムラサメライガー…ともいえるのか?
色も名前も時代を先取りしていたのか。とか思うとちょっと面白いです。

ビームキャノン砲はカッコいいですね。
MK-IIと違って1門です。旋回できるかは不明。作中では前にのみ撃っていました。

要注目な点として、胸部の三連衝撃砲が撤去されてラジエーターのような装備になっています。
という事は冷却に難のある装備なのかも。

このビームキャノン砲がバトストに登場していたらどう扱われただろう。
私は、キャノンビーム砲(MK-IIの砲)のプロトタイプだと思いました。
共和国軍は初となる大型ビーム砲の開発に取り掛かった。
試作された大型ビームキャノン砲は威力は申し分なかったが技術的に洗練されていない部分も多く熱処理の問題を起こした。
そこで胸部にラジエーターをつけて対処した。
本装備の経験を基に更に洗練された姿で完成したのがキャノンビーム砲である…というような。

という事で続けて主人公機ゴールドライガーにも取り掛かりたいところです。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント