ゴールドライガーその2,3

ゴールドライガーのバリエの続き。

1巻裏表紙に載った仕様。

翼を付けています。
本仕様は漫画内には登場しません。
ただ、コロコロで「特攻ゾイド少年隊のゴールドライガーを作るぜ」みたいな記事で作例として作られました。
なにゆえゴールドライガーを再現する企画で作中に登場しない状態を作ったのだろう…。

もしかすると、実は漫画に掲載している以外でもタケル達は無数のバトルを繰り広げ色んなバリエーションを作ってるんだよ 的な事なのかな。

コロコロで記事が載った際は「天馬伝説」と題されてシールドライガーが羽ばたき天に舞ったと表現されていました。
ちょっと大げさな気もする。

バトスト的に解釈するならキメラ実験機になるのだろうか。
「ライオンに翼を付ける」といえば末期に登場したバトルクーガーを思わせます。
バトルクーガー開発時に先行テストとして開発された仕様と解釈しても面白そう。
本機がテストを行いデータを採取したので、バトルクーガーは高い仕上がりになった というような。


今日はもう一ついきます。

ゴジュラスと戦った時の仕様

脚部にアーマーが付いています。
タケルの説明では「これでパワーが上がる」との事ですが、特にエネルギーチャージャー的な装備ではなさそう。
純粋にプロテクターであると思う。
じゃあパワーが上がるとはどういう事か。
おそらくですがシールドライガーはメカニックの露出が多いので体当たりなどをすればシリンダーがひしゃげたりする危険が高い。
しかしアーマーが付いた事でそのような心配は無くなった。思い切りぶち当たれるようになったのでパワーを存分に使えるという感じの解釈です。

脚部が強化されているとすれば、対サーベルタイガー戦ではそれほど必要ないかもしれないけど重戦闘ゾイド…アイアンコングなどと闘う場合は嬉しい仕様だと思います。


肩のアーマーはブレードライガーのラインにとても似ていますね。
面白い。

そんなわけで今日は二種類でした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント