人型ゾイド

フォームから問い合わせを頂きましたのでそれについて考えてみます。
~内容~
----------
人型ゾイドがいないのはなぜだと思いますか? ゾイドのコンセプトが動物型だから、という事は分かりますがもっと開発面や運用面を掘り下げた理由が知りたいです。
----------
との事でありがとうございます。

ガンダムをはじめとする人型ロボットとは異なる魅力をというのがゾイドだと思うので人型ゾイドが出なかったのは必然と思いますが、それは仰られるように玩具的な事情ですね。
このテーマは考えた事がなかったのですが、こんかい以下の様に考えてみました。

ゾイド・ストーリーの最初に掲載されたものは以下の文章です。

時代は地球人類が太陽系に進出を果たして、恒星間飛行を目指す大航海時代に入った頃・・・
太陽系の全く正反対の位置に、太陽系とそっくりなゾイドゾーンが発見された。
惑星ゾイドは地球によく似た大気を持ち、金属鉱脈の露出が多い星だ。
そのため、金属イオン濃度の高い海に誕生した生命は、さまざまな進化を経て、爬虫類型、昆虫型の金属細胞を持つ生物となった。
金属生命体「ゾイド」の誕生である。
また一方では、進化の途中で枝分かれし、独自の発展の末、知的生命体である「ゾイド星人」も誕生した。


この文章から、そもそもヒューマノイドのゾイドというものが存在しないと考えていました。
ヒト的な姿をした生物は進化の途中で枝分かれしたゾイド星人のみだと。
しかしよくよく考えるとゴリラ型(ゴリラは霊長目ヒト科ゴリラ属)が居るわけだから、ゴリラよりもっと人に近い形のゾイドが居てもおかしくはないかもしれませんね。

ただし居るとしても軍用として使われるかというと疑問があります。
一つヒト型ゾイドは強いのか?という事です。

同じくらいの大きさのヒト、ライオン、ゾウ、ティラノサウルス、トリケラトプスくらいが居たとして、ヒトはたぶん一番弱い…。攻撃力も防御力も。
戦闘ゾイドとして使うには母体としての強さに欠けると思います。

ヒトは手先の器用さと頭脳で地球では最強の座に君臨しています。
身体的な弱さを武器を作りそれを運用する事で補っているわけですね。
ライフルを持てばゾウにも勝てる。

ではゾイドでそれをアドバンテージとして優位を得られるかと言えばNOだと思います。
なぜならビーム砲や大砲などの武器は多くのゾイドに付いている。
そのうえゾイドはパイロットが乗って操縦するものだから頭脳でのアドバンテージもない。
ゾイドとは人の手で補強され武器が付いた。更に人が操縦するから野生体の頭脳レベルはあまり問題にならない。

「腕で器用に色々な武器を使いこなす」事だけは素晴らしい能力と思いますが、それだけでは不利を覆せないと思います。
またゴリラ型ゾイドでもほぼ同じ事が出来るのでヒト型ゾイドだけができる能力というわけっでもない…。

もうひとつ闇の部分を言えば人型ゾイドがゾイド星人と同じくらいの知能を持っているとすれば地位を脅かされかねないし、戦闘ゾイドとして運用した時の反乱が高い確率で起こる事も危惧したのかも。
そんな感じで理由を考えてみました。

回答になっていれば幸いです!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント