立ち上がったマッドサンダー

~昨日の日記に関してのお詫びのお知らせ~
昨日の日記(ベアファイターの改造)ですがこちらのミスで朝方に同じ内容のものが2つ投稿されていました。
どうも下書きをした方を消し忘れていたようでした。
現在は片方を消しております。あと消した方に付けて頂いていたコメントがありましたので、それは残した方に移させて頂きました。
以上、報告いたします。
そんな感じでたまに(?)ミスる当ブログですが今後ともよろしくお願いします。

さて、では今日のブログです。
今日も線画です。

改造マッドサンダーの中でも結構難関だったものを再現しました。
一安心だぜ。

グレートサンダー


対ギル・ベイダー用に改造された二足歩行タイプ。
基地を襲うギル・ベイダーと戦い戦略的勝利を得た武勲機です。

立ち上がり、前脚はゴジュラスの腕に換装。
対空砲撃の種武器はキャノンビーム砲。側面にも増設しています。
背中のキャノンビーム砲は二門ですね。側面図だと分かりにくいですが、側面のキャノンビーム砲もニ門です。
つまり背中2門、右側面2門、左側面2門=合計6門のキャノンビーム砲があります。
これにて凄い弾幕を貼るようだ。

更に、「空中爆弾」なる対空用特殊装備を持っていた。
複数の爆弾をチェーン(?)で連結させたような感じ。これを上空に打ち上げる。
チェーンがギルにからまると全ての爆弾が引き寄せられて爆発するという装備でありました。
これを受けたギルはさすがにダメージ大きく一時的な飛行不能に陥っていた。



本機は小一のバトストに登場しています。この一戦は新バトストには収録されていない。
ただし、新バトスト第二章の扉ページには一戦のワンシーンが載っています。

さてグレートサンダーを見て「あれ?」と思った方は多いと思います。
本機に似た改造マッドサンダーがもう一種類ありますね。

ビッグサンダー


こちらの方は新バトストの改造マッドサンダー紹介ページで大きく扱われていたので知っている方が多いと思います。
就役時期はビッグサンダーの方が先です。
本機は中央大陸戦争末期に開発されている。ちょうど共和国軍が中央山脈を突破しゼネバス帝国を猛攻していたくらいの時期です。

グレートサンダーと比べると、ゴジュラスキャノン砲があるのが特徴ですね。

キャノンビーム砲は肩に付いています。これは必要に応じて手に持って撃てたりするのだろうか?
グレートサンダーの火力はキャノンビーム砲×6ですが、ビッグサンダーはキャノンビーム砲×4+ゴジュラスキャノン砲×2ですね。
まあ用途の違いでしょう。

あと、ゴルドスタイプのレーダーも装備しています。
どの程度の能力があったかは不明。
ビッグサンダーは中央大陸戦争末期にアイアンコング部隊を壊滅させたりと大活躍していたようだ。



ビッグサンダーもグレートサンダーも、二足歩行という特徴的な仕様ですが、それぞれ活躍していて大成功の改造マッドのようだ。
特にグレートサンダーはギルの作戦目的を阻止したのが凄い。
開発的にいうと、ビッグサンダーのデータを基に対空用に特化させたのがグレートサンダーなのかなあ。
後発なので動きは良くなっていたりもすると思う。

そういえば、姿勢はアルトブラスターに似ていますね。


ビッグサンダーは成功機だったので、そのデータは後に大いに活かされているのかも。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント