バックアタッカー

改造マッドサンダーです。
そろそろ終わりが見えてきた。

バックアタッカー


地味な改造機ですが、後部にミサイルを持っています。
マッドサンダーに付いているから小さく見えますが、実際はサラマンダーのミサイルよりも大きい位のサイズがある。かなりの大型ミサイルです。
本機は共和国首都奪還戦に投入され、改造デスザウラー「ビッグハンド」を含む複数のデスザウラーを倒しています。
共和国首都奪還戦に投入されたという事で、比較的初期の改造マッドサンダーです。

劇中によるとこれは荷電粒子探知ミサイル。
デスザウラーが荷電粒子砲を撃とうとすると、そのエネルギーを探知。発射の瞬間に口をめがけて自動発射される。
ミサイルは口腔内の荷電粒子砲砲身を潰す。これにより荷電粒子砲は暴発。発射したデスザウラーの頭が吹き飛ぶのである。

という超絶便利武器らしいのですが、んんんんんー……。
そういう事ができないから反荷電粒子シールドやマグネーザーが誕生したのではないのか…。
しかも先述したように、初期の改造マッドだからなあ。これがもし大陸間戦争末期でキンゴジュが居るくらいの時期の改造マッドなら、まぁそういう技術もあるものなのかなと思えるのですが。

しかしなあ、これでイケるならウルトラキャノン砲やゴジュラスキャノン砲でも口を狙えば勝てるんじゃないかなあ。
まぁもちろん大型キャノン砲で正確に口の中を撃つのは難しいんだけど、そこは共和国軍お得意の物量作戦で。

そんな風に思ってしまうので、個人的には見た目はともかく設定はあまり好きじゃない改造マッドです。
見た目は好きなんですけどねえ。こういう主張しすぎない火器を増設する改造機って好き。地味なんですがリアルな感じがする。
もしこれが、対空用とか(大きさから考えて対デスバード用とかが適当か)だったら設定的にも良かったんですが。



バックアタッカーというのは本機の事じゃなく、ミサイルユニットを指す言葉じゃなかろうか。
本機はキャノンビーム砲の後部にユニットを付けていますが、その他のゾイドにも搭載できそう。

さてバックアタッカーユニットですが、側面図だとちょっと分かりづらい。
なので3Dでも作ってみました。

作中のアングルでは一部に見えない部分もあったので、そこは独自に解釈して足しています。
ですが、おおまかには作中のデザインをそこそこ再現できていると思います。

カッコいいユニットですね。
荷電粒子探知ミサイルなのでか、ミサイル以外にも大げさな装備が付いていてそれらしい感じを出しているのはとても良いと思う。



3Dにしたら回したくなりますね。
そんなわけでバックアタッカーでした。

スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント