ディバイソンはなぜ旋回砲を持たなかったのか

少し前に「旋回砲」についての文章を書きました(近いうちに清書してコラムに編入します)。
その中で旋回砲を持っていないことが汎用性を大きく下げてしまい、それゆえ大陸間戦争以降においてディバイソンは撃破される数が増えたと導きました。


さてでは、ディバイソンはなぜ旋回式の砲を持たなかったのだろう。
これも考える必要がある気がします。
これはけっこう難しい問題かもしれません。
というのも、共和国軍には理想的な旋回式の砲があります。キャノンビーム砲です。



これはもともとシールドライガーMK-IIの装備でしたが、後に旋回する基部を付けてマッドサンダーに搭載されました。
これを装備できなかったのか…。
「武器の共通化をしている=生産性に配慮している」事だろうから、ディバイソンに回す分があっても良さそうなものなんですが。

キット的には容易に付きます。
ディバイソンの背中には極太パイプがありますが、この上に一箇所ハードポイントがあります。
3.2mmの小型ハードポイントですね。



ゾイドには3.2mmハードポイントを5mmハードポイントに変えるための互換パーツがあります。
これは改造セットに入っていた。新世紀の「ブロックス」にも同様の互換パーツがありましたね。
これを使えば良いのです。



このような旋回砲を持ったディバイソンは簡単に作れる。

ディバイソンは、マッドサンダーには及ばないが、それでもかなりの重パワーだ。
少なくともシールドライガーよりは高い。
なので装備すれば有効に使えると思う。

最大出力で撃ちまくる…なんていうのは難しいかもしれない。けど「群がる小・中型ゾイドを倒すのに十分な出力」程度に調整して撃てば長時間の射撃も可能だと思う。

載せるだけのお手軽改造。
メカ生体時には、上位互換機とも言うべきマッドサンダーが量産されていたからディバイソンが不要になっていたかもしれない。
けど、新世紀にはこのようにすべきだったんじゃないだろうか。
なぜそうならなかったのか。

問題があるとすれば、ハードポイントが「極太パイプの上」という特殊な位置にあるからかなあと思いました。



この極太パイプはパワフルさを連想させます。とてもディバイソンらしい。
一方で構造としては単純というか、工夫があまりない感じもする。
廃熱問題を最も楽に解決した構造に思える。効率は良いが被弾を考慮していないというか・・・、兵器としてはもう少し工夫した方が良い。
冷却機構を設けて内蔵化するとか、露出するにしても最小限にするとか。

それがされず単純な極太パイプ露出という構造になっているのは、やはり対デスザウラー用として急いで設計されたからだろうなぁ…。

この処理が拡張性を奪ったのかな、と思いました。
極太パイプの上に大型ビーム砲を付けようものなら冷却に悪影響が出る。
廃熱がままならなければディバイソンの動きは大きく鈍る。

また、極太パイプの上に大型ビーム砲を付けるのはエネルギー供給の面でも問題が出たのかも、
つまり冷却パイプが邪魔で多くのエネルギーが送れない。せいぜい小型ビーム砲を撃つ程度のエネルギーしか…。

一応、ハードポイントが付いているので拡張は可能。
だが基本的には小型砲程度に限られるのかも…。

ディバイソンMK-IIタイプなどはキャノン砲を背負っています。


これはエネルギー供給の面では問題ない(キャノン砲は火薬式だから)のだが、これだけの大型装備が付いていると廃熱に影響が出たりパイプそのものをひしゃげさせたりしそうである。
ディバイソンがキャノン砲を積まなかった理由もここにあるのかもしれないなあ…。

この極太パイプに由来する問題は時間をかければ解決可能だった。おそらく内蔵化し拡張性をもたせたディバイソン改のようなタイプは実現できただろう。
だがメカ生体時には上位版ともいえるマッドサンダーの存在がそれを実現させなかった。
新世紀時には予算の問題から実現されなかった。
そんな事情があったのかなあと思いました。

しかし! これは今後における拡張・強化の可能性を感じさせるものでもあります。
ディバイソンの近代改修型が今後生まれる事にも期待大です。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント