空中補給機

サラマンダーに漏れがあったので追加。
どれかというと、これです。


空中補給機。
エリクソン大佐率いるシールドライガー部隊を支援。
太いパイプを通じて強化エネルギーを補給する。
学年誌によるとブルノ大尉が操縦。
この補給のおかげでシールド部隊は奥地にまで攻め込めたとの事。

しかしこの空中補給機、見た感じノーマルタイプと同じに見えるんですよねぇ。
バルカンファランクスやレーザー砲もある。
この辺の武装が撤去されていれば補給機っぽいイメージになったと思うのですが。

この機って補給用のパイプが付いただけなんだろうか…。
というのも少し寂しいので、自己解釈で多分エネルギータンク的なものはあるだろうと思い以下の様に仕上げました。



ゴジュラスMK-II用タンクを側面に付けました。
この中に強化エネルギーを積めて運んでいると推測。安直ですがまあ、こんな感じでいいんじゃないかな。
パイプはここから伸びてくると想定。
(収納方法がちょっと謎のままですが)



さてそんな空中補給機ですが、バトストの上の写真を見ているとかなりの低高度から補給を行っている。



もはや降りて補給したほうが良いのでは? 空中補給にこだわった理由って何だろうなあとちょっと思えたりも。
まぁ、一秒でも速く補給を完了させたいような状況だったので句中補給になったのかな。
パイプが必要以上に太い気もするんですが、強化エネルギーを短時間で補給するからこれくらいの太さが必要なのかなぁ。

しかし微妙な疑問はありつつもこのシールドライガー奇襲作戦は両軍の緊迫した感じがこれ以上なく出ており素晴らしいエピソードだったと思います。
デスザウラーとマッドサンダーは完成までのドキドキ感も最高だったなあ。
多くのゾイドを使って開発を暴こうとする感じ。それを退けて完成する新型最強ゾイド。
予想以上の強さで猛攻する初陣。

空中補給仕様のサラマンダーも新型ゾイドを軸にした一連のエピソードを大きく盛り上げた機だと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント