キャリアー仕様

マッドサンダーの改造バリエです。
マッドの改造機、いくつあんねん!!!っていう位多い。

共和国軍で改造バリエがもっとも多いのはゴジュラスですが、二番目はマッドサンダーじゃないかな。
このゾイドが当たり前の様に量産されていたのは凄い時代だなあ。
そりゃあPSゾイドのショップで無限に購入できるわけだ・・・。
ちなみにウルトラザウルスはあまり多くない。

帝国だとアイアンコングとデスザウラーのどちらかが改造バリエ数1位だと思いますが、どっちかな。
ところでゾイドの改造バリエは大型ゾイドの方が多い傾向にあります。
これはちょっと不思議な事で、普通に考えれば数が圧倒的に多い小型ゾイドこそ改造バリエが多いはずな気がします。

まあ、そんなわけで今日の改造マッド。

マッドサンダー空母仕様


初期量産機からの改造ですね。
脚部装甲とあご下のキャップに注目です。

機体左右に大型飛行甲板が付いています。
中央には司令塔(?)のような装備や小型対空砲が多数。
ちいなみに司令塔や小型対空砲は1/700の大和型戦艦のプラモが使われている模様。


色はノーマルと基本的に同じ。

首都奪還直後の共和国軍は、休まず帝国軍を猛攻した。
マッドサンダーには、山岳でも戦えるようサポート機を搭載する改造がされた。
サポート機とはアタックゾイドのキャノッサだ。



キャノッサが入念な索敵を行い、敵情報を常にマッドに送る。
本来は山岳での動きが鈍く運用しづらいマッドサンダーだが、このサポートを受けて十分な戦いができるようになった。


キャノッサ用の飛行甲板は上から見るとこんな感じ。
ウルトラザウルスの甲板よりも大きい。
多分、片側の甲板だけでフロレシオ海海戦で使われた空母型ウルトラザウルスの甲板と同じくらいの大きさがあるんじゃないかな。
作中ではキャノッサ以外にもビークルも運用していた。
描写はありませんでしたが、その気になればプテラスも搭載できるのかなー。
でも、やっぱりキャノッサが最適だったのでしょうね。

山岳では満足な戦果を挙げにくいマッド。それをサポートするのは極小ゾイドのキャノッサというのが実に良いですね。
作中で本機はグレートサーベル部隊の襲撃を受けました。が、キャノッサのサポートを受けたマッドは快勝していました。

この時代に重要戦力としてアタックゾイドが運用されているのも興味深いなあ。
この時代は超小型ゾイドの中核はより高性能の24ゾイドに移行していたのですが。
しかし24ゾイドは両軍とも本格的な飛行タイプが居ない。アタックゾイドの中でも飛行タイプは特に重宝されていたのかもしれませんね。

さてさて連日の改造マッドですが、本当に多いな。
でも、さすがにようやく終わりが見えてきたかな。
残りは「バックアタッカー」「サンダーヘルクレス」「マッドウイング」「マッドフライ」でコンプリートだと思います。
しかしそれにしても改造マッドは多いなあ。

マッドフライとマッドウイングは似たようなものなので、一気に両方やってしまえるのは楽かな。
といってもこの両機は横・上の2アングルで描くつもりなので大変である。
最後まで突っ走りたい。ところで最後に仕上げるのはどれにしようかしら。

コンプできたら一覧にもしたいですね。
凄い事になりそう。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント