ゴルドスのバリエ

ゴルドスの改造機です。
二種類。

ミサイル増設型


小型ミサイルポッド(シールドライガーのものと同じくらい)を付けたタイプです。
地味ですが現実的な仕様…でしょうか。
マーダなど帝国新鋭小型ゾイドが登場した頃だったので、その対策をしたのやもしれぬ。



本機はレッドホーン&マーダに撃破されました。
発見された=もはやなす術がないという描写でありました。


次、
ロングバスター・ゴルドス



「キャノンゴルドス」と書かれているものもあります。
ZAC2034年(第二次ゾイド開発競争の年)に運用されていた。



列車砲のような長砲身の巨大砲を背負っています。
更に対空用装備も大幅に増えている模様。
その代わりレーダーの大部分は撤去。電子戦能力の低下は否めまい。

思うにこの砲はゴジュラスMK-II用キャノン砲やウルトラキャノン砲の開発中に実験されたものだろう。
ゴジュラスキャノンやウルトラキャノンは本砲を更に発展させたものだと思います。
口径は見た感じ25cmくらいだろうか?

ちなみにユニットは外してビガザウロやマンモスにも付ける事ができるらしい。





このユニットはゴジュラスキャノンやウルトラキャノンを開発する途中で生まれた実験砲だと思いますが、ビガザウロやマンモスでも運用可能ならば素晴らしい事じゃないかなあと思います。
おそらく破壊力ではゴジュラスキャノンに大きく劣ると予想します。が、それでもゴルドスの105mmキャノンよりは強力そう。
いっそゴジュラスMK-IIは計画中止として、この試験型キャノン砲を装備したビガザウロMK-IIやマンモスMK-IIを就役させたほうが良かったような気もする。
おそらくこの時代は多くのビガザウロ&マンモスの余剰機が出て居ただろうから、その理想的な延命ができたんじゃないかなあ。

ゴルドスには向かないと思う。やはりレーダーが大部分なくなるので。
なので
・ノーマルタイプのゴルドスがレーダーで敵位置を探知。味方に情報を送る。
・そしてその情報を元に、キャノン砲を背負って近代改修したビガザウロMK-IIやマンモスMK-IIが火力支援する。
・砲撃を生き延びた敵機はゴジュラスが格闘戦で各個撃破する。
というスタイルにすれば理想的じゃないかなあ。

この時点では試作砲ゆえ扱いに難があったとか生産性に配慮していないとか色々な理由があっただろう…けど、それは改めれば良いだけ。
なぜそうならなかったのだろう。
この時点で「ゴジュラスを強くするんだ!!」という想いが上層部で既にゴリ固まっていたのかなあ…。
軍とは時に非合理的な選択をする事もあるので。

ちなみに一応本ユニットはゴジュラスにも付けられるらしい。



ただしそうすると角度の関係で運用がしづらそうである。
特に対空砲は運用困難に見えたので撤去して描きました。
こちらは「一応は装着が可能」というだけで本格的な運用ができるという意味ではなさそうな気がする。

なぜビガザウロやマンモスに搭載しなかったのだろう…という疑問はありますが、しかしこのキャノン砲が魅力的な事には変わりがありません。
ゴジュラスMK-IIやウルトラザウルスの開発中にこんな実験機があったんだ…と思えるのは大変興味深いことです。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント