ディバイソンの事

今日はディバイソンについて。
ここのところディバイソンについてけっこう辛い評価の記事を書いていますが、今回はどうなる事でしょう。



最近は汎用性がないだのマッド登場後は下位互換だの散々な言いようですが、もともとは万能機として設計されていると思います。
万能というキーワードは中央山脈です。
私はディバイソンはアイアンコングをうらやましいと思った共和国軍が同様の機体を欲した結果として生まれた側面が強いと思っています。

アイアンコングの強みは地形を選ばず運用可能な点にあります。
山岳ではゴジュラスは動きにくい。が、アイアンコングは問題なく動ける。
150機でもって共和国領土になだれ込んだ時を思い出されたし。この部隊は中央山脈をあっという間に突破した。
共和国軍(ゴジュラス)は山脈を下りた地点で戦いを挑んだ。
ゴジュラスは山脈で戦えないからこうするしかなかった。

もちろん問題なく動けるといっても一切の制限が無いわけではありません。
サーベルタイガーに勝るものではない。
平原で出せる動きを「☆☆☆☆☆」とすると、山岳での動きは
ゴジュラス:☆
コング  :☆☆☆
サーベル :☆☆☆☆☆
くらいじゃないかな。

ゴジュラスは絶望的に低下する。サーベルはなんら低下せず平原と同じ動きを出せる。
コングの動きは「やや制限されるが、それでも必要十分な動きを維持している」感じ。
低下はするがゴジュラスの「もはや困難」な状態と比べれば雲泥。

コングのサーベルにはない利点は重パワー重装甲の機体なので決定力がある事です。
サーベルは軽火器しかないので要塞の攻略には向いていない。
ゴジュラスやマンモスは重パワーで決定力があるので要塞の攻略は容易いが、山岳の場合はそもそも現場に辿り着くのが困難。
そこへきてコングというわけです。


さて帝国軍は第一次中央大陸戦争で中央山脈を突破した。
それはサーベル&コングの実績に他ならないでしょう。
サーベルが山岳で敵ゾイドを排除し、そして要塞などのサーベルでは攻略が困難な地点ではコングが出張った。

第二次中央大陸戦争で、共和国軍はサーベルタイガーに相当する機体としてシールドライガーを開発した。
これにて一時的に山岳での優位を得る活躍をした………のだが、結局はその後再び押し込まれている。
ここで、共和国軍はやはり山岳で運用可能な重パワーゾイド…つまりアイアンコングに相当する機体が必須と痛感したと思います。


運用は、シールドライガーが敵と遭遇した際はこれを排除する。
サーベルタイガーはもちろん山岳ならアイアンコングでも倒せるでしょう。
複雑な地形でさすがに性能をやや落とすコング。それを大ジャンプなどで翻弄してバックを取る。突撃そしてレーザーサーベルないしクローで引き裂く。

余談ですがコングは格闘戦でゴジュラスに劣る一因が後方だと思う。
ゴジュラスは後ろを向いた火器が豊富にあるし、接近されれば尾がある。後方から責めれば返り討ちにあいかねない。
コングは長い腕が強力で細くすればライガークラスなど一ひねりですが、前方と側面はカバーできても後方からくる敵に対応するのは難しそう。
後ろを振り向くよりシールドが突撃する方が早そうである。

さて、そんな感じでシールドが敵ゾイドを排除する。
しかしシールドは決定力がない。敵基地などがあればこの破壊は苦手。
そこで、そうした際はディバイソンが出張るという運用。
ディバイソンは、まさにサーベル&コングに相当する運用が求められた結果として誕生したと思います。


さてディバイソン、開発中は[そうした能力を満たす][その上で可能な限りの汎用性や拡張性を持たせる]計画がされていたと思います。
いやしかし、開発中に大きな事件があった。
そうデスザウラーの登場。
共和国軍としては、敵新型ゾイドの警戒は十分に行っていたと思う。
しかし、まさか歴戦の猛者が乗るゴジュラス大部隊を圧倒する程のバケモノだとは思わなかっただろう。

二足歩行機にしてウルトラザウルス並の超パワー。そこから繰り出される格闘力はゴジュラスを片腕で投げ飛ばす。尾の一撃でゴジュラスを大破せしめる。
荷電粒子砲はまったく持って防ぐ事ができない。
超重装甲はウルトラキャノン砲さえ防ぐ。
電撃的に共和国首都を陥落させるデスザウラー。どうやって倒せばいい?

ウルトラザウルスは直接戦闘用じゃない。せいぜい遠距離からキャノン砲を撃つ程度しかできない。そしてそれじゃ倒せない。
ゴジュラスはデスザウラーと同タイプなので戦法も似ている。すなわち力量差がモロに出るので勝つ術がない。
シールドライガーは動きの良さで翻弄する事はできるがパワーがあまりにも不足しており有効打を与えられない。
サラマンダーは爆撃がせいぜい。
共和国ゾイドはもはやなす術がない。

そこでディバイソンには対デスザウラー用の能力をも付加する要求が加えられたと思う。
ウルトラザウルス、ゴジュラス、シールドライガー、サラマンダー。これらは改造したところで無理。
完全新規の対デスザウラー用ゾイドを開発していたのでは間に合わない。敗戦必死。
そこでディバイソンになったと思う。

ディバイソンに加えられた改造は出力の大幅向上だっただろう。
本来はディバイソンに求められたとつげ気力というのはアイアンコングを倒せる程度だったと思う。
しかしそれではデスザウラーはビクともしない。最低でも損傷させなきゃならない。そこで出力向上をした。
結果としてアイアンコングは直撃なら吹き飛ぶ、デスザウラーでもダメージを負うほどになった。
しかし出力向上は機体に無理な負荷をかける上に完成までに許された期間も短かった。

突貫的な設計で「背中に極太パイプを通す」方法が採られた。
その結果、ディバイソンは対デスザウラー用として有効な能力を得た代償に、将来的な拡張性を失ってしまったのであった。

私はディバイソンをそんな風に考えています。


さてディバイソンは傑作機だと思います。
開発中に無茶な要求をされ、しかし見事に対デスザウラー戦が可能な能力で完成した事。
マッドサンダー完成まで何とか戦線を維持した事。
これは見事だと思います。ディバイソンなくして共和国は勝てなかった。

対デスザウラー戦のほか、本来の目的であった山岳でも大いに運用されていたと思います。
デスザウラー最強時代の共和国軍は、中央山脈の攻略に乗り出した。
ディバイソン完成後は山岳での強力戦力として運用された事でしょう。
ディバイソン就役前も、共和国軍は山岳を順調に攻略していた。
しかし帝国北部基地の攻略戦では分解したウルトラザウルスを現地で組み立てる作業をしている。その苦労たるや。
こんな苦労をして攻略をしていた時代はディバイソンの登場で終わった。

対デスザウラー戦任務はマッドサンダー登場で終わった。
だが山岳での重要戦力という意味ではマッドサンダー登場後も変わらずあったと思います。

ただ、こう言うと見事だけど一方で苦労も多かった機体である。
アイアンコングはディバイソンが登場した頃は「MK-II量産型」にアップデートしており当初の想定より苦戦する事が多かったはずです。
サーベルタイガーには優位を示せていたものの、強化されたグレートサーベルには勝てなかっただろう。
これらの想定外の敵の強化に対して、ディバイソンは強化されなかったのが痛かった。

対デスザウラー用に無理にしかも突貫で強化した弊害で将来的な拡張性がなくなっていた。
もし、ディバイソンが当初の想定通りに完成しており「対デスザウラー戦能力はないが拡張性はある」となっていれば、アイアンコングMK-II量産型を倒しグレートサーベルにも対処できる改型が生まれていたと思う。
ただし、その場合はそもそも共和国軍は戦線を維持できずに敗戦していただろう。
これはもう、どちらが良かったかというと明らかにディバイソンは現在の仕様であるべきだったでしょう。

ディバイソンにとっての不幸はコングがMK-II量産型に強化されたこと、サーベルがグレートになってディバイソンを倒すほどの強化を果たした事。
更に暗黒軍のゾイドの全ては対ディバイソン能力が完備されている。
砲で撃ち抜くか、ディバイソンが補足できない超高機動でかわすか。
しかし逆に言えばこれはディバイソンが以下に強力だったかを示すものでもあります。


ちと長くなってきたのでいったん区切ります。
続きは近日中に。
ディバイソンの凄いぞな面もどんどん研究したい所ですね。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント