ディバイソンの事2

先日のディバイソン記事の続きです。
ところでディバイソンの「当初の設計」とはいかなるものだったか。
これは月刊ゾイドグラフィックスvol.1付録冊子に載っているデザインスケッチから想像できます。

例えばこれ

背中に旋回砲がありますね。これは汎用性がありそうだ。
17門突撃砲部分も少し違いますね。
制式機は中央に「三連装×縦3つ」の砲が付いていますが、その部分に砲がないように見える。

この状態は現在のディバイソンより出力が低い=極太パイプがない=拡張性がある状態だと思います。
このまま完成すれば汎用性があったのだろうけど、実際はデスザウラー対策で無理な向上をしたので実現しなかった。

これは極初期の案かな・・・。

なんか凄まじいですね。
そしてこちらも旋回砲がある。
ディバイソンに旋回砲をつけるプランは古くからあり、ぜひとも採用したいものだったようだ。

ディバイソンの開発中のスケッチは多く公開されています。


さてディバイソンを大陸間戦争でも運用する案はなかったのか。
先の記事で述べたように、ディバイソンは山岳でも十分に動ける・しかも重パワーで決定力を持つ希有なゾイドです。
うまく運用すれば大陸間戦争でも大活躍できていたんじゃないかなあ。
山岳ではガンブラスターよりも動きが良さそうだし。

私はこれを実現するなら、まず対デスザウラー戦の能力を省く事が必要と思いました。
現在の仕様は対デスザウラー戦にむりやり対応させた状態。
基本的にゾイドとはノーマル状態が汎用性がある状態。改造ゾイドは単一目的に特化した仕様です。
が、ディバイソンはいわば本来は改造ゾイドである特化仕様がノーマルとして採用されたと思います。
それはもちろんデスザウラーが戦況をものすごく圧迫していたため。

デスザウラーの脅威が収束したのはマッドサンダーによって。
この時点で、共和国軍はディバイソンを本来の意味でいうノーマル状態に戻すべきだったと思います。
当初の計画のような設計です。

出力は低下。すなわち対デスザウラー戦では役に立たない。
突撃してもデスザウラーは倒れない。でも既にマッドサンダーがいるから別に構わない。
また出力が低下したといっても、アイアンコングを倒す程度は維持している。そして汎用性はある。
こうすれば、旋回砲を付ける等して新しい時代の戦いにも対応できたのではないか。

装甲もそれなりに強い。ディバイソンが「高速ゾイドを貫く程度の旋回砲」を持っていれば、ジーク・ドーベルなどの新鋭にも対抗できたんじゃないかなあ。
ある程度の被弾には装甲で耐える。敵の素早い動きにも旋回砲でしつこく撃つ。敵は高速機で装甲が薄いから一発でも当てれば良い。

単純にキャノンビーム砲を積んでも良い。
こうすればデッド・ボーダーには勝てたんじゃないだろうか。
キャノンビーム砲は中~長距離用武器。重力砲を喰らう前にこちらから叩き込め。

17門突撃砲はそのままでも撤去してもどちらでも良いかな。
理想的には射程を延ばした中口径程度の砲付ければ良いんじゃないだろうか。
砲塔化してある程度の旋回性能も付加したい。

・ダーク・ホーンやアイアンコングに対抗できる程度のパワー
・暗黒大陸の地形でも良好に動ける機動力
・旋回砲を積んで全周囲の敵に対応。

マッドサンダー完成後、ディバイソンの近代改修プランは実際に共和国軍内でも提案されたのかもしれない。
でも、「せっかくデスザウラーに対抗できるくらい強い今の仕様を弱くするなんて!!」という意見があったのかも。
こういう合理性を理解しない上層部っていうのは、ままあるものですね。
そうした中で、結局は近代改修されずに時代遅れになっていったのかも。
そんな風に思いました。

優秀だし戦歴も見事だが渋くどこか哀愁が漂うディバイソンが大好きです。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント