キングザウラーII

先日描いたキングザウラーですが、こやつには進化系(?)が存在すると書きました。
本日はそれです。とりあえずキングザウラーIIと呼びます。



変更点として、首が一本になっています。
顔はウルトラザウルスのままですが首の大半はデスザウラーのものになっています。

あと翼が付いています。
キャノン砲の付き位置は翼の上に。ただし門数は初代機4門(左右2門ずつ)から2門(左右1門ずつ)になっている。
さすがに4門付けたら飛べないか。

それにしても、翼は羽ばたきそうな形状なんですが、これでキャノン砲を正しく撃てるのかな。
まぁ、サラマンダーにも翼上砲は付いているし、何らかの措置があるのかな。

首はなぜ減ったのだろう。
初代機の首3本状態に本形態の翼を付けたら…、さすがに重量面でヤバいと思われたのかもしれないなぁ。

さて本機ですが暗黒軍の改造実験機「飛行型ジーク・ドーベル」「飛行型ヘル・ディガンナー」と遭遇し交戦していました。
結末までは描かれていないんですが、キングザウラーは次号にも出演していました。なので勝ったのだろう。
これで勝っちゃうのって凄いなあ。
翼はケンタウロスと同じで「短時間の飛行しか無理」な仕様だと思いますが、よくぞ勝てたものだ。
テストパイロットの技量も優れていたのかな。

さて前回はキングザウラーはキングゴジュラスの参考になったのではという説をチラッと書きました。
今回はそれを更に考えたいと思います。



そういえば参考にされていてもおかしくない。
共和国軍はウルトラザウルスやマッドサンダーの開発で超巨大ゾイド開発のノウハウは十分にあった…が、それは安定感のある四足機の話。
二足機としてはゴジュラス以上のサイズのものは作れていない。
帝国軍はデスザウラーを作っているし、暗黒軍もその改造機を多く開発したからノウハウを既に得ているだろう。
という事で共和国軍はたいへん焦っていたと思う。

そこでデスザウラーを大きく超える巨大二足歩行を開発してこの分野における最強を取り戻そうと計画が立ち上がった。

サイズはとにかくデカくしたい。最大である事に共和国軍はこだわった。
ウルトラやマッドと同じくらいのサイズの二足歩行機を。
そこで、ひとまず既存ゾイドの部品を流用しつ実験機を開発する事に…。

ボディはウルトラに。実験中の各種データ採取の為にコックピットは3つ首に。
手足はどうか。ゴジュラスの脚では支えきれなかった。そりゃあそうだ。ゴジュラスの脚は230tを支える設計。
ウルトラのボディに首が3つもある本機の重量はそれを大きく超えるのだ。

というわけでデスザウラーの脚が流用された。
この時期は、鹵獲機なども多くありこのような事ができた。
この脚ならボディを支える事ができる。

また、共和国軍としては屈辱だが腕も正直デスザウラーのものの方が強い。
そこでこの部分も同機の部品が流用された。



コアは何だろう…?
ゴジュラス? デスザウラー? ウルトラ?
その辺を合成したキメラ?
これはよく分からない。

さて一次実験機として完成したキングザウラーだが、更なる調整が加わる。
各種基本データは既に採取できた。なので首は3本である必要もなくなった。
1本にしよう。

あと機動力が巨体ゆえに仕方のない事だが劣悪だった。
なので翼を付けておこう。
こうしてキングザウラーのバージョンアップ版、キングザウラーIIが完成する。



こうして共和国軍はゴジュラスやデスザウラーを超えるサイズの巨大二足歩行ゾイドのノウハウを蓄積していった。

キングゴジュラスはキングザウラーと大きさでは同程度。名称もちょっと似てる。
キングザウラーは全面に砲を持っている(シールドライガーの頭…)が、この配置はキングゴジュラスのスーパーガトリングと近い。

あとキングゴジュラスは最終決戦時に飛行するギルザウラーを捕捉するジャンプ力を披露した。
まあ超低空飛行していたからなのだけど、それでも凄いジャンプ力である。
これもキングザウラーIIの翼で得た機動力向上の試験の結果かも。

そんな風に考えていると、すげえなこれ・・・・と言ってしまいそうなキングザウラーもだんだん魅力的に見えてくる気もします。
でもやっぱりイロモノ改造機だとは思いますが…。


あと、上の説を書いていて更に思いついた補足です。
共和国軍はゴジュラスいらい巨大二足歩行機は開発できていなかったのですが、唯一の例外としてビッグサンダーがあります。



こちらは中央大陸戦争末期…キングザウラーよりも前に登場した。
本格的な格闘戦用ゾイドではないと思いますが、コチラの開発・運用データもキングゴジュラスに活かされているのかもしれない。
そういえばビッグサンダーの脚はマッドサンダーの脚ですね。
ゴジュラスの脚じゃない。これってけっこう注目ポイントかも。
ゴジュラスの脚はやっぱり500tを肥えるような超超重量を支えられる設計ではないのだろうなぁ。

そんなわけでキングザウラーでした。
うん? 本機のレシピはウルトラザウルス+デスザウラー+アイアンコング+シールドライガー…。
なにげにDスタで出来るような…。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント