性悪猫

「ゾイド通信」のヘルキャット広告を紹介します。


ところで小型ゾイドでこんな風な単独広告があるのは何とも豪華ですね。
本広告にも要注目なところがたくさんあります。

もちろん設定が載っています。

このヘルキャットって微妙にキット版と違うように見えるんですが、試作金型を使っているのだろうか?
具体的にどこが違うかと言われると難しいんだけど、なんか微妙に違うように見える…。

各部解説部分を拡大。


サイカーチスと違っておおまかには後の設定と同じですね。
まあモチーフを考えれば「速い」「運動性が高い」という方向でしかありえない機体なのでブレなかったのだろうな。

ただ脚部の設定には注目です。
サスペンション
「4本足はショックを吸収するサスペンション機能を備えている音も吸収するから敵に接近する時も効果的だ」

サスペンションが効果的に動くので足音が小さいのでしょうね。

ヘルキャットは箱裏設定で
「その脚部の特殊な構造により草原、ジャングルにおいては、音もなく敵に近づき攻撃する事ができる。またボディ排気口はブラックホール化され、赤外線に感知されにくくなっていて、まさに森の忍者の様だ」
とされています。
「ブラックホール化・・・・?」という謎の高性能装備を持っていますが、初期設定ではこれはなく、単に足音が小さいだけだったようですね。
ボディ部分の解説には特にそういう事が書かれていない。
しかし後に足音が小さい所から発展させて「もっと隠密性を高めよう」となってボディにもそういう設定をつけたんじゃないかな。

アニメだと更に光学迷彩持ってたなあ…。
当初は多分そこまでのステルス機脳を予定していなかったであろうヘルキャットですが、なんだかあれよあれよと向上していった歴史を見ると面白い。

ちなみに新世紀の箱裏設定だと
「極限まで熱放射を抑えた排気システムを装備しているため、感知されることなく敵に近づくことも可能だ」
という隠密性は引き継ぎつつも常識的な文章になっています。


手持ちの資料だと少しこの部分が破れてるんですが…、まぁだいたい全文読めるでしょう。
ここも興味深いですね。

重量は24tのはずですが、この段階では少し重くて28tだ。
あと歩行速度と走行速度の設定画あるのが面白い!
たぶん巡航速度と最大戦速という意味でしょう。巡航速度のデータは全機欲しいんだよなぁ…。

「450km/hが10分間しか持続できない」
これはたしかバトスト2巻だったか3巻だったかの付属カタログでも同じ記述がありました。
なので後にも引き継がれた設定なのだと思う。

ところでその下の武装の欄に「ニ連ビーム砲×11」とあるのがちょっと意味不明…。単なるミスだとは思いますが。
カッコ書きでバルカン砲×11と添えてあるのも気になるなぁ。
基本的にはビーム砲だがバルカン砲(実弾砲)に換装する事も可能という事かな。
いや、そもそも「×11」が意味不明なので全く違うものの誤記だとは思いますが。
いったい何を間違ってこうなったのか。

解説文の方はちょっと大げさ。
これは後に少々遠慮した感じになっています。
このような解説文は「サーベルタイガー」を語るものになり、ヘルキャットの解説文はそれを補助する機、あるいは奇襲用軽ゾイドというものになっていったのであった。

あとは「ジャガー型」表記ですが後には「ヒョウ型」になっています。
背中のニ連キャノン砲はこの段階では後ろを向いている。
などなど要注目な所は様々ありますね。

ゾイド通信はやっぱり面白いです!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント