ディバイソンのモチーフは何だろう。

本日はディバイソンのモチーフって何だろうという話です。

いや「ディバイソン(バッファロー型)」って書いてあるやん。
「バッファロー型だろ」
と思われるかもしれませんが、そうではなくて。

私は最近知ったのですが、バイソンとバッファローは違う動物であるらしい。
この情報を知ると、ディバイソン(バッファロー型)という表記がちょっと謎めいてくる…。
バッファローなのかバイソンなのか。どっちゃねん。

共に大型で強いウシなんですが、
バイソン

バイソンは肩が大きく盛り上がっています。でも角は小さい。

バッファロー

バッファローは肩は平坦です。でも角は湾曲した巨大で立派なものを持ちます。

こう見るとけっこう違うものです。
でもまあ、この二つは混同されるらしいです。
「バッファロー」は「デカくて強くい牛の総称」みたいに使われる事も多いそうで。
だからバッファローはもちろんバッファローだし、バイソンもデカくて強い牛だからバッファローと呼ばれるらしい。
でも実際は別の生き物であると。
ややこしいなあ。

ディバイソンは盛り上がった肩と巨大な角を持ちます。
お、バッファローとバイソンの両方のイメージを使っている。
「ディバイソン(バッファロー型)」という曖昧な表現はあえてなのかも。
両方のイメージを使ってるんだよ的な。強い牛の強い部分を掛け合わせたまさに最強の牛なんだよ的な。

あと、バトスト的に言うと超簡易キメラと考えても面白いかもしれませんね。
バッファロー型野生体とバイソン型野生体のハイブリット。
といっても同じウシ型コアだから「融合」というより遺伝子情報を一部移植して「調整」する程度。
もちろんそんな措置がされたのは対デスザウラー用に少しでも強くする為……というような。


もしくは………、バイソンについて調べていると面白い生物を知りました。
最初の画像で出したバイソンは現在アメリカやカナダに生息しているアメリカバイソンです。大きく盛り上がった肩と小さな角を持ちます。
ですが、昔には「ジャイアントバイソン」という盛り上がった肩と超巨大な角を持った種類が居たそうだ。

骨格。画像はwikipediaより。

これ、なんかもう凄まじい角をしている・・・・・。
やるき満々やん・・・・・・。

アメリカバイソンの角は大きくても60cmくらい。
でもジャイアントバイソンの角は最大で2m以上にもなったらしい。3倍以上もあるやんか…。
バッファローの角よりデカイ。
あと胴回りもよりガッシリしていて丈夫とのこと。
同時代のあらゆる肉食獣を撃退できたという説もあるそうだ。

こんなに強いジャイアントバイソンですが、アメリカバイソンとの競合や氷河期の終焉が原因で絶滅したらしいです。
個として強くとも種としては勝てなかったのですね…。

もしかしてディバイソンは現在の動物のじゃなくて、マンモスなんかと同じく「少し古い時代の絶滅種」がモチーフなのかもしれませんねぇ。
なんか、ちょっとそっちの方がイメージ的に合致するかも。
強くてパワフル。そんなディバイソンにはより強力なバイソンの種を選びたい気がする。

そんな感じでディバイソンのモチーフの話でした。

スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント