グランドラーゴ用

G2レックスに続いて、グランドラーゴも洗浄しました。
そんで組み立てました。現在は例によって個別の状態ですが。



ラプトイェーガー

赤い。赤の色合いはG2レックス版に近いです。
ただし赤にはラメが入っています。光沢です。

ラプトイェーガーは三種類のカラバリがあります。
・単品版
・グランドラーゴ版
・G2レックス版
です。
どれも赤系でちょっと面白みが低いなあ。
一つくらいは黒なり銀なりにした方が良かったんじゃないかなあ。
カラバリがあるといってもかなり地味…。

G2レックス版と一緒に。

ネオブロックスは従来よりも低年齢向けのシリーズですが、であるならカラバリはもっと分かりやすい感じにした方が良かったんじゃないかな。
わずかな違いを見比べてニヤリするのも分からなくはないけど、それはもうちょっと上の年齢的な楽しみ方じゃないだろうか。

ところで個体差なのかグランドラーゴ版のラプトイェーガーは足の保持力が皆無でプラプラしています。
ジョイントにセロテープを巻いて対処しています。
ギチギチな個体もあればプラプラな個体もある…。同じ金型でなぜこんな事が起こるのだろうなぁ。


ブラキオラケーテ

対空ミサイル、高射機関砲等を装備した防空用ゾイド。重武装でなかなか良い感じ。
「ラケーテ」とはドイツ語でミサイルやロケットを示す言葉だそうだ。


顔がけっこうブラキオしていて好き。特徴を捉えていると思います。


武器類のデザインは中々良い感じなのですが、肉抜きが酷いなー・・・。
この傾向はブロックスゾイドの後期から出ていたと思います。カノンダイバーとか。
肉抜きは玩具の宿命ですが見栄えとの両立を最低限は図って欲しいなあ。デザインが良いだけに勿体ない。


ステゴガンツァー

重砲撃型ネオブロックスです。
そういえば帝国側ネオブロックスはステゴガンツァーとブラキオラケーテが重砲型。
直接戦闘タイプはラプトイェーガーだけなんですね。
ちょっと偏り気味かな。


G2レックス版と比べると色はこんな感じ。
G2レックス版より成型色が多い。というよりG2レックス版の成型色が少ないというべきか。


合体形態はまた後ほど。

ところで合体状態「グランドラーゴ」は、劇中設定によるとラプトイェーガー、ブラキオラケーテ、ステゴガンツァーの三機が合体した禁断の超強力ゾイドなわけですが、ストーリー中の扱いは散々です。

あらすじ
ネオブロックスゾイドを合体させる禁断の技術「チェンジマイズ」を確立した帝国軍。その技術でグランドラーゴを開発した。
超強力機の誕生で勝利を確信した帝国軍は、グランドラーゴを共和国首都に向けて進撃させた。
しかしそこに居たのは共和国軍ゾイド「バイトグリフォン」であった。
バイトグリフォンとは共和国軍ネオブロックスゾイドのブレイブジャガー、ハードベアー、ハリケーンホークが合体した空陸両用ゾイドだ。
なんと帝国軍が独占していると思っていたチェンジマイズの技術だったが、既に共和国軍も得ていたのであった。

バイトグリフォンの攻撃で危機に陥るグランドラーゴ。もはや敗北寸前。ここは奥の手だ!
合体をときラプトイェーガー、ブラキオラケーテ、ステゴガンツァーに分離して反撃を開始する。
ラプトイェーガーが爪で切り裂く。ブラキオラケーテやステゴガンツァーが砲で撃ちまくる。
こうして形成は逆転。バイトグリフォンついに後退した。しかし帝国軍の三機もエネルギー消費が激しくそれ以上の進撃は諦めて撤退したのであった。


という、分離したほうが強いですやん…的なものになっているという・・・。
ちなみにこの共和国首都攻略戦が失敗した事から、帝国軍はグランドラーゴに失望。
より強力なチェンジマイズ機を求め、G2レックスが誕生します。
グランドラーゴはその後のストーリーに登場する事はなかった……。

ネオブロックスはストーリーが投げっぱなしで終わっただけじゃなく、各個のストーリーももうちょっと考えた方が良いのでは…と思う内容だった気がします。

ところで、ネオブロックスの帝国軍共通コックピットですが、

これは何ていうかちょっとパーツを付け足せばシューティングの自機・・・具体的に言うとR-typeのR-9になりそうな気がする。
そういう需要がちょっとありそう。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント