暗黒軍のカラー

以前にメカ生体ゾイド時代のゼネバス帝国、ヘリック共和国のカラーリングの法則を考えたことがありました。
コラムではこちらこちら
(今読み直すとちょっと読みにくいので近く改定したい)

ゼネバス帝国にはかなり厳密な・ヘリック共和国にも大雑把な法則があるわけで、その統一はミリタリー感に大きく貢献していると思います。
さて色の法則を考えた頃から、ガイロス帝国…暗黒軍の法則も考えたいなーと思っていました。
でも無理じゃないかなとも思っていました。だってガル・タイガーとか…。
しかし今、再び挑戦してみたいと思います。

以下、メカ生体ゾイド時代の暗黒軍の色法則についてです。


結論から言うと厳密な法則は無いと思いました。

基本カラーは前期は「黒・銀・緑」(デッド・ボーダー型)、後期は「黒・銀・紫」(ギル・ベイダー型)だと思います。





しかし、それで済ますには例外が多すぎる。
ジーク・ドーベルやガン・ギャラドはゼネバス帝国やんけというカラーをしている。デス・キャットもゼネバス帝国チック。
ガル・タイガーはちょっと謎過ぎる。


フリーダムなカラーだなあ…。


ガン・ギャラドのカラーは赤黒が似合うと思うしカッコ良いんですが、暗黒的かというと…。

あと、前期の改造ゾイドは「黒・緑」な事が多かった。


しかし後期のものはカラーリングが次第にフリーダムになっていったように思う。


これとかなぁ。コチラはゴールドコングという改造ゾイドです。
「ゴールド」っていうとかなり共和国的だと思うのですが、これがガイロス宮殿を守る暗黒軍ゾイドだった。

「改造ゾイドにまで厳密な色を求めるのは…」というのはもっともな意見だと思います。たしかに改造ゾイドの色は自由なものも多い。ですが、それでも共和国・帝国の改造ゾイドは属軍が分かりやすいものだったと思います。
(極初期の奇抜なカラーのゴジュラスなど例外はありますが…)

暗黒軍のゾイドはノーマル機も改造機もかなりフリーダム。
以上から、暗黒ゾイドに厳密な色の法則は無いように思える。
しかし、法則こそないものの「なぜそうなったのか」については考えることができました。


暗黒軍と共和国軍・帝国軍について最も大きく異なる事は、「ずっと戦争をしていたか否か」です。
中央大陸戦争時代において、共和国と帝国は総力を尽くして戦っていた。
ではその間の暗黒軍は何をしていたか。
ずっと中央大陸を「監視」していた。そして中央大陸攻略の機会を伺っていた。

帝国と共和国は戦争をずっとしているから、戦力を部隊などの「群」で考える傾向が強いと思います。従って統一されたカラーになっていった。
しかし暗黒軍は戦争をしていない。
そうはいっても中央大陸攻略の機会を伺うくらいだから、全力で戦力強化に励んでいたでしょう。
して、それはいかなる強化だったか。

私が思うに、「ゾイドバトル」みたいな事を開催していたんじゃないかと。
そのバトルでパイロットは技量を向上させる…というような事をしていたんじゃないかな。
実戦がないのでそうして向上させるしかない。
もちろん「部隊」運用も研究していただろうけど、実戦のない軍隊で士気を向上させるには「バトル」を開催して「スーパーエース」を誕生させる。その英雄が大きな発言力や影響力を持つようになって結束力が高まり……というのが良いと思う。

ついでに言うとそのゾイドバトルは娯楽として観客も集めていたんじゃないかな。
ガイロス帝国国民に軍の戦闘ゾイドを披露し、将来的に起こるであろう「中央大陸への侵攻」その事への理解を求める。
また観覧には料金をとって経済も回してしまう。

さてバトルで優勝したエースには「パーソナルカラー」が認められる。更に「次期ゾイドのカラーがその標準になる」ような事もあったのかも。
こうしてガル・タイガーのような奇抜とも言えるカラーが標準として採用された…。
このシステムはバトルで優勝を目指すパイロットの心を大いに刺激し、皆はいっそう技量向上に励む事になった。
また国民も熱狂し、ガイロス皇帝の思惑通りに進んでいったのであった……… みたいな事を想像します。


暗黒軍は「部隊カラー」という要素を重視していない感じがする。
ガイロス皇帝としては、むしろ色を統一する事にあまり重きをおいていないのだと思う。
むしろ、「兵がやる気を出してくれるカラーなら何でもいいんじゃないか?」「最低限、敵機と見分けがつくカラーならなんだっていい」と思っていたと思う。
だからガル・タイガーのカラーを許したと思いました。


ジーク・ドーベルやガン・ギャラドについては、ゼネバス帝国軍を吸収した後のゾイドです。
特にジーク・ドーベルは吸収した直後だった。
当時の旧帝国兵にしてみれば無理やり暗黒軍に編入されたということで士気はグダグダだったと思います。
たとえゼネバス皇帝を人質に取られている状態だったとしても。

なので、あえて新型機のカラーリングをゼネバス帝国的にして「君たち旧帝国軍の扱いは高いのである」というアピールをしたのかもしれない。
「君たちにとって特別な色である赤を採用したぞ」
あと、旧帝国国軍のゾイドって、あんがいそのままのカラーで運用されている。
ギルに随伴するレドラーもピンクレッドのままだし、デスザウラーもコングも所期を除いて旧来のカラーで登場する事が多かった。
例外としてライジャーは装甲を黒く塗られた上体で登場する事が多かったんですが、しかし「赤」の部分はそのままだった。完全な暗黒カラーにするならこの部分は銀ないし緑(紫)にすべきである。


装甲は銀から黒になった。目も緑になった。でも赤い部分はそのまま。

暗黒軍は旧帝国兵にうまくやる気を出してもらうべく、あえて旧帝国軍仕様なカラーの新型機を出す事を許容したんじゃないかなあ。また旧帝国ゾイドもそのままの色で出す事を許可した。

暗黒軍は元々部隊カラーをそんなに重視していなかった。それはもうパーソナルカラーを許しちゃうくらい。
でも帝国軍は部隊カラーをとても重視していた。そこで、暗黒軍にとっては割とどうでもいい色という要素で帝国軍を手懐けられるなら万々歳ということで「赤」を積極的に使うようになったのかも。

そんなわけで、私は暗黒軍ゾイドのカラーを以下のようにまとめました。

<標準カラー>
前期:黒・銀・緑  後期:黒・銀・紫
デッド・ボーダー、ヘル・ディガンナー、ダーク・ホーン、ギル・ベイダー、アイス・ブレーザー
初期の暗黒化改造ゾイド(デスエイリアンやブラックコングなど)、特殊ゾイド(ブラックチャレンジャーど)

<パーソナルカラーがそのまま採用された>
ガル・タイガー

<旧帝国国軍への配慮>
ジーク・ドーベル、ガン・ギャラド、デス・キャット

帝国軍を吸収するより前のゾイドは、ひとまず標準カラーで塗られることが多かった。
ガル・タイガーはバトルで輩出されたエースを称えるカラー。それゆえあのような派手で奇抜なものになった。
帝国軍吸収後のカラーは「彼らに最高の動きをしてもらうために」帝国軍的なカラーを採用する事が多くなった。
そうはいってもギル・ベイダーという暗黒軍の威信をかけたゾイドには国のカラーを採用した。(アイス・ブレーザーも首都防衛に配備されたので国のカラーだったのだと推測する)

という感じかな。


今回は取り急いで書いた分です。
様々な補強があるので明日以降にまた足していきたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント