暗黒軍は中央大陸戦争期をどう過ごしていたか

先日からの続きで暗黒軍をもう少し考えたいと思います。

中央大陸戦争時代に暗黒軍(ガイロス帝国)はどうしていたか。
私は以下のように推測しました。

ちょっと長くなりますが前史から考えます。
暗黒大陸は「前史」にて中央大陸ヘリックI世からだまされた経緯があります。これをまとめると…、

----------

かつての中央大陸は戦国時代だった。それは次第に西軍(ガイロス同盟軍)と東軍(ヘリック連合軍)に分かれた戦いになった。
戦いは長引き犠牲者は増える一方であった。
ヘリックは戦いを終わらせ中央大陸を一つにするため、暗黒大陸を利用した。暗黒大陸の民をそそのかし、中央大陸を襲わせたのだ。

暗黒軍が中央大陸に襲撃した。
「外敵」による攻撃を受け、中央大陸は認識を変えた。
「我々は中央大陸に生きる仲間だ。仲間同士で戦う事はやめよう。結束して外敵に立ち向かうべきだ」
中央大陸は東軍も西軍も無く一つにまとまる。これにより暗黒軍は撃退された。暗黒軍は暗黒大陸へ逃げ帰った。


----------

中央大陸はこのあと「ヘリック王国」が誕生し平和な時代を謳歌するわけですが、暗黒大陸にしてみればたまったものではない。
ヘリックI世は中央大陸側から見れば英雄だけど暗黒大陸側から見れば憎悪の対象でしかない。
「孫の代まで呪ってやる」という状態だったと思います。


さて、暗黒大陸ではその後「ガイロス帝国」が成立した。
「中央大陸への復讐」の執念を内に秘めつつ国は運営されていったと思います。

更にその後…、

ガイロス帝国はゼネバス帝国軍と同盟を組んだ。
ゼネバス帝国軍との同盟…。
暗黒大陸は中央大陸が憎かっただろう。でもそれにも増して「ヘリック憎し」という思いが特に強かったのだろう。
まあ、そりゃそうだろうなぁ…。

同盟の具体的な内容は不明ですが、第一次中央大陸戦争で敗北したゼネバス帝国は暗黒大陸で復活した。
また第二次中央大陸戦争敗北の際も暗黒軍が救助に来る手筈になっていたようだ。
という事から「ゼネバス帝国が危機に陥ればこれを助ける」という内容ではあっただろう。

当然、見返りもあった筈。
私はそれを技術提供だと思っています。
何故なら「中央大陸戦争が行われている最中、グローバリーIIIが中央山脈に墜落した。ゼネバス帝国とヘリック共和国はその残骸と乗組員を回収。地球技術を得たことで両国は技術革新を果たした」からです。
ガイロス帝国はグローバリーIIIの恩恵にあずかる事ができなかった。
これは中央大陸制覇を目指すガイロス帝国にとって大きな問題になったはず。なにしろ技術格差が一気に開いてしまい実現困難になった。
そこでゼネバス帝国を通じて技術提供を受けるために偽りの同盟を組んだのだと推測します。


さてゼネバス帝国とガイロス帝国の力関係ですが、年を追うごとにガイロス帝国側が上がってきたと思います。
当初は技術力で上を行く(グリーバリーIIIで技術革新をした)ゼネバス帝国が上だったと思う。
ただ第一次中央大陸戦争に負けた所を救った。この大恩が与えた影響は計り知れないだろう。
しかも、それは再び起こりそうであった。第二次中央大陸戦争末期、ゼネバス帝国はもはや敗戦確定状態にまで追い込まれた。


私は、暗黒軍は「ゾイドバトル」をしていたと推測していました。
それは各パイロットの技量を高めるためです。
バトルはエースを生むだけではない。そこで得た技術は多くのパイロットで直ちに共有される。こうして皆は一騎当千の猛者になっていった…。
ただ一方で、近代戦は個々の技量が優れているから勝つというものではありません。
もちろん重要な要素ではありますが、あくまで戦術的なもの(点の力)に過ぎない。もっと戦略的なもの(面の力)が必要なのです。

暗黒軍はそれについてどうしていたか。
これについて私は、一部の人員を中央大陸に派遣していたんじゃないかと思います。
派遣された兵はゼネバス帝国の指揮下に入り戦う。
ゼネバス帝国にしてみれば、国力でヘリック共和国に劣るわけだからそのような派遣はありがたい。
ガイロス帝国にしてみれば、実戦経験が積めるし視察によって各種研究が出来るのだからありがたい。
こうして利害が一致しこのような事が行われていたと推測します。

そのようにして中央大陸戦争は進んでいった。
第一次中央大陸戦争でのゼネバス帝国敗北。
第二次大戦末期の大苦戦。
こうした事を経て、ガイロス帝国がゼネバス帝国に及ぼす影響はどんどん増えていっただろう。

末期…、第二次中央大陸戦争末期には、ゼネバス帝国とガイロス帝国の力関係はガイロス帝国が主導権を握るまでになっていたと思う。
この頃になると、もはやゼネバス皇帝は頭を下げて救援を要請するまでになっていたんじゃないだろうか。

「ゼネバス帝国軍の作戦を指揮するのがガイロス帝国から派遣された者」という状況さえあったかもしれない。


さて、
新ゾイドバトルストーリーには、改造デスザウラーとして以下の機が紹介されています。
・デスウイング ・デストゲラー ・デスエイリアン ・ビッグハンド


これらは全て暗黒軍による改造デスザウラーとされています。
ですがこの内のデスウイング、ビッグハンド、デストゲラーについては登場時期が第二次中央大陸戦争中であった。
いずれもマッドサンダーとの交戦の末に敗れています。
普通に考えればゼネバス帝国のゾイドである。

「本当はゼネバス帝国軍の改造デスザウラーだが、これが暗黒軍の改造機だと誤認されて新ゾイドバトルストーリーに掲載された」という可能性もあります。
いやしかし私はこれについては新ゾイドバトルストーリーの表記が正しいと解釈しました。暗黒軍による改造デスザウラーである。
それは以下の理由によります。

新ゾイドバトルストーリーは共和国側の人物の著書です。

共和国軍は第二次中央大陸戦争でデスウイング、ビッグハンド、デストゲラーを撃破しました。
当然ですが、この時の共和国軍は「近い将来に暗黒軍が新たな敵として登場する」事を知りません。
改造デス各種は「ゼネバス帝国軍の改造ゾイドである」と普通に認識したはずです。
それをあえて「暗黒軍による改造デスザウラーである」としているのだから、これは意味があると思ったのであります。

特にデスウイングは「予想以上の好成績を示したのでギル・ベイダーの開発が決定した」とまでされています。
こんな情報まであるのだから、やはり暗黒軍による改造デスザウラーと思える。


ちなみに同時期…第二次中央大陸戦争末期に登場した改造デスザウラーは他にもある。
特に「デスクロス」が有名でしょうか。


なんていうかカッコいいデスザウラーで、どっちかというとちょっとイロモノ色ただようビッグハンドよりデスクロスを掲載したほうが良かったのでは…と思ったりもします。

デスクロスは新バトストには一切掲載されていない。学年誌(小二)のみの登場なんですが、「おそらくゼネバス皇帝が乗っている」とされていました。
「おそらく」という部分が引っかかりますが…、ゼネバス本人ないし少なくともゼネバス帝国のエリート兵(影武者?)が乗っていたのでしょう。
とても重要な機体です。
そのような機体だから、デスクロスは純ゼネバス帝国製の改造デスザウラーだと推測します。
デスクロスは、なんていうかゼネバス帝国が最後の意地をみせて全力で完成させた対マッドサンダー用ゾイドなのだと思う。
一時的にはマッドサンダーを圧倒し、けっきょく逆転されたものの惜しい所まで粘りました。

ゼネバス帝国の意地が詰まったゾイド。
だから新ゾイドバトルストーリーでの紹介から省かれたのではないか。
あそこで紹介すると「暗黒軍による改造デスザウラー紹介」になってしまうので…。


私が思うに…、
マッドサンダー完成後のゼネバス帝国は危機に陥った。「また負けそう」になった。
またしても敗戦時の想定をするゼネバス皇帝。その際は救援が必須だ。
ガイロス帝国に相談するゼネバス。両国の力関係は大きく変化した。ガイロス帝国の発言力は大いに増した。

今まではチビチビと一部の人員を派遣し戦闘に参加させたり視察させたりしていたのだが、これを変える事が出来た。
すなわち、例えば
「デスザウラー数機を譲渡せよ。我々はそれを改造する」
という内容までを突きつける事ができるようになった。

目的はデスザウラーに使われた技術を全て知ること。
またこの規模のゾイドを改造する事で総合的な技術を進歩させること。
こうして技術を向上させて自軍最強ゾイド「最終兵器」を開発するのだ。


そんなわけで譲渡されたデスザウラーから暗黒軍はデスウイング、ビッグハンド、デストゲラー、デスエイリアンといった改造タイプを開発する。
デスエイリアンだけは暗黒大陸内に置かれたが、その他は中央大陸に派遣してマッドサンダーと交戦させた。
これは将来的に戦うことになる共和国軍、その切り札の性能をより把握する目的であった。またあわよくば弱点でも探れないかという目算でもあった。

この中でデスウイング、デストゲラーは上々の結果を出した。
すなわち空か荷電粒子砲を撃てばマッドサンダーといえども防ぎきれない事が判明した。ここから空から荷電粒子砲を撃つ機体としてギル・ベイダーの仕様が決定されていった。
デスウイングはギル・ベイダーの元になったのだ。



そしてデストゲラーもギル・ベイダーと共通する事があります。
トゲラーのトゲトゲはそれ自体を突き刺すものではなく、金属を融解させる毒液が仕込まれています。
これで敵の装甲を溶かして突破するものです。

さてギル・ベイダーの爪…チタンクローはキングゴジュラスの腕を引きちぎった事もある超強力装備です。
そしてこの爪ですが、引き裂く力ももちろん凄いと思う。だが内部にメタルバーストという金属を溶かす液が仕込まれている。


おそらくデストゲラーの装備と同タイプのものだろう。
弱らせてから引きちぎる。これによってキンゴジュの腕をも引きちぎれたのだ。

デストゲラーもまた、デスウイングほどではないもののギル・ベイダーの開発に活かされたのだろう。

ビッグハンドは活かされた感じが無いんですが…、本機は「マッドサンダーを巨大な腕でもって一時的に足止めし、別の機体が後方から荷電粒子砲を放つ」という想定がされていた。
陸戦でどうにかマッドを倒せないかという研究がこの時点では考えられていて、しかしその方向性は難しかったという事だろうか。
(ただし後年にギルはマッドを陸戦で破壊した事もあるのだが)


そんなわけで今日は中央大陸戦争時代以前の暗黒軍の動きを妄想しました。
いまいちどまとめましょう。


暗黒大陸はかつてヘリックI世に卑劣なだましをされた。
そんな暗黒大陸だが後年に統一され一つの国家になった。ガイロス帝国である。
ガイロス帝国の大きな目標の一つは中央大陸(特にヘリック)への復讐であった。
ガイロス帝国軍(暗黒軍)は「ゾイドバトル」を開催しパイロットの技量向上に励んだ。
だがこれでは不十分であった。

中央大陸への侵攻には技術力を高める必要がある。
その目的を達する為に、ガイロス帝国はゼネバス帝国と偽りの同盟を組んだ。
内容はゼネバス帝国が危機に瀕すればこれを助ける事。その見返りとしてゼネバス帝国から技術(グローバリーIII由来)を提供してもらう事であった。

最初の頃、立場的に上であるゼネバス帝国はガイロス帝国への技術提供を渋った。
だが第一次中央大陸戦争敗戦後の事は大恩であった。その事から徐々に技術提供は加速していった。
また、ガイロス帝国軍(暗黒軍)の一部の人員が中央大陸に派兵されるようにもなった。
彼らは実戦で学んだ事をガイロスに報告し、暗黒軍を強化していった。

第二次中央大陸戦争末期、ゼネバス帝国は再び危機に陥った。
もはやゼネバス帝国はガイロス帝国への大規模救援を要請するしかない状態。
再びこんな状況になったゼネバス帝国は主導権を失った。
発言権の主導を得たガイロス帝国はゼネバス帝国に次の要求をした。
「デスザウラーをよこせ」

帝国軍最大最強ゾイドの技術を得た暗黒軍。
これをベースに更なる強力機を計画する。それは暗黒軍最強ゾイド「最終兵器ギル・ベイダー」である。
ギル・ベイダーの仕様を決めるべく、数種類のデスザウラーが試作される。
飛行タイプ、毒液タイプ、陸戦力強化タイプなど…。
これらは中央大陸へ派遣され、マッドサンダーと戦わされた。
表向きの理由は「ゼネバス帝国を救うため」
真の理由は「自軍最強ゾイドの開発データを得るため」

暗黒軍はデスザウラーの技術を完全に獲得し、更に改造デスザウラーの開発・運用実績によって貴重なデータも得た。
こうしてギル・ベイダーの具体的な使用も確定しいよいよ開発は進んでいったのであった………。

そしてニカイドス島での戦い。いよいよガイロス帝国は参戦のタイミングをここに決めた。


そんなわけで今回はガイロス帝国・暗黒軍の舞台裏での動きを妄想してみました。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント