新世紀のカラーリング

以前にゾイドのカラーリング法則を考えた事がありましたが、メカ生体時代のものでした。
今回からは新世紀のものも考えていきたいと思います。



といってもかなり難しいテーマになりそうだし、現時点で私の中にもぼんやりとしたイメージしかありません。
なので何回かに分けて書いていって、その中で考えを精査して行きたいと思っています。

新世紀ゾイドのカラーはかなりフリーダムで統一感という意味では昔ほど規則的じゃないと思います。
それは何故か。
私は機獣新世紀ゾイドのカラーはそもそも「標準カラー」ではないと思っています。
メカ生体ゾイドと機獣新世紀ゾイドを見ると、メカ生体ゾイドは全体の動きをより多く描写する「群」としての傾向が強かったと思います。
機獣新世紀ゾイドは「個人」や「特別な部隊」の描写が増えたと思います。

すなわちメカ生体ゾイドは標準カラーでキットが出された。
新世紀ゾイドは「標準カラーではなく、高い戦果を挙げた部隊やパーソナル機のカラーがキット化された」という解釈です。

もちろん中には標準カラーでキット化されたゾイドも多いと思います。
小型ゾイドなんかは単機で目覚しい戦果を挙げる事はなかなか難しい。いち特殊部隊が目覚しい戦果を挙げる事も少ない。
なので必然的に最多タイプであるとこの標準カラー仕様が最も高い戦果を挙げた=そのカラーでキット化されたという事です。

対して大型ゾイドになるとエース機が目覚しい戦果を挙げたり特殊部隊として大活躍する機会も比較的多いと思う。
なのでそのような特別な機…特別なカラーでのキット化がされやすい。

その前提でまず共和国側を考えます。

共和国は旧大戦時と同じ「ヘリック共和国」です。大統領は変わっていますがまぁ中身はほとんど同じと言えましょう。
運用するゾイドも同じです。なので標準カラーは[旧大戦末期の共和国軍カラー]を引き継いでいると思います。
末期ゾイドは装甲が白い。基本カラーは白と言えましょう。



その他では金・銀・赤・青がよく使われています。
しかし金はグランドカタストロフ後の大変な時期なので自粛しようという動きがあったんじゃないかな。金という煌びやかなカラーは時代にそぐわない感じがして廃止されたかもしれない。
その代わりに、大陸間戦争以降の共和国軍は「銀」を多用するようになった。(※それ以前は銀といえば帝国の色であった。ただ例外としてディバイソンは銀を使っていますが同機の銀は金属そのままの無塗装であろう)
銀はまあ金属そのままの色だし、金に比べればそこまでハデじゃない。という事で、新世紀の共和国は「金を廃止した・その代わりに銀色をどんどん多用するようになった」と思います。

後期には一部の機が金の採用を再開しますが(シャドーフォックスなど)、あれは暗黒大陸での戦いに向けて出撃した機であった。
国民の戦意を高揚するべく煌びやかにしていたのかなぁ。
開戦前の共和国は復興優先!という風潮で煌びやかなのはNGという感じだったと思う。
けどいざ開戦して西方大陸で勝利した頃には「やっぱり我が軍は強い!」という事で華やかさを許容する風潮に変わっていたのかも。

赤は徹底して使われなくなった。
これは旧大戦末期の共和国軍は「弟ゼネバスを救出する」を大きな目的にしていた。そこでゼネバスの象徴的な色である赤を取り入れたのだと思う。
グランドカタストロフ後はその目的は消滅した。必然的に使われなくなったと思う。
あと……、ルイーズ大統領はゼネバスの娘である。これがどの程度国民に周知されているかは分からないんですが…、私はルイーズ大統領の描写を見るにつけ堂々と宣言しているんじゃないかと思っている。
公開した上で自分の方針を訴えて大統領にまで登りつめたんじゃないかなぁ。
さてゼネバス帝国出身で現在はヘリック共和国大統領という危ういバランス。
なのでかつての故郷の色…赤は徹底して使わないことが必要だったのかも……。下手に使っちゃうと変な疑惑をもたれそうというか…。

青はあいかわらず使われています。
これは古くから共和国=青だったので当然と言えば当然。


さて末期ゾイドの標準は「白」としました。
ここにもう少し補足を加えます。白というのは必ずしも純白を指すわけではありません。キングゴジュラスはライトグレーです。



共和国軍のカラーはけっこう曖昧な所があって、ある程度の誤差を許容する感じがする。「青」もかなりのふり幅があります。サラマンダーの青とレイノスの青とガンブラスターの青はずいぶん違う。
キングゴジュラス程度のグレーなら「白」というカテゴリーに入れても良いんじゃないかな。
ついでに、銀という色も白っぽい色である。
という事で、白は厳密な純白ではなく「白、ライトグレー、銀」くらいを指すと考えます。

ということで、白が共和国軍標準カラーとして考えます。

共和国軍は当初と後期で情勢がまるで変わりました。
ネオゼネバスの建国、中央大陸陥落です。これ以降の共和国軍はゲリラのように活動していた。なので、カラーリングはこのタイミングで一旦区切って今回は中央大陸間陥落の「前期」について考えます。

前期共和国軍。標準の「白」のカテゴリーに属するのはゴジュラス、コマンドウルフ、ゴドス、ストームソーダー、ウルトラザウルス、ライガーゼロ、スピノサパー、ケーニッヒウルフ、マッドサンダー、スナイプマスターあたりでしょうか。
このカテゴリーにシールドライガーを加えるべきかどうか迷います。
というのもシールドライガーの標準カラーは白じゃないか? とも思えるからです。アニメだけじゃなくてバトストにも白いのが登場している。
最大戦果を挙げた機(ハルフォード機)が青いカラーだったのでキットはそれになった可能性が高い気がします。

青も多くの機が採用していますね。
プテラス、ダブルソーダ、ガンスナイパー、サラマンダー。
レイノスは青に含めて良いのだろうか・・・・・・・? 青緑?

当初は飛行ゾイドが青かなーと思ったんですが、であるならストームソーダーが青であるべき。
またガンスナイパーは陸上ゾイドなのに青い。
んー、難しいなぁ。

共和国軍は「白または青」くらいで考えるべきなのかなあ。

ガイサックは茶色ですが、砂漠地帯も多い西方大陸なのでそこの部隊の活躍が目立ったという事だと思います。
メカ生体ゾイド時代から茶色いガイサックはたびたび登場している。西方大陸では「より高い戦果を挙げたのがこの地方」だったのでしょう。

バリゲーターやハンマーヘッドは水に潜むという特性から白は採用できなかったと思う。水に溶け込むようなカラーということであの色になったんじゃないかな。
青でも良かった気はしますが…。

ステルスバイパーは「撤退支援」で大活躍した部隊があったので、そのカラーが採用されたのかも。

ブレードライガーは少数生産の特別仕様機だから、大戦果を挙げたハルフォード機にあやかって青くなったのかなぁ…。

法則が分からないのはゴルドスやカノントータスです。
緑。特にエース機というのは存在しない機種だと思うのですが他の機と共通性のない独自のカラーである。
…そういえばカノントータスとゴルドスのカラーは似ている。重砲部隊のカラー=緑という事?

ベアファイターは茶色。んー、これも何だろう。まぁベアは通販専用だったくらいなので少数だったのでしょう。
なのでたまたまそういうカラーで塗られていたのかな。

ディバイソンは黒い。
これは難しいなぁ…。かつての共和国軍は黒いゾイドがたくさん居たんですが、新世紀ではディバイソンだけかな?

んー……、まだまだ課題は多いものの、現時点での新世紀共和国のカラーについての第一段階です。
ここから精査して行きたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント