アーバイン仕様

仕事で日本橋に行ったので、ついでにホビーショップぽちに行きました。
日本橋ではぽちは多分ゾイド関連で最強の店…だと思う。時期にもよりますが。
今日はラインナップ充実でした。
なんか久々にゾイドが充実しているぽちを見ました。ゼンマイから電動まで。未組から組済みまで多くのゾイドがあっておぉ~ と思いました。
機獣新世紀ゾイド以降のキットがそこそこの量あったので、気になる方はチェックしてもいいのでは。

さて本日は、そこでアーバイン仕様のコマンドウルフを買いました。



このキットはもちろん当時から持っていました。
塗装済みパーツを最初に採用したゾイドですね。
あと新世紀ゾイドでは初のバリエーションキットです。
初のアニメ仕様キットでもある。
様々な点でとても革新的な存在だと思います。

既に持ってるのに何で今になってもう一つ買ったかというと、当時は色が不満だったので塗ってしまったからです。
今でも思うんですが、何でこんな薄いグレーにしちゃったんだろうなぁ。
アーバイン仕様ってもっと黒いと思うんですが。

当時の思い出は、塗装済みパーツの塗りの綺麗さに驚いてスゲエと思った一方、本体はなんでグレーなんや、黒やないんや……とガッカリした気持ちが半々でした。
「黒」っていうのはスピードを感じさせる色だと思います。だから黒いコマンドウルフは最高にカッコいい。
その黒の具合にはこだわってほしかったなあ。
このキットのグレーは半端な濃さゆえにぼんやり感があって、、、ちょっとなぁーと思っていたのでした。
これは同じように思っていた方も多いんじゃないかなあと思う。
だから劇中のような色で塗った。

あと、アーバイン仕様は貴重な白キャップを使った機体でもある。
後にレイノスが再販された時、メカ生体仕様の水色を再現したくて塗った。このときにキャップも白を再現すべくアーバイン仕様からぶんだくってしまったのであった。
そんなわけで手持ちのアーバイン仕様は手を加えた感じになっていた。
改めて素組みが欲しいなぁと思っていたので、今回手に入れたというわけです。

ゼンマイも元気に生きているし破損率の高い背中のハードポイントも生きてます。汚れもない。
良い状態のが手に入って満足です。
ただ・・・、



キャップの裂けが始まっています。
ちなみにキャップは見た目こそ汚れもなく綺麗ですがカチカチです。
んー・・・、どうにかならないものかなあ。
修復は難しいと思うんだけど、どうにかこれ以上裂けないようにしてあげたいなあ。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント