新展開に向けてのディスカッション

タカラトミー公式HPのロゴに進化が!



何者かがZの文字を突き破って飛び出そうとしているのか!?
ああああああ、大興奮です。

最獣要計画 Z 起動
うぉぉぉぉ、イイ。すごくイイ!!

そんなわけでおそらくですが新展開が予想されている現在です。
不安と期待でいっぱいです。
しかも来月からはコロコロの「本誌」で特集されるだからその気持ちのデカさも特大です。

全貌がわかるのは2/27のタカラトミーHP更新か、コロコロ来月号発売の3/15か……。
それまでにドキドキとワクワクと不安の入り乱れた今しか味わえない空気感を楽しみたいですね。


さて以下はちょっと真面目な話です。
何かというと私が個人的に気をつけたいと思っていることを書きます。
個人的に思っていることなので、どのように捉えていただいても構わないんですが、私とZoids Ignitionの考えということで認知していただけると嬉しいです。

「新展開」があるとすればいろいろな議論がされると思います。それは必然です。
その中で思い出されるのは機獣新世紀ゾイドの時のことです。
まぁ、いわゆる旧派と新派に分かれてちゃって嫌なムードが一部出たりしたんですよね、、、。
機獣新世紀ゾイドはメカ生体ゾイドの直接的な続編かつ展開は似ていた。けど続編かつ似ていたからこそ細かな違いがより気になってしまったんでしょう。
「こんなん違う」「わかってない」「最近のはダメ」というのがありました。
こんな風に言われたら、言われた方は「あのさぁ俺ら今の展開楽しんでんだけど?」「昔のとか知らんがな」みたいになるのは当然なわけで。
あれを繰り返してはいけないなぁと思っています。

みんなゾイドが好きなのに、好きの思いが強すぎてぶつかっちゃったんですよね、、、。
凄くもったいない事でした。
今回はその反省を糧に各人それぞれの「好き」や現在公式が進めている方向を「理解」して、そのうえで議論できるといいなと思います。

「嫌なら見るな」というわけじゃないんです。
そりゃあ気になるし口も出したくなりますよゾイドだもの。ファンなんだもの。
そうじゃなくて……、「好き」で語り合えたらいいなと思います。

たとえば新世紀ゾイドって渋くないからダメ・わかってない というとムッときちゃうんですよね。
そうじゃなくて「メカ生体ってこんなに渋い。渋い描写とゾイドってこんなに相性が良くて最高にカコいい。俺はこれが好き」って言えばいいと思うんです。
ほんで新世紀ゾイドの描写が好きなら「絆っていう要素は生物ならではだから、こっちだって魅力ふれるんだぜ」って返せばいいと思うんです。
そうして繰り替えれば互いの理解がすすみ双方とも高まると思うんです。

良い言葉といえばいいのかな…、ポジティブな方向で言い合うといいと思うんですね。
下げるダウナーな方向じゃない。あげるアッパーな方向で話すんです。

シーソー理論じゃないんです。
シーソーは相手を下げたら自分が上がる。だからそうする。



でも良い議論とはそうじゃないんです。シーソーはだめなんです。
板の端に気球がついているような感じです。
自分を上げたら全体が上がります。更につられて相手も上がります。
相手を上げたら全体が上がって自分も上がります。



ちなみに相手を下げたら自分も下がります。

「好き」を語ったら。アッパーなポジティブな話をしたら。
そしたらみんな上がっていくんです。もっと好きになるんです。
それがいい話し合いだと思います。

私は誰でも発言したらいいと思っています。
予想される事として「老害は黙ってろ」とか「子供のもんだから大人は黙ろうな」とかがあると思うんですが、私は発言は皆ができるものだと思っている。
というか言論の自由を奪うのは良くない事です。
あと私は体は大人、心は子供だしな。あ、あとゾイド用資金源はそこそこ大人なのでめちゃくちゃ買いまくるぜ(キリッ
あ、それはどうでもいいですか。
話を戻します。

まぁ要するに誰しもが発言すれば良いと思う。言っちゃダメな人なんていない。発言する自由は絶対にあるんだ。
でも空気を悪くするのは良くないことなので気持ちよく皆が発言できると良いねという感じです。
この事って今更言わなくてもいい事かもしれないんだけど、ちょっと改めて書きまとめておきたかったのでした。

「こんな展開になったらいいな」とか「こんなの希望」とか「これが再版されると嬉しい」とか、アッパーでポジティブな会話ができるととても嬉しいです。


会話をする時は相手を「肯定的に・理解するように」聞いていきたいですね。
好みが違っていても、なぜこの人はこれが好きなのだろうと考えることができればナルホドと理解できます。
またそうした姿勢は自分にとって必ず良い影響が出ます。

「否定的に」聞いてしまうと良くない。なぜかというと「否定的に話すといつしか否定するために悪い部分をより多く探して攻撃するようになる」からです。
その結果としてどんどん否定して嫌い度が上がっていきます。

私がすごく反省しているのはまさに新世紀の頃にこれをやっていたことです。
たとえばゾイドとの絆がクローズアップされたシリーズですが、それに対してチゲーよそんなん求めてねーんだよ…だった。
もっとさー軍事的にさー という感じだったわけですね。
そして、なぜ嫌うのかなぜダメなのかを追求し理論武装してどんどん嫌いを増していった。

でも今、理解しようという気持ちに切り替えたら先日のブログ(ゴジュラス・ジ・オーガとアーバイン)のようなことも考えられるようになった。
私はなんだかんだ言ってメカ生体が一番好きでごひいきです。
ですがそのメカ生体に対しても「新世紀的なアプローチをしたらどうなるだろう?」と考えられるようになった。
その結果、私のゾイド観は大きく増しました。
SSのキングゴジュラス野生体捕獲作戦迎撃戦闘隊奮戦すなんかはそんな気持ちがなかったら決して書けなかったと思う。

「肯定的に聞く」「理解に努める」ってすごく大事だと思う。
現在はメカ生体からのファンはもちろん、新世紀世代の方も多くが大人と呼ばれる年齢になっていると思います。
なので良い交流をして気持ちいい空気を作っていければいいなと思います。

あと、一切の批判をするな・否定をするなというわけではないです。
ここは重要です。
良くなってほしいからこそ言いたい批判はあるだろうし、デリケートな問題だってあります。
後発作では過去シリーズの描写に対して「実は」というメスが入ることがあります。それがズレた感じになっていたりするとやっぱり気になるでしょう。
そういうのはありますね。

私はそういうのは遠慮なく言ったらいいと思う。
ただしもちろん大人として冷静に落ち着いて、でもしっかりと。
決して罵倒にならないように注意をはらいながら。

むしろその批判意見をもって「こんなにこだわってる人がいるんだ。この世界観ってそう思わせるくらい深いんだ。凄い!!」と思わせるくらいの。
やっぱり「ポジティブ」がキーワードですね。
そんな感じになれればいいなと思います。

思いっきり、いい話し合いをしていきたいと思っています!
そうして盛り上がって、盛り上げていけたら最高だと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント