世界観の予想やら何やら

そうそう、コロコロで謎の新型機が踏み潰していた装甲車は多分これですね。



トミカ No.114 自衛隊 軽装甲機動車
これは1/66なので1/72を基本とするゾイドとニアな縮尺です。

といっても地球にゾイドが来た という展開は予想していません。
新世紀時も地球の風景と合成した広告がたくさん作られました。特に初期に。
そんな一環じゃないかなー。

でも、地球での展開でも面白そうかなーと思います。
設定を全くリセットして地球産のメカとなるかもしれないし。
カードバトルで召還するものかもしれないし。

カードバトルで召還…っていうのはキッズ向けの展開とすればけっこう濃厚かも?
ま、「ゾイド星(惑星Zi)で共和国・帝国の二大強国が…」というのはやっぱり思い入れがあるしそれだったら一番嬉しいけど、それ以外であっても今のキッズに受けるなら何でもいいかな。

ガンダムも最初はジオンVS連邦という二大勢力の戦いでしたが、最近ではそうでもないですね。
これは時代背景も関係しているそうです。かつては冷戦で東側・西側という巨大勢力…その中でもソ連とアメリカという二大強国がにらみ合っていてそれがリアルな世界だった。なのでそういう感じになった。
今は冷戦は終わった。でも紛争や世界大戦に行き着くような火種は残されています。ガンダム00はそんな時代背景を意識されているそうです。
あとシリーズが多くなってキットも増えてきた今はビルドファイターみたいな世界観も支持されていますね。
(ビルドファイターは既存シリーズへのオマージュも凄いのですごい)

その時代時代に最適な展開をしてもらえるなら一番いいのかな。
カードバトルはけっこう予想しています。
この場合、ゾイド以外にもトミーの歴代シリーズ各機を召還できたりすると面白い世界観が創れそうな気もします。
Zナイトはもちろん、サイテックスやネンダーランドをからめたりしても面白いかも。
トミー大バトル的な。そんな妄想もはかどります。


そうそう過去に「地球にやってきたゾイド」という展開は実は何度かされた事があります。
メカ生体時代の小六で「ゾイドが空から降ってきた」 ウオディックとディメトロドンが地球にやってきた話が載ったことがあります。
ちなみにこの話は今号のみで次号以降に続編が出ることも触れられることもなかった…。

あとはホビージャパンEXで24部隊が地球侵攻にやってきたというオリジナルストーリーが展開されたことがあります。
ただこれはホビージャパンEX独自という強いことわりがあった上でのストーリーだったのでホントの番外編ですね。
(そもそも作中ではゾイドという言葉さえ出てこない、謎の侵攻部隊という扱いだった)



これはこれで凄く面白かった。小六のは空から降ってきただけだったので判断しようがないんだけど…、ホビージャパンEXの方はけっこうしっかり続いたんですよねー。
季刊誌だったので話が中々進まなかったのがもどかしかったけど…。
デスピオンやメガトプロスがその強さで地球を蹂躙する姿は迫力があって公式ストーリーとはまた別の魅力がありました。
主役は地球側でゾイド軍団側が明確な敵だったのは異色でした。

ちなみにストーリーは謎の侵略者(24ゾイド部隊)が現れて、あっという間に地球の何割かは敵に奪われてしまう。
その後も敵は優位に戦いを進めた。
地球側は抵抗を続け、サソリ状のメカ(デスピオン)は何とか倒せるようになった。
だが四足歩行の重戦闘タイプ(メガトプロス)は最強を誇り一切の手出しができない様であった。
もはや誰しもが諦めかけた…のだが、あるときから敵の勢いは一気に減った。
彼らは地球環境に適応できていなかった。その為、変調が出てきたのだ…。
この機会に地球側は反撃に転じ、ついに勝利する事ができた……。

という、H・G・ウェルズの宇宙戦争みたいなストーリーでした。

ただ24ゾイド部隊が地球に侵攻といいましたが、作中ではゾイドとは描かれていないし実際のところ作中での設定がゾイドなのかは不明です。
メガトプロスなんて改造されまくって面影があんまりないし…。
あとゴーレムはなぜかモーターアーミーという名の地球側の兵器の扱いであった。
ストーリーはモーターアーミーの開発が成功し軍や警察に配備された。そんな折に謎の部隊が地球侵攻を開始した。
モーターアーミー部隊は謎の部隊に挑むも惨敗する。
しかし地球側はモーターアーミーの改良を続け何とか抵抗を続ける。
という風に進行しました。
最終回も、これからもモーターアーミーの改良は続いていくのだ…と締められています。

多分、読んでいてこれはこれでちょっと面白そうと思われたんじゃないかと思います。
定番の世界観はもちろん、それ以外でも楽しめそうな予感がしてきませんか!?

どう来るかはわかりませんが、どんな世界でもキッズに受けて我々もちょっと楽しめるものなら最高だなと思います。
変わったら嫌という方も居られると思いますが、たとえばガンダムでは宇宙世紀以外のものは「アナザーガンダム」と呼ばれるそうですね。
これって最初の宇宙世紀の世界観を大事にしつつ新しい可能性も許容している感じがして好きな考え方で凄くいいなーと思います。
いずれにしろ新しい世界観をまずは体感したい!

そんな妄想をしつつ27日までを過ごしています。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント