新世紀の攻略本コンプ

先日、PS2のゲームを手に入れたので、ゲームといえばそういえばこれもコンプしとかなきゃなあ…と思うものがありました。
攻 略 本 であります。

メカ生体時代のファミコンゾイド攻略本は現在プレミアが付いています。
徳間書店のゾイド-中央大陸の戦い-、ファミコンゾイド2-ゼネバスの逆襲-はそこそこの。
秋田書店のゾイド-中央大陸の戦い-はかなりのプレミアが付いています。
一度見つけた事があるのですが、その時は1万を超えていました。ひえぇ。
しかも、少しあとにええい買ったれと決意した時には既に売り切れていた……。
いつか手に入れたいなあ。

新世紀時代の攻略本には現在それほどのプレミアは付いていません。が、時と共に次第にプレミア化していくと予想しています。
そんなわけで手持ち分を整理し、また入手できていない分は探してきました。

そして新世紀時代の攻略本はコンプ。集めたぜい。
今日はそれぞれ紹介してみたいです。


ゲームボーイ、ゲームボーイカラー


邪神復活-ジェノブレイカー編- 公式ガイドブック(小学館)
白銀の獣機神ライガーゼロ 必勝攻略法(双葉社)


これは以前から持っていました。ゲームボーイ版のゾイドですね。
ちなみにメカ生体時代の「ゾイド伝説」には攻略本は存在しません。ゲームボーイの攻略本はこの二冊でコンプですね。

邪神復活はご存知の様にマニアックを極めています。箱裏バリエやゴードンターンなどの当時のチビッコ完全置き去り仕様の伝説のゲームです。
この攻略本は貴重です。なぜならそんなマニアックな機体や技が全網羅されているから。

このゲームの「いいねぇ」な所は図鑑モードがあって各機を観覧できるとことですね。
そして「なんでやねん!」な所は図鑑モードにバグがあって勝手に消えることですね。
コンプするのが非常に困難である。(コンプしてもバグでまた消える)
せっかくマニアックな機体が登場するのになんとも勿体ない。
しかしこの攻略本があれば、全機の一覧があるので安心して眺めることができるというわけ。


ありがてぇ、ありがてぇ。

白銀の獣機神ライガーゼロはカラー専用のソフトですね。
長めのムービーが挿入されたり、GBCでここまでやるか! という位に気合が入ったゲームでした。
グラフィックがホントによくできてました。シーンによってはGBAに迫る迫力です。



バランスもぐっと良くなった。一方であっさりというかプレーンになりすぎて印象に残りにくい感じも……というのは贅沢でしょうかねえ。

攻略本はそつなく良く出来ています。が、本編があんまり難しくないのでそもそも需要も低いかもしれない。。。
もちろんこの本もゾイド一覧ページがあるのでその方面では大いに楽しめます。



ゲームボーイアドバンス

アドバンスでは全6種の攻略本が出ました。
このうち今までは2冊しか持っていませんでしたが、今回は残りの4冊を入手しコンプすることが出来ました。


ゾイドサーガ必勝攻略法(双葉社)
ゾイドサーガII必勝攻略法(双葉社)
ゾイドサーガフューザーズ必勝攻略法(双葉社)


双葉社は白銀の獣機神ライガーゼロの攻略本も出しているし、新世紀時代のゾイドゲー攻略本ではありがたーい出版社ですね。
ゾイドサーガシリーズは神がかった精度のドット絵が素晴らしい!!!!
機獣新世紀ゾイドシリーズの機体だけでなく、旧大戦の名機……それはもうギル・ベイダーやキングゴジュラスまで出てくる大盤振る舞いに興奮せざるを得ない。そんなゲームでした。

あと邪神復活ほどではないけどこのゲームもマニアックなネタがけっこうあるんですよね。
ブラッディーデーモンやジェノトルーパーなど、バトストの名改造機がいっぱい出てくるのが嬉しい。
こちらはチビッコでも元ネタが分かり大興奮!なチョイスですね。
良くできたゲームでした。
あと、このゲーム独自のゾイドも多く登場しており、そちらも興味深い。
ウルトラザウルス強化型のアルティメットファランクス、デスザウラー強化型のデスメテオなど興味深い仕様がたくさん出てきていて。
新世紀の研究をする際には大いに役立てたい次第。

攻略本はやはりゾイド一覧のページがあるので、極上のグラフィックを存分に堪能できます。
これだけで最高の嬉しみがあります。


ゾイドサーガII完全攻略読本(メディアワークス)
ゾイドサーガフューザーズ完全攻略読本(メディアワークス)


ゾイドサーガはメディアワークスから出た攻略本もあります。
ただしIIとフューザーズだけで初代はない模様。
メディアワークスと言えば電ホビの会社!
攻略本でも頑張って頂いていたのですねえ。ありがたい事です。

攻略本が二種類あるという事はこのゲームってかなり人気が高かったんだなあ…。



サイバードライブゾイド 機獣の戦士ヒュウ必勝攻略法(双葉社)

GBAでポリゴン、しかもそこそこキレイなグラフィックを実現した怪作。
GBAまたは専用コントローラーを使ったラジコンゾイド「サイバードライブゾイド」を主軸に置いた作品ですね。
キャラデザインちょっと独特すぎる感じもしますが、しっかりとした世界観があり魅力的です。

攻略本はガチの攻略本といった感じで、各種データが表にしてあるページが延々と続く感じ。
攻略には大いに役立つものの、ゾイド本として眺めてワクワクしたい欲求はゾイドサーガ攻略本と違ってあんまり満たせないかも。



ゲームキューブ


ゾイドVS完全攻略読本(メディアワークス)
ゾイドVSII完全攻略読本(メディアワークス)
ゾイドVSIII完全攻略読本(メディアワークス)


キューブでは全3種の攻略本が出ました。いずれもメディアワークス。
こっちは双葉社の攻略本がないんだな・・・・。ちょっと不思議。
出版社で攻略本を作る/作らないの基準ってどういう風に考えられているんだろうなぁ……。


キューブの攻略本には巻末にスペシャルオマケがあります。
ゾイドワールドの紹介としてキットが紹介されている。このページがやたら充実しています。
さすが電ホビの会社やでぇ。
ゾイド完全カタログが付いていたりするし、ゲームに興味がなくてもゾイド本として持っておくと良いかも。


そういえばメカ生体時代に攻略本を出していた徳間書店は、この時代は一冊も出していない……。
本来なら最も多く出しそうな小学館は邪神復活のしか出していないしなぁ………。

ところで邪神復活ってメタメタ売れたみたいですね。機獣新世紀ゾイドが絶好調だった時代のゲームなので、とんでもなく売れちゃったみたいだ。
コロコロに「何でもランキング」というコーナーがあって、これは期待のゲームランキングとか売り上げランキングとかを付けているコーナーです。
で、邪神復活は発売前は機体のゲームにランクインしていたし発売後は売り上げランキング上位に長期間位置し続けたのであった……。

まぁ話を戻しましょう。
ゾイドバーサスですがあんまりプレイしていなくて語れるほどのものはありません。いずれやりこまねばとは思っているのですが。
印象に残っている事と言えばIIIだったかな・・・・・でザバットがやたら強かったことを覚えています。
ホーミングボム撃っときゃ倒せる感じで。
ただそれを除いてはグラフィックもキレイだし良かった印象があります。
現在キューブは手放してしまったですが、本体を買いなおしてプレイしなきゃなあ。


ということで攻略本は以上だと思います。


任天堂ハードの攻略本ばかりですね。
ただ任天堂ハードのゲームだけど「フルメタルクラッシュ」の攻略本はない。DSの「サーガDS」「ゾイドダッシュ」「バトルカードコロシアム」にも攻略本がない。

PS系とX-BOX系の攻略本がないのは改めて残念だなあ。
PS初代の全マップにおける「隠しアイテム一覧」の情報とか、是非欲しいんですけどね。

PSゾイドは最高なんだけど、隠しアイテムの仕様にちょっと不満があります。
隠されてるアイテムとか地雷とかはレーダーを装備した機体なら探り当てる事が出来るだけど、「いちど位置を示したあと、そのまま元の表示に戻る」なのが辛い。
その位置に旗でも立ててくれりゃあいいんだけど…。おかげでアイテム位置に移動したと思ったらズレていたり、地雷を回避したつもりでドガーッ となったりする事態が頻発するぜ。

PS2とX-BOX360では人気のインフィニティも出たんだけど、これの攻略本も出ずじまい。んー、是非欲しかった!
タクティクスも攻略本が出ていれば良い資料になりそうだったんだけどなぁ。

そんなわけで攻略本でした。
しっかし、ゾイドのゲームもいっぱいありますね。
攻略本も良いけど、「ゾイドゲー一覧」みたいな本があっても面白いかもしれませんね。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント