現時点でのデザインやキットについての雑感 その2

昨日に続いてゾイドワイルドの新型についての雑感です。

ところでギルラプターのパッケージが公開されていますね。



ほほぅ、良いではないですか。

搭乗しているのがアニメキャラではなく一般兵。
あと奥の方に複数の同型機が見える…?
量産機なのかなぁ。まだまだ謎が多いですね。これからの情報に期待です。

カブトムシやサソリなんかは量産されてるイメージがあったんですが、ギルラプターなどの主役クラスでも量産されているとすれば世界観への期待や妄想がますます膨らむなー。

パイロットはクリアパーツ成型になるんでしょうかね。
メカ生体のメッキ仕様は[目立つ]という利点がありましたが、塗りにくい弊害もありました。
新世紀のグレー/青は[塗りやすい]という利点がありました。ただ地味な印象もあった。
(私は塗りやすいので新世紀のタイプが好きです)

今回はメッキを避けて塗りやすく。更に地味さを払拭すべくクリアにしたんだろうか。
過去シリーズのいいトコ取りをしたのかもしれませんね。

おそらくゾイドワイルドは初動というか最初の起爆はアニメになるでしょう。
アニメキャラのフィギュアが同梱されるかにも注目です。

あと今回のパッケージから、今回はシールは最低限しか付かないのかな? とも思いました。
両陣営のマークのみだろうか。
従来の「CAUTION」とか「DANGER」とか「56」とか「RZ」とかの”いかにもそれっぽい”マークがあると嬉しいんだけどなあ。
別売のカスタマイズステッカーみたいな形でも良いから発売してくれると嬉しいな。

ときに現在公開されているアニメの情報をみるに、「デスメタル帝国」に若きチーム「フリーダム」が挑む構成ですね。
デスメタル帝国側のキャラデザインは北斗のモヒカンというかクラウザーさんというか、なんだかすごい世紀末感。
ただ両陣営とも自ら掲げる正義があり単純な善VS悪にはならないとのこと。
デスメタル帝国…、このキャラデザでどないな正義をもっとんねん・・・いやしかし決め付けは良くないですな。
熱く分かりやすく、かつ深い物語になる事を熱望。

ちょっと気になってるのは色かなー。
デスメタル側が
ギルラプター:赤
デスレックス:赤

ガブリゲーター:青


フリーダム側が
ワイルドライガー:白青
ガノンタス:緑
スコーピア:赤


色で分けられてるわけじゃないんですよね。
青いガブリゲーターはフリーダム側に。真っ赤なスコーピアはデスメタル側に。となっていれば色分け的には分かりやすいと思うのですが。
ちょっと混乱しないのかが心配です。まぁ従来の「共和国軍VS帝国軍」とは違った構図なわけだし、色についてもおいおい考えていければいいかな。


んで、ここからは各機別に現時点での感想を。
現在のところのお気に入り順に。


ガブリゲーター

愛しいワニです。何回か言っていますが一番楽しみ。
顔つきが良い。目の感じが好きだなー。顔は幅広で、いかにも大型ワニという感じがいい。
私はドッシリ構えたタイプが好きなので今回のワニはホントに好み。

装甲のディティール量が適度でいい塩梅です。「鼻の位置に穴が開いている」など造りの的確さも好感。
新型相応にスッキリ、ディティール量は減った。されども的確な造りでメカメカしさは上々。
強いて惜しい部分を言えば顔のディティール量に対して胴体のディティール量が少なめでアンバランスな事かな。
購入後、気になる場合はディティールアップしてやりたい所です。

ラインは従来機以上にモチーフに近づけてる印象です。
バリゲーターと比べると分かりやすいんですが、歯並びですね。
成長したワニの歯は緩急あるというか、一定じゃない。ガブリゲーターはそこを再現しています。


(C)lwpkommunikacioa

このザクザクな歯が再現されていて良い。

ただバリゲーター的処理はそれはそれで好きです。


生物を「メカ」に落とし込む際に、いかにも機械的な並びの統一感というか…それを求めたのがバリゲーターの綺麗に揃った歯なんだと思う。
そしてよりモチーフのラインを追いかけたのがゾイドワイルド的処理なんだと思います。
仕上げの味付けの差というか、どちらも良いですね。

あと歯並びについてもう少し言うと、ワニの中でも生まれたての子ワニは緩急が少なく比較的整った綺麗な並びをしているイメージ。


バリゲーターは綺麗な歯並びゆえ子ワニな印象でもある。
「ゼンマイの子ワニ:バリゲーターが綺麗な歯並び」
「電動の大型ワニ:ガブリゲーターが緩急ついた歯並び」
というのはその意味でもいい感じにしっくりきます。

ワイルドブラストギミックは大きくかぶりつくモーション。こう書くと実にワニっぽいけど「胴体から開く」という衝撃゙展開に超ビックリしました。
ええのか。これは。というかパイロットの悲惨さが凄まじい。歴代ワニゾイドの苛酷さ伝統をよく引き継いでいらっしゃるなぁ。

ワニといえばデスロールと呼ばれる「獲物をくわえ回転しつつ水中に引きずり込む」必殺技がありますが、ガブリゲーターは大型ワニなので是非ともそういう戦いをして欲しい。
豪快にしとめて欲しい。しかしその時にパイロットは耐えられるのだろうか。
まあワイルドに頑張っていただきましょう。

という事で期待大です。
惜しい事をいえば、モチーフ表記が「サルコスクス」な事かなぁ。
古代の巨大ワニですが、サルコスクスは顔がガビアル種のように細かったらしい。

モチーフはデイノスクス(同じく古代の巨大ワニ)とするべきかもしれないなぁと思いました。
デイノスクスは顔の広いよりドッシリしたワニです。
有名なデイノスクスを避けてマイナーなサルコスクスとするあたりは、素直じゃないゾイドらしさを感じて嬉しい面もあるんですが……。
(ホオジロザメを使わずシュモクザメを使うパターンに似ている)

あと細かい事ですが名前がガブリゲーターだとアリゲーターっぽいかも。
多分バリゲーターと合わせてきたんだと思いますが、サルコスクス種の「ガブリスクス」とかでも良かったかも。

心配なのはアニメでどの程度活躍してくれるかです。
私は上記したとおりにデスロールなどブチかまして強いワニを存分に示して欲しいんですが、パイロットに辛いワニの伝統を引き継いだようにやられっぷりまでバリゲーターの伝統を引き継がないだろうかと怯えています(笑)
なんだかパイロットのキャラデザがいかにも「チクショー覚えてやがれー」とかそういう類の台詞を言って逃走する小物系のタイプというか、あんまり頼りにならなそうに見えるしなあ……。
いやあ、でもこの強そうなワニなので不安を跳ねのけワイルドに暴れまわってくれれることに期待しましょう!

というわけでワニに期待です。


次に好きなのはブラキオサウルス種です。

名前はまだ判明していなかった・・・かな。
ゾイドワイルドシリーズの機体は「ギル」とか「デス」とか従来最強クラスを思わせる名前が多いので、こやつはウルトラかマッドかギガか、そんな名前が付くんじゃないだろうか。そんな予想もしています。
しかし、余談ですが機体名はアレですね。従来デスといったらデスザウラー。ギルといったらギルベイダーと通じたと思うんですが、これからはちとややこしくなりそうですね。
といっても従来から「デス・キャット」なんていうのもあったし、名前の先頭語がかぶるのは大きな問題ではないかな。呼ぶ時はできるだけフルネームで言うようにしたいです。

首を持ち上げているのが特徴的ですね。この姿勢は好きです。
雷竜特有の巨大さ。そのボディだけでも圧倒されるのに、「更にそこから巨木のような首が伸びていて、遥か上から睨みをきかせている」感じが好きです。
「はるか上から見下ろす」っていうのはやっぱりいいです。ボス感というか強者の感じがある。
ティラノサウルスが前傾姿勢になった今、ブラキオサウルスは上からの見下ろしが可能な貴重なモチーフと言えるでしょう。

陣営はどっちだろう。色がガノンタスと同じなのでフリーダム側に思えるんですが、色がアテにならない事もあるしなあ。
というか「古代生物VS現代生物」という構図のようでもあるので、そう考えるとデスメタル側かなあ。
それだと、デスメタル側が超強力になりそうですね。
おそらく超強力であろうデスレックスが控えているし、そのうえ本機までデスメタル側だと凄まじい戦力差。
まぁフリーダム側は圧倒的強大な帝国に立ち向かうわけだから、これ位の加減で良いのかな。
ワイルドライガーを中心にどう攻略してくれるかを楽しみにしたいです。

キットの大きさはどれくらいだろう。XLというクラスでゾイドワイルドでは一番デカいキットになりそう(デスレックスも同クラスかな)。
だいたいアイアンコングくらいかなー。
チビッコにとってはデカいis大正義な所もあると思う。ぜひとも圧倒してやってほしいものです。
んで、設定上の大きさはブラキオスくらいかな?

ギミックはワイルドブラスとが凄い。
両脇からハンマーが出てきて首に合体・振り下ろす!
な、なんじゃこりゃああ。
びびりました。まさか長い首をこんな風に使うとは。ウルトラザウルスのあの改造タイプを思い出しちゃったぜ。

ハンマーの特性上、ピンポイントの位置に敵が来ないと役にたたなそうな気もするんですが、衝撃波が凄くて周囲一帯ごと吹き飛ばしたりするのかな。
それにしても「歩行→首振り下ろし」を繰り返すという事で凄いですね。
どういう制御をしているのだろうか。内部構造的にキングゴジュラスとの共通性があるのかなー。ヤツも歩行→立ち止まって咆哮を繰り返していました。
ギミックの構造も楽しみです。

このギミックゆえか、ゾイドワイルドの機体にしては珍しくコックピット位置が頭から離れた位置にありますね。
「絆を描くから頭に近い位置にするコンセプト」をいきなり外すんかい……とも思ったんですが、まぁワイルドギミック発動したらパイロット飛んでいっちゃいそうだもんなあ。
本物的にもキット的にも…。
ワニどころじゃない苛酷さになってしまう。なので、まぁ胴体で良いのかな。

あと、ブラキオサウルスだから疾走するというよりゆったり動くでしょう。
格闘戦を行う機体は「その瞬間に判断して即時行動に移す」必要があるでしょう。だから頭に近い位置に乗ってタイムラグが少しもない位の密接した位置で操縦する必要がある。
ですがブラキオは多分ですがライガーやザウラーほどは近接戦闘タイプじゃない。どっちかというとやや後方に布陣するんじゃないかな。
だからゆったりした動きでいい。操縦席もそれゆえあのようになった、と解釈しました。

他の機と比べて違和感が無いわけではありませんが、そういえば位置が「ブラキオスと同じ」になっている事はニヤリです。
こういう構成は上手いですね。


ところで私はミニウルトラが欲しいなーとずっと思っていました。
ウルトラを戦艦とすると、重巡洋艦くらいのミドル級が欲しいなと思っていたんですね。
駆逐艦フロレシオス、軽巡洋艦ブラキオス、大戦艦ウルトラザウルス。
これはあるだけど重巡クラスがない。
ウルトラとブラキオスの中間。それ位のサイズの重巡洋艦クラスがあればいいなー、とずっと思っていました。
(そんな思いから以前オリジナルゾイドでディープダイバーというのを考えた)

今回、キット的にいえば丁度そんなサイズになっていそうで凄く嬉しい!!!!!
なのでワタシ、ブラキオ種は最低でも二個買い決定カナーと思っています。
一つはゾイドワイルドを楽しむ上で素組みで欲しい。
もう一つはメカ生体あるいは機獣新世紀の世界観にもってきて1/72に見立ててコックピットや重火器を追加したオリジナルゾイドにしてみたい!!!!!!!


デザインは素体がまず良いですね。
特にボディ部分は完璧だと思います。
骨を模していますが、あばら骨の配置が良いですね。位置もちょうど良い感じです。
胸部がインテークかラジエーターのようになっているのもいい感じ。
全体的にメカニックと生物らしさが絶妙に融合していると思います。完璧で神々しい…。

うぉー・・・・・、素体状態と装甲をつけた状態、両方楽しみたい。
改造するやつ含めて・・、これは3ついっとくべきなのか・・・。

あと脚のドッシリとした感じも最高です。
素体もアーマーが付いた状態もどっちもいいな。

一方、首や顔はちょっと生々しさが強く残るかな。ボディや脚と同様のメカニック感で仕上げてくれれば良かったんだけどなー というのが現時点での感想です。
トゲトゲしてる部分はメカ的にどういう機能を持つと設定されているんだろう?
放電索のように見えますが、んー…、ワイルドブラスト(ハンマー振り下ろし)と関係あるのかな。

…放電索っていうのは下のようなもの。

機体内に蓄積した余計な電荷を空中へ放電する装置です。
予想は当たっているのか外れているのか。
設定が公開されてデザインがよりよく見えるようになれば良いな。
期待です。

そいうわけで、またまた長くなってきたので他の機体はまた明日以降に!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント