コロコロ4月号ゲット!

ということでコロコロ4月号ゲットです!

今月からゾイドが載るー!

・・・と意気込んでいたものの、今回はまだ「予告」の感じが強い構成でページ数も少なめでした。
正直期待しまくっていたのでズコーッ!となったもものの、いやでもよくよく考えたらキットの発売は6月(おそらく末頃)で、まだまだ先ですもんね。
今(3月中頃)から大々的に展開を始めたら、キッズが「売ってないじゃん買えないじゃん!」ってなって、発売されるまでの間で冷めかねんですからな。
今はまだ予告としてジワジワあぶって、来月くらいから思いっきり燃え上がる構成にしてくくれれば良いと思いました。

でもページ数は思ったよりも少なくて特集というよりは予告だった今号ですが、それでも最高にテンションを上げてくれるものでした。
なんたってですね、コロコロ本誌に「ZOIDS-ゾイド-」の文字がハッキリと載っていたからですよ!!



ゾイドのページは見開きのみでしたが、ハッキリと大きな文字でZOIDSと書かれているのはウルッとくるほど嬉しい事でした。
アニキにはちょっと申し訳ないんだけど、やっぱり本誌は別格だと思います。
超久々に「ZOIDS」とハッキリ書かれた今号。記念的な号です。

ところでこのロゴですが、上下分割型の従来ロゴに近い感じですね。
3月号の「謎のZがやってくる!」の時のZと同じデザインです。
現在はゾイドワイルドのロゴが既に公開されているんですが、なんでそっちを使わなかったのだろう?
しかもこのロゴ、傷が付いていたりとかなり凝っている。「決定稿のロゴが間に合わなかったので仮で使いました」というよりは、しっかりと造りこんだものに見えるなあ。

もしかして・・・、キットのパッケージを見るとアニメキャラではなく「一般兵」ちっくなフィギュア(ライダー)が載っているし、このロゴを使用したハードなバトストをやったり・・・?
というのは期待しすぎかなー。
現在のところ、「ゾイドは3つの展開をするぞ。超ワクワクのホビー(キット)、冒険の漫画、最新CGを駆使したアニメだ!」みたいに予告されていたのでバトストが載る可能性は極めて低いと思いますが。
でもこのロゴもいい感じなので、どこかで使い続けてくれたらそれはそれで嬉しいかな。

そうそう、この見開きの予告ページにはワイルドライガーの写真も掲載されていました。
ゾイドワイルドの記事はネットで既に多く出ていますが、まだどこでも公開されていない写真が使われていました。
しかも今まで見たワイルドライガーの中で一番カッコよく見えるアングルで、かなりトキメキました。
全国のキッズも今頃カッケー ってなってるのではないかなあ。

ゾイドの予告の他に、漫画の予告もありました。コチラは5ページ。
タイトルは「ゾイドワイルド」になる模様。
これってアニメと同じストーリーになるのか、それとも機獣新世紀ゾイドみたいにキャラクターを共通しつつも別展開になるのかどっちなのかな。
いずれにしろ熱いものを期待します。

んで、作画は思っていたよりも荒っぽい線でしたがワイルドな感じで良さそう。
ちなみに荒っぽいというのは汚いという意味じゃなくて勢いがあるとかキャラの感情がストレートに伝わりそうという意味です。
多分最近のトレンドは線を綺麗に緻密にする感じなんだろうけど、勢いを優先した感じというか…好きな感じでした。
特にメカの作画が凄く良い感じ! なんていうかメカ好きが書くメカって感じの絵でした。
各部…たとえば装甲ならその材質の感じや使い込まれた感じ、インテークならそれが持つ機能のニュアンスを伝える作画って言ったらいいのかなぁ…。そういうのが伝わる絵だと思いました。

気になったのはゾイドの大きさがキットよりも大幅に小型化していたことかなあ。
馬くらいになっていた。キットから推測するにワイルドライガーはガンタイガーやセイバリオンに近い大きさだと思うけど、漫画だとアタックゾイドに近いくらいの感じ。
大きなメカという感じは薄れたものの、より等身大のメカという感じを優先したのかな。さてどう描写されていくやら。

あと「目」がもはや人物キャラと変わらない程度に書かれていたのも驚きでした。SDガンダムBB戦士くらいくっきりと目がある。
そうかここまでだったのか。感情も豊かに表現されており、ジーク級の意思疎通や交流ができそうな感じがした。
んー、現段階としては、ゾイドはそこまで感情を持っていいのかなあという思いもあったり。
基本的にはメカで、だからこそ時おり見せる感情がいいんじゃないかなぁ。オーガノイド・ジークのようなものも良いけどあくまで例外的というか。
ただこの辺のゾイドの感情が今回の「ライダー形式の搭乗方法」とも密接にかかわってくるのだろうし、それがそう描写されるかによるかな。

ゾイドワイルドでは従来から大胆な変更がされていますが、初見で「えぇ!?」と思えてしまう要素も新しい情報が公開されるたびに「ナルホドそういう事だったのね!」となる事が多い。
私的には現在そんな感じ。
なので現段階では馴染みきれていない豊かな感情も、いずれ魅せてくれる・好きになれると期待しています。

そんな感じ。
資料としてはファイリングするページ数も少なく過度に期待しすぎたことがちょっと恥ずかしい感じもしています。
が、やっぱりZOIDSの文字がコロコロに載ったのはうれしい!!

さて、ホントの特集が始まるのは来月号か。
長いなあ。
首を長~くして待ちたいです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント