なまえ

ゾイドのネーミングにはたいてい元ネタがあります。
そんな中で「ガン・ギャラド」のネーミングの元ネタが分からないと思っていました。



ドラゴンタイプで「ギャラド」というと、ポケモンの「ギャラドス」が似たような名前です。(実は水/飛行タイプだけど…)
なので「ギャラド」という言葉にはどこかに元ネタがあるんじゃないかなーと思っていました。

ポケモンの方から調べられないかと思ったのですが、「ギャラドスは明確な名前の由来が無い」とされていてンー…となってしまいました。
(ただし「ラテン語の[恐ろしい(ギャラ)]+[牙(ドス)]」あるいは「英語の[勇敢な,雄々しい(gallant)」という説はあるようだ)
難しい!

んー、と思っていたんですが、もしかしてドラゴンのアナグラムじゃないかなと思いつきました。
「DORAGON」
これを入れ替えるとギャラドっぽい感じにならないかなー。完全にそうはならないんですが、それっぽくはなる気がする。

ドラゴンのアナグラムで、そこから更に響きをそれっぽく整えたのが「ギャラド」「ギャラドス」なのかもしれませんね。
そんな風に思いました。

あと、ガン・ギャラドと言えばライバルがオルディオスです。



今まで、何となく「神々しい感じ」という響きで付けられているんだろうなーという程度の認識でした。
ただ最近知ったところによるとディオス(dios)とは「神」を意味する言葉であるらしい。
オル(or)も「黄金」とかそんな意味があるんだとか。

そういえばHMMではゴジュラスのネーミングは「ゴッド・ジュラ・ザウルス」の略とされていた。
これはHMM独自の設定だとは思うんですが…。でもこれを信じるならば末期に登場したキングゴジュラスも神の名を冠するゾイドという事になる。



で、キングゴジュラスはその中でも「王」である。ゼウス的な感じ?
こうして見ると、末期のゾイドはドラゴン軍団VS神々の戦いだったと思えるなあ…。

あと、末期と言えばバトルクーガー(グリフォン型)。



グリフォンは天上の神々の車を引くことが役割だそうだ。これもまた神々の関連ですね。
(でも馬を目の敵にしており馬を喰うと言われるそうだ…。理由は、同じ車を引く役目を持つ馬をライバル視しているためだとか。オルディオスと実は仲が悪いんだろうか……)

90年ごろと言えばドラクエが凄かった時期ですね。88年のIIIが社会現象になって、90年のIVもやはり大ヒット。
末期のゾイドはパッケージもファンタジーRPGっぽくなっています。世界観も時代の流れに沿った感じにしていたのかなぁ。
独自路線・・・従来のミリタリー感を強調した感じで行くべきだったのか。
それとも時代に迎合した雰囲気にしたのは良かったのか。
評価は各人によって分かれる所だと思いますが、時代背景と共に見てみると末期ゾイドも面白いなあと思えてきます。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント