対空装備の性能1

先日、バックアタッカーのミサイルは大陸間戦争末期において対空用に(対ギル、対ギャラド)用に運用されたのではというコラムを書きました。こちらのやつ

対空ミサイル・・・・・。
このコラムを書いているときに、そういえば対空装備というものを考えたとき、ゼネバス帝国ってスゲーなーと思い至りました。
今回は「対空」というキーワードからヘリック共和国、ゼネバス帝国、ガイロス帝国(暗黒)の技術力を考えてみます。


ゾイド戦役を前期(第一次中央大陸戦争)、中期(第二次中央大陸戦争)、後期(大陸間戦争)に分けると、それぞれの時代に飛行ゾイドがいます。
主力運用されたものを羅列すると

前期:ペガサロスシンカーサラマンダープテラスシュトルヒ

中期:レドラーレイノスシンカー(続投)サラマンダー(続投)プテラス(続投)シュトルヒ(続投)

後期:サラマンダーF2ギル・ベイダーオルディオスバトルクーガーガン・ギャラドプテラス(続投※)サラマンダー(続投)レドラー(続投)レイノス(続投)
※この時期のプテラスは戦闘用ではなく偵察用

という感じかな。

長くなりそうなので3回に分けて書きます。
今回はまず第一回。前期の第一次中央大陸戦争期間について。


さて主力飛行ゾイド。それに対抗した「対空装備」をみるとゼネバス帝国の技術はやっぱり凄いと気付きました。
初期戦役においては、最強飛行ゾイドはペガサロスでした。
帝国軍はこれに対空装備を満載した「マルダー」で対抗しています。
そしてマルダーはペガサロスに勝利した。
さすがに後年のプテラスを落とすことはできませんでしたが、ペガサロスを相手には十二分の戦果を挙げたのであります。


これは大注目ですね。地上からの砲撃でペガサロスを撃墜。
凄いことです。
マルダーのミサイルは共和国の装備と比べると凄さが分かります。

帝国軍のシンカーに共和国軍はどうやって対抗した?
シンカーは当初は「無敵」とさえ言われました。ようやく対策ができたのはプテラスが完成した後です。


プテラス完成前において、共和国軍はペガサロスで「空対空」の戦いはしました。しかし地上から対空砲で撃ち落す「地対空」の戦いはまるでできなかったようである。


ペガサロスはM2.5を誇る超高速飛行ゾイド。対してシンカーはM0.9しかない。
まぁずっと最高速度で飛んでるわけじゃないんですが、それでも最高速度でいえばペガサロスは2.7倍もの能力を持つ……。
これを見ると、ペガサロスをとらえた帝国軍のミサイルは凄いなぁという事が分かります。
対して、音速にも満たないシンカーに対抗できなかった共和国は対空装備の技術力で離され過ぎだと思いました。

もちろんペガサロスとシンカーでは防御力が格段に違います。
厚い装甲を持つシンカーはおそらく直撃でなければ撃墜できないでしょう。
対してペガサロスは爆風だけでもヤバそうな感じがします。
それでもM2.5をとらえる帝国のミサイルは凄い。

ところで、プテラスの最高速度はM2.2で実はペガサロスを下回ります。
これならばマルダーのミサイルで撃墜できそうな気がします。なぜそうならなかったのか。
それは防御力の差だと思います。
プテラスはペガサロスから格段に向上した防御力がある。とても頑丈な機体です。
ミサイルを放っても「なかなか落ちない」「当たってもしぶとく飛び続ける」そんな事があったのだと思います。


少し寄り道。マルダーのミサイルを詳しく考えてみましょう。
対空ミサイルというのは通常……、


このように直撃して倒すものではありません。(もちろん直撃させても構いませんが)
どうするかというと……、


近接信管が付いているので、このようにある程度近い距離にまで接近すると「自爆」します。
すると破片などがものすごい勢いで周囲に広がります。こうして、破片が敵機にブチ当たって穴をあけたりダメージを与えたりします。
飛行機は基本的に陸上兵器に比べて防御力が低い。なので、このような方法で十分撃墜できるのですね。

マルダーのミサイルは、こうしてペガサロスを倒したのだと思います。
ペガサロスの防御力なら、このような破片でも直ちに致命傷になり墜落したのでしょう。

更に言えば、多少アバウトな狙いでも良かったんじゃないかな。
ミサイルの自爆位置と敵機位置が離れていると、当然ですが与えるダメージ量は減ります。(飛び散る破片も距離を経るごとに勢いがなくなってくる)
ですが、なにしろ防御力の低いペガサロスが相手だから、少々ダメージ量が減っていようが問題なく撃墜できた…。
そんな事情も想像します。

さてこのミサイルをプテラスに向けたらどうなるか。
プテラスは最高速度でむしろペガサロスを下回る。だから同程度の狙いを付けることはできたと思う。
だがプテラスは防御力が高い。
だからペガサロスと同じように当たるが、ものともせずに耐えたのだと思う。

マルダーがペガサロスを落としつつもプテラスに対抗できなかったのは、こうした理由でしょう。
プテラスを落とそうと思えば、これはもうミサイルを自爆させ破片で攻撃するなんてもんじゃなくて「直撃」させる必要がある。
さすがの帝国軍でもその精度まではなかった、と。

ただそれでも、「牽制」くらいにはなったんじゃないかな。
さすがにノーダメージってわけじゃない。無事だけどいくらかダメージはあるわけで。連続して受ければそのうち蓄積して墜落する可能性もある。
だったらどうするか。
マルダー程度なら量産もしやすいだろう。だから威力不足を補うべく大量生産して集中運用したら良いんじゃないかな。
ペガサロスに向けて撃つ時の2,3倍くらいの密度で撃てば、当たる破片の量もそれに応じて増える。そしたら撃墜に至る機もあるんじゃないかなぁ。

ただし…、これは言うは易し。実際に運用するのは厳しそうでもある。
というのも飛行ゾイドがA地点からB地点に向かうには…、



ルート選びは航続距離が許す限りにおいては自由。最短ルートで一直線に向かっても良いし、回り道で行っても良い。



ここでは分かりやすく3つのコースを示しました。どれでも構わない。
コースが自在なのは飛行機の強みですね。
マルダー防空大隊が展開しているなら、そこを避ければ良い。
マルダーが量産しやすいといっても、さすがにゼネバス帝国領土の全域を濃密にカバーする程ではない。
共和国側は事前にマルダーの展開する位置を把握すれば容易に避けられたと思われる。
(多くの機を展開するというのは察知されやすい事でもある)

もしもマルダーにサーベルタイガー並みの機動力があれば……、プテラスの飛行ルートにあわせて急いで移動・そして迎撃する事も不可能ではなかったでしょう。
しかし悲しいかなマルダーの機動力は帝国で1,2を争う鈍足なのであった…。
(スペックだけで見るとそこそこ早いんだけど加速力や悪路走破力が低いのだと思う)

サラマンダーが相手の場合はどうか。
サラマンダーはプテラスと同等の速度と超高高度性能、そして次元の違う超防御力があります。
コチラの場合は、もしもマルダー大部隊が展開する位置を飛行したとしても耐え切りそうだ。


マルダーは非常に優秀なゾイドだと思います。
M2.5の飛行ゾイドをとらえるミサイルを持つ。当時の小型ゾイドとしては異例の重武装。防御力も高い。
機動力は皆無ですが、とても革新的な機体だったと思う。
新世紀ゾイドの公式ファンブックの4巻だったかに「再生産すれば現在でも十分な戦力になる」と書かれていたのは印象的でした。
そう、実力はとても高い。
なのに共和国側が反則級の飛行ゾイドを次々に送り出したのが悲運すぎた……。

悲しきデンデン虫。ああ、書いていて私はマルダーがますます好きになりました。

ところでプテラスに対しては「当たるが、重防御のプテラスは耐える」と書きました。
もし共和国軍がマルダーを鹵獲したとして・・・、対シュトルヒ用に運用したらどうなっていただろう。
シュトルヒの飛行性能はプテラスとどっこい。そして防御力は華奢なボディからして極めて低かろう。
という事は、マルダーのミサイルならシュトルヒを落とせるのかもしれない。
やっぱりマルダーのミサイルは凄い。
そしてプテラスとサラマンダーは改めて反則級に強い。


サラマンダーといえば、これを唯一だけ対空砲で撃ち落したのがアイアンコングです。
肩の六連発ミサイルを手に持ち替えて迎撃。見事に命中。
そんなシーンがバトスト1巻に掲載されています。


ですが、これはコングを倒すべく「超低空」に舞い降り攻撃するサラマンダーを撃っている。この距離ならそりゃあ当たりますわという状況なので例外と言うべきか…。

6連発ミサイルで撃たれたサラマンダーですが、この距離なのでまさに直撃したでしょう。だがしかしこれは致命傷にはならなかった。
「地上に引きずりおろされた」だけで、その後トドメを指したのはコングのパンチによってだった。
これはサラマンダーの驚異的な防御力を物語るものでもありました。

ところで両シーンの背景を見ると分かるんですが、ミサイルを撃ってる場所とパンチを放っている場所は全く違う場所ですね。

サラマンダーはミサイルを受け飛行不能になった

陸上を走って逃走

コングが怒りに燃えて猛追

ついに追いついてパンチで仕留める

ってな感じなんだろうか。
逃げるサラマンダーと追うコング。背景の違いから、かなりの距離を追いかけっこしていたと思われる。
ちょっとシュールである……。

余談ですが、これは学年誌では全く別の話として掲載されました。
コングのパンチのシーンなんて「ゾイドの必殺技」みたいなストーリーというよりは「必殺技紹介」のコマだった。


それをバトスト1巻発売時に無理やり繋ぎ合わせて一連の流れにしたからああなったわけですね。
まぁ、おかげでサラマンダーとコングの追いかけっこなんていうシーンが想像できたので良しとしよう。

更に余談ですが、このコングの「その後」と思われるシーンが確認できます。


これはアマダから発売された「ビッグポーズの大型フィギュア単品売り版」ですが、台紙にジオラマが載っています。
よく見てみると・・・・、


非常に見えにくい……のですが、よくみるとアイアンコングのコックピット装甲…ちょうどサラマンダーに撃たれた位置がひしゃげています。
あのシーン、コングが重装甲で耐えたように見えるんですが、実は撃ち抜かれる寸前だったのだなぁ…。
そりゃあ、あんな超至近距離から撃たれたらヤバいか。

コングのパイロットもさぞや恐怖だったでしょう。
「マズイマズイマズイ!! 破られる!! はよ6連発ミサイル撃て!!!!!!」
という緊迫した状況だったのかも。

サラマンダーの方は勝つ気だったんだろうなぁ。そしてその寸前までいった。
あと少しで装甲を破ってコックピットを破壊できる。そのまま鹵獲して共和国に持ち帰れば大戦果。
そんな事を思って低空から攻撃していたら敵が猛烈な反撃。

飛行機能を失い窮地に。離脱を試みようとしたらどこまでもコングが追いかけてくる!
これはもう恐怖だ……。


さてさて、余談が過ぎました。本題に戻ります。
それでは帝国軍・共和国軍の対空装備をまとめましょう。

帝国軍の地対空装備…、ミサイルは「M2.5のペガサロスを撃墜する」位のレベルにあった。
ただしプテラスやサラマンダーは防御力が高いので、それを落とすことはできなかった。

共和国軍の対空装備はシンカーを落とすことさえロクにできなかった。いわんやシュトルヒをや という感じ。
だがシンカーもシュトルヒもプテラスが空で対応し勝利したから対空火器の貧弱さはあまり問題にならなかった。

という状況ですね。
結果として共和国軍は戦争に勝っていますが、こと対空装備の質だけでいえば明らかに負けていた。


ゾイドバトルストーリー1巻には小型ゾイド戦力比較表が載っています。コチラも貴重な資料なので飛行ゾイド関連の勝敗をまとめましょう。
まずは共和国側、ペガサロスとプテラスの勝率。



ペガサロスは古いゾイドの割には頑張っています。が、やっぱり負けるケースが多いですね。
(ちなみにこの表ではグライドラーは省いていますが、そちらは全敗です)

プテラスはさすがに新鋭飛行ゾイドだなと思える強さ。
しかし意外なところでイグアンと引き分け!
イグアンって意外にも対空能力が高いんだな…。この表を見る限りでは帝国小型ゾイド中では最高の防空機ですね。
マルダー以上っていうのは凄い事です。キットの武装を見ているとマルダー、ツインホーン、ハンマーロックあたりの方が強そうなんだけどなぁ。

まぁ、それは置いといて。
イグアンが地上ゾイドながらにしてプテラスと互角。すなわち「プテラスは極めて強い相手だが、帝国軍はあと一歩で撃墜できるところまできていた」という事なのでしょう。
やっぱり凄い。

帝国側も見ましょう。ヘリタイプのサイカーチスも混ぜておこう。



これを見るとシンカーさえろくすっぽ落とせない共和国軍の状況が改めて分かるなぁ…。
多くの砲を持ったスネークスでようやく引き分け。
ゴドスも引き分けですが、これは背中に上を向いた砲があるからだろうか? あんがい対空能力が高いんですね。
しかし、それ以外は負けるゾイドばかり。

シュトルヒにはまったく対抗できていない。

サイカーチスにはさすがに対抗できるようですね。サイカーチスの飛行速度390km/hならさすがにとらえる事ができたようだ。
ただ、負けるゾイドもある。
全体的に共和国陸上ゾイドは帝国飛行ゾイドにかなり苦戦している。

この表を見ると、帝国軍の対空能力の高さ・明らかに劣る共和国軍の対空能力の実情が伝わってきます。


共和国軍について更に考えましょう。
大型ゾイドの方にも触れておきます。
共和国大型ゾイドなら帝国飛行ゾイドを撃墜できただろうか?

バトスト1巻のゴジュラスの解説では「ビーム砲でシンカーなど空からの脅威にも対抗できるのが強み」と書かれています。



おぉ、対抗できたんだ。まぁ、大型ゾイドだからそりゃそうだという感じもしますが。
ただしパノーバー20mmビーム砲の威力は「威力はそれほどではないのでシンカーには効き目がない」という程度でもある(コチラはゴルドス図解ページに記載されている)。



ゴジュラスの対空能力は、「対抗できるといっても追い払うくらい」じゃないかな…。
全身のビーム砲で弾幕を張れば、さすがにシンカーもその中に積極的に飛び込んだりはしない。
といってもそこ止まり。確実に撃墜するのは難しい、という感じ。

ゴジュラス、ゴルドス、マンモス、ビガザウロはだいたい同じ感じかなぁ。
ただ唯一、ウルトラザウルスなら可能だと思う。あのハリネズミのような対空砲ならいけるでしょう。
ただウルトラならそりゃイケるよなぁというか…。あの規格外のゾイドだから撃墜できるといっても例外的なものを感じる。



ウルトラVSシュトルヒはどうかなぁ…。
交戦したシーンがないので判断しかねます。
ただシンカーにさえこれだけ手を焼いている共和国軍なので、さすがにシュトルヒは無理そうな気がします。


さて、白熱してきましたが今日はここまで。
以上が前期におけるまとめです。
帝国軍対空火器の驚異的な先進具合が分かるものです。

中期、後期のものは明日以降に。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント