対空装備の性能3

さて対空装備の話のラスト。
本日は大陸間戦争時期です。
ゼネバス帝国は滅び、この時期はガイロス帝国とヘリック共和国による戦いになった。

ガイロス帝国はややこしいので「暗黒」と書きます。
以下、ヘリック共和国=共和国、ガイロス帝国=暗黒、ゼネバス帝国=旧帝国の表記を基本とします。

さてこの時期の共和国軍、暗黒軍の対空装備はどうか。
私は、この時期は共和国軍の圧勝だと思いました。まさに圧勝です。

暗黒軍は旧帝国以上のハイテク装備を持つ技術立国なイメージが、実のところそうではないと思います。
なぜかというと、暗黒大陸という立地の関係から「グローバリーIII」の恩恵を受けていないからです。
地球技術が中央大陸の技術を一気に向上させた。暗黒大陸は蚊帳の外です。
なので中央大陸以上というのはありえない。

ただ旧帝国とは「同盟」を結ぶ友好国ではありました。(裏切ったけど…)
友好国として、旧帝国から地球技術の提供は受けていたと思います。
旧帝国はなぜ同盟を結んだのか。なぜわざわざ暗黒大陸に技術を提供したのか。
それは「見返り」があったからでしょう。
内容は「ゼネバス帝国が危機に陥ればこれを救援する」というものだったと思う。

ゼネバス帝国軍は、本音を言うと暗黒軍と同盟を組んで技術を提供するなどしたくなかったでしょう。技術を独占したいのが本音であったはずです。
ですがなぜ同盟を組んだかというと、現在は国力で大きく勝る共和国と戦争をしている。そういう状況なので負ける事もありえる。もしもに備えた保険が必要。
そんなわけでガイロス帝国を利用したと思います。

ゼネバス帝国には負け戦になった時の保険がかけられるという利がある。
ガイロス帝国には地球技術を提供してもらえるという利がある。
そんな利害の一致が両国の同盟を実現した………。

ただ技術提供は与える側に主導権があります。旧帝国は最低限にしか技術を提供しなかったと思う。
世は無常。「格下」の相手にふそんな態度をとることはままある事なのです。
暗黒軍は屈辱を感じ、しかしどうする事もできない状況にあったと思います。

そんな暗黒軍ですが、第二次中央大陸戦争末期には力関係が大きく変わったと思う。
またしてもゼネバス帝国は滅亡の危機に瀕した。暗黒軍がこれを助ける事態が起こるであろうと予想された。
こういう状況で、徐々に格下から同格、そしていつしか主導権を得るようになったと思う。
(この辺のくだりはこちらのコラムも参照)

そして第二次中央大陸戦争クライマックス……、ニカイドス島の戦いで残存する多くの旧帝国ゾイドを得た。
こうして、ようやくゼネバス帝国軍が持つ技術を存分に得る事ができた。
暗黒軍はそんな状況であると思います。

とはいえ、それでもゼネバス帝国やヘリック共和国と完全に同じレベルに達したとは思わない。
「現物のゾイド」を得たとしても、技術解析……、リバースエンジニアリングをするには多大な労力がいります。
開発者、技術者、各種資料などを確保していれば良いのですが……。

開発者などの人員は中央大陸で共和国軍に確保されたようなケースも多かったでしょう。
なにしろ末期の共和国軍は猛攻していた。ニカイドス島に行きそびれた者も多かった事は想像似難くありません。
(捕捉:先のコラムを再び参照。デスザウラーの関係者だけは優先的に先に暗黒大陸に行っていたかもしれない=その者がギル・ベイダー開発にも関ったと予想。しかしデスザウラー関連以外の開発者は後回しにされていたでしょう)

人員が居なければ、それはもう独力でリバースエンジニアリングをして頑張るしかありません。
技術解析、そして得た技術を確実に国の力として定着させるのはかなりの時間を要します。
暗黒軍の技術力は、実のところかなり低いレベルであったと思います。


ただ暗黒軍にも強みはあります。それは発想力の高さです。
高速機にブレードを付けて切り裂く。ジーク・ドーベルはあのサイズでウルトラを撃破した。
荷電粒子砲を薄く成型してから放つ。これによってマッドサンダーやキングゴジュラスをも切り裂く突破力になった。
こうした「工夫」が抜群です。
今ある力を最大に高めることができるのが暗黒軍の強みだと思います。

また、そうした工夫によって完成させた装備を「象徴的に見せる演出」にも優れている。
戦場で最大限に効果的に使って共和国軍を恐怖におとしめる。そんな心理的な運用にも優れている。
これら工夫や演出は、元々が弱小国だったからこそ生まれた発想だと言えます。



前置きが長いですね。そろそろ本題です。

暗黒軍の対空装備はあんがい酷い。
新ゾイドバトルストーリーによると、大陸間戦争時期において共和国軍は偵察用としてはプテラスさえ運用しています。
……この時期に運用されたプテラスは「偵察用プテラス」と書かれているので、もしかすると「ステラス」に近い性能があったかもしれない。しかしそれにしても原型はしょせんプテラスです。
これが十分に運用でき、しかも敵地の奥深くに侵入し戦果を挙げているのだから凄い事です。


レイノスはレドラーと激しい空戦を行った。
この時期のレドラーはどうも強化タイプになっていたようで、当初の状況は互角。当初の共和国軍は制空権を得る事ができなかった。


暗黒軍は開戦以来「最終兵器、ギル・ベイダー」の開発を全力で行っていました。
その開発中に得たデータは直ちに同じドラゴンタイプであるところのレドラーに転用されたんじゃないだろうか。
「強化と新型機開発のテストが同時に行えた」という幸運があった。これがレイノスと互角にまで向上した理由だと思う。

話をレイノスに戻します。さてレイノスは空では互角。しかし陸上からの対空砲で撃墜されたことはありません。
いや・・・、

唯一だけ、ノリノリだった時期の槍持ちデッドからこんなこともされていますが……、これは例外として今回は省きます。
(このときのデッド・ボーダーについてはこちらのコラムを参照のこと)

まぁ槍持ちデッドはともかく、基本的にプテラスもレイノスも倒せない暗黒軍の対空装備。
また暗黒軍の対空能力の低さは改造マッドサンダー「マッドフライ」の一件からもみえます。


マッドフライは巨大なので飛行ゾイドとしては低速低機動でしょう。しかしデッド・ボーダーは何もできずにバタバタやられた。
この時のデッド・ボーダーは「警戒中の所を襲われた」ので、戦闘状況でこのザマという事です。
完全に言い訳のできない負けであります。

……このあとマッドフライはまさかのデスエイリアンの斧でやられちゃうんだけど……。暗黒軍は槍とか斧とか変な装備による対空戦闘だけは得意だなぁ…。
そうじゃなくて通常の対空装備開発に励めば良いのに……。


余談ですが、学年誌ではこの一戦は「陸上」で行われました。
学年誌だと陸上で両機が睨みあって……、この距離なので離陸し逃げることもできず、かといって(おそらくマグネーザーがないという理由から)突撃もしかねているマッドにデスエイリアンが斧を振り落としたという感じでした。これだと、斧で翼を叩き割ったシーンも「まぁ可能かな…」という感じですね。

マッドのやられポーズを見ると地上で翼を切られてるように見えます。飛行中のところを斧で切られたならこうはなるまい。
なので「陸戦であった」学年誌情報が正しいと考えるのが良いのではないかなあ。
新バトストでは飛行中の所を落とされたように書かれていましたが、ストーリーの見せ方の都合上そうなったのだと思います。


さてそんなこんなが緒戦の状況。
地上からの対空砲は大したことないが、レドラーが強化されていたので制空権が確保できなかったいう状況ですね。

その後、共和国軍はサラマンダーF2投入後に制空権を確保します。F2はレドラーを退けた。
F2就役後においては、F2を護衛につけたサラマンダー(ノーマル)編隊が暗黒基地を爆撃する、なんていうミッションも行われています。
この作戦において唯一の脅威はレドラーであり、F2が退けた。


一方で対空砲は全く気にされておらず、基地上空でも悠々と爆弾の雨を降らせています。


サラマンダーというと旧帝国軍のコングMK-IIの高高度対空ミサイル……、この時代からいうと10年以上も前の装備で撃墜できるようになっている筈です。

なのに暗黒軍はできなかった。

第二次中央大陸戦争の記事にて、旧帝国軍は「レドラー配備に伴い高高度対空ミサイルの生産を打ち切った。コングMK-II量産型ではオミットした」と推測していました。
それは正しいと思う。
生産が打ち切られた。それゆえ末期(ニカイドス島の戦いなど)の頃にはもはや存在しないようになっていた。
ゆえ高高度対空ミサイルは暗黒軍に鹵獲される事も技術が移る事もなかったのでしょう。
これが暗黒軍がサラマンダーに対空装備で対抗できない事態を生んだと思う。

F2には何もできなかったようで、暗黒基地に侵入した際にはジャイロクラフターを装備したガル・タイガーが飛び掛っていたりする…。


F2で制空権を得た共和国軍。
それ以降の暗黒軍はレドラーでは対抗できず、かといって対空砲で落とす事もできず。何もできなくなる。
上のシーンはもう開き直って陸戦機で対抗しているので何とも…。

しかしその後、ギル・ベイダーの完成で「空対空」び戦いでようやくF2を含む共和国飛行ゾイドを倒せるようになりました。
更にガン・ギャラドで空対空の優位性は上がった。

だが「地対空」の戦いについてはその後も苦手だったようで、最後までこのザマです。



ダーク・ホーンはハイブリットバルカンで弾幕を張れば強そうなんだけどなぁ…。
ダーク・ホーンはタートルシップを撃ち落すシーンはあります。


「対空砲を持つが、追従性がイマイチで機敏に動き回る機を狙うのは苦手」なのかなあ。

あぁ、そうそうもう一つ。

このシーンも暗黒軍の対空装備の低さを物語っているかな…。
ウルトラザウルス飛行艇は「飛行艇」という位だから低速だと思う。
ウルトラザウルス飛行艇はキングライガー3機を積んで暗黒軍勢力圏の上空を飛行した。
それで無事だったっていうのは・・・、なかなか凄い事だ。

暗黒軍の対空戦はこんな感じでした。
まとめると、プテラス偵察タイプ、レイノス、サラマンダーといった中央大陸戦争時代の各機を落とす事さえできない。
旧帝国レベルどころかそれよりも下というのが見解です。


では共和国はどうか。実はこの時代は超進化しています。
超対空ゾイド、ガンブラスターが完成したのです。


正直、ガンブラスターの正面固定砲でどうやって対空射撃をするかは謎が残るんですが・・・・・・・・、ともかくレドラーを簡単に撃ち落してみせた。
(短時間なら後ろ足で立って二足状態になれたりするんだろうか?)


レドラーは先述したようにこの時代は強化されています。それを簡単に落としたのだから凄い。
また、ギル・ベイダーを狙うことも可能だったようだ。

改造タイプになると更に凄い。

アルトブラスターはギル・ベイダーと交戦した。最終的に敗北したものの、かなり善戦してエネルギー切れ寸前まで追い込んだ。


コチラの名称不明タイプにいたっては、F2との共闘ではあったが基地を襲うギル・ベイダーを迎撃、見事撤退に追い込んみ防衛を成功させた。

ガンブラスターの他にも……、ギルは中央大陸を爆撃した際には真っ先に対空陣地を潰しています。それが脅威となる事をよく分かっていたのでしょう。

改造ゴジュラス各種は特殊装備でギル・ベイダーの動きを止めました(ボルガ、マグネ、レーザーネット装備タイプ)。

特にコチラのレーザーネット装備タイプはギル・ベイダーを完璧にとらえた。このギルは動きが止められている間にオルディオスに突撃され深刻なダメージを負い撤退した)。

改造ディバイソン「コブラ」は巨大ミサイルを直撃させている。



ギルの防御力が凄すぎて致命傷にならなかったのが無念だったけど、、、命中させたというだけでも凄い。

改造マッドサンダー「グレートサンダー」も対空爆雷を直撃させています

暗黒軍の切り札、M4.0を誇るギル・ベイダーですがあんがい捕捉されていますね…。
従来の新型飛行ゾイドは、「その飛行性能でもって対空砲などものともせずに悠々と飛ぶ」感じだったのですが。

この時代の共和国軍対空装備はなぜこんなにも一気に向上したのだろう。
多分、それはゼネバス帝国の技術を得たからだと思います。

暗黒軍の旧帝国技術吸収において、
--------------------
それでもゼネバス帝国やヘリック共和国と完全に同じレベルに達したとは思わない。
「現物のゾイド」を得たとしても、技術解析……、リバースエンジニアリングをするには多大な労力がいります。
開発者、技術者、各種資料などを確保していれば良いのですが……。
開発者などの人員は中央大陸で共和国軍に確保されたようなケースも多かったでしょう。
なにしろ末期の共和国軍は猛攻していた。ニカイドス島に行きそびれた者も多かった事は想像似難くありません。

--------------------
と書きました。

共和国軍は、中央大陸内に残されていたであろう旧帝国ゾイドの現物、そして技術者の多くを得ていたのではないか。
旧帝国の技術者は暗黒軍の裏切りに憤り、共和国軍に全面協力する事を決意した。
技術者が協力したのでリバースエンジニアリングをするまでもなく技術は共和国軍のものになる。
更に技術者は憎き暗黒軍を倒すべく新型対空装備の開発も行ったのではないだろうか。

そんな風に考えると、この時代の共和国軍対空装備の向上が説明できると思いました。
また今回の趣旨とは外れますが、この時期の共和国ゾイドが一気に帝国化したのにも同様の原因がありそう。


共和国をまとめると、レドラーを楽に撃墜可能。更にギル・ベイダーを捕える各種装備も持つ。
凄まじい向上です。

という事でヘリック共和国、ゼネバス帝国、ガイロス帝国(暗黒)の対空能力を考えました。
大陸間共和国>>>第二次帝国>>第二次共和国、大陸間暗黒>第一次帝国>>>第一次共和国
くらいかなぁ…。
結局最終的に最強になったのは共和国軍ですが、それを支えたのはゼネバス帝国軍の技術であった。
ゼネバス帝国の技術はやっぱり偉大です。










オマケ。
大陸間戦争時代の共和国軍対空装備といえば…、


素手でレドラーを捕まえたキングゴジュラスの図。いったい、どうやって捕まえたんだろうなぁ……。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント