休戦期のマンモス

昨日のマンモスの記事について更に補足……。
マンモスは奥が深いぜ!



昨日の記事中で、
・マンモスは第一次中央大陸戦争後期には既に戦力不足になっていた。
・だが設備の関係でしばらくは生産が続いていた。
と導きました。

いやしかし、それでもなあ…という疑問もあります。

グローバリーIII飛来後に技術革新が起きた。
今までにない規模で既存機の改良や新型機の開発が行われた。
その一方で地方には設備が古いままの工場もあった。
そうした工場では旧式機の生産も引き続き行われていた。

としても、それはせいぜい第一次中央大陸戦争であろうと思える。
第二次中央大陸戦争の時代であれば…、さすがに古い工場施設は消え新しい設備に一新されていそうな気がする。

それなのになぜ、第二次中央大陸戦争前期までマンモスの生産は続いていたのだろう。
この時代……、ゴジュラスさえ容赦なく破壊されるような激戦。明らかに新型機を製造しなきゃいけない時代です。

これを想像すると、解き明かす鍵は「休戦期間」にあると思いました。

ZAC2039年、バレシア湾撤退作戦、第一次中央大陸戦争終結。
ZAC2041年、D-DAY上陸作戦、第二次中央大陸戦争開始。


この二年の休戦期間を想像すると……、
第一次中央大陸戦争末期、共和国軍は帝国首都をメタメタに破壊しました。
「白い町」と呼ばれた美しい街並みは瓦礫の山に変わった。

おそらく帝国首都以外の場所も多少の差こそあれメタメタに破壊されていたはず。
休戦期間において、共和国軍はこれの復興をしたはずです。
バレシア湾撤退作戦で暗黒大陸に逃れたのはゼネバス皇帝と帝国兵のみ。
「帝国の一般市民」は残されていたわけだから。

で、復興はどのように行われただろう。
これを想像するとマンモスって最適じゃないか? と思いました。

グスタフほどではないが輸送力は高い。
更に瓦礫除去などの作業では最適でしょう。
鼻でもって大きな瓦礫でもすぐさまどかしてしまう。
地ならしなんかもお手のものでしょう。
その他の作業も何かと凄くいい感じにできそう。

ゴジュラスではこれはできない。
ゴルドスやウルトラザウルスもあまり適しているとは言えないよなぁ…。
小型ゾイド…たとえばゴドスやガイサックなら作業用にも適していると思いますが、サイズゆえに一度にこなせる仕事量が低い。
やっぱり作業用にはマンモスが最適。

ゴジュラス、ゴルドス、ウルトラなどは復興というより帝国軍残党をあぶりだすような任務についていたんじゃないかなあ…。
その裏でマンモスは必死に復興をしていたのではないか。

ゾウは賢く温厚。しかしその一方で敵に対しては激しい攻撃を加える。大型の車でも体当たりでひっくり返して破壊してしまう。
対極的な気性を持つ生物です。
復興時は前者の優しいゾウの気性が出たんじゃないかなあ。

さてさて、帝国首都をはじめ西側各地はメタメタでした。
復興は超超大規模なものになったでしょう。
マンモスの力をもってしても一筋縄ではいかぬ。
しかし早めにしない事には市民からの不満が爆発しそうである。
(何しろぶっ壊したのが共和国軍だから……)

そんな状況で、この時期に作業用ゾイドとしてマンモスの一時的な大増産があったんじゃないかなぁ。
生産されたマンモスは各地で奮闘し迅速な復興を実現。帝国市民の気持ちをなだめたのであった……。

本来は、休戦期間中にマンモスの生産ラインは完全に取り壊し新型機の生産ラインに切り替える予定であった。
だがしかし、復興に役立つ土木作業用ゾイドとして予想外の需要が発生したので生産ラインは残されたままになった。

復興後は改めて生産ラインを取り壊す予定だったでしょう。
しかし帝国軍の軍備再建は予想をはるかに超える速度で行われた。
生産ラインが取り壊されるよりも早くにD-DAY上陸作戦が行われ、第二次中央大陸戦争が開戦。
そこからは激戦に継ぐ激戦。
D-DAY後の帝国軍はとにかく猛攻した。共和国軍は一機でも戦力が欲しい。
そんな状態で、いまだ健在だったマンモス生産ラインも(戦力不足なのは百も承知で)稼働されたのであった……。

みたいな状況を想像しました。

その後、さすがにデスザウラーが登場する頃になると「いくらなんでも止めろ」となり、ここに生産は停止したのであった……。
そして「第一戦を退いた」扱いになる。
残存する機は寒冷地を中心に「共食い整備」をしながら運用され続けた。マンモスはデスザウラーを撃退する奇跡を見せたりと、予想以上にしぶとく生き残っていた。
だが更にその後、ベアファイターやディバイソンの完成でついに退役したのであった………。


マンモスが戦災復興に使われていたとすれば、これはとても重要です。
上では「マンモスが頑張ったから帝国市民の怒りを沈める事ができた」という功績の面を書きました。
ですが別の面も見えます。

帝国軍はD-DAY上陸作戦後に猛烈な勢いで侵攻しました。
わずか半年で大陸西側を取り戻し、更にそこから勢い途切れる事なく東側への侵攻を始めたのです。
西側を取り戻した帝国は、すぐさま「国境の橋争奪戦」を経て東側に大軍を送った。

私はD-DAY上陸後の帝国軍の猛攻を支えたのはある意味ではマンモスだと思いました。
いくら「新鋭機を引きつれ無敵軍団と化した帝国軍」であったとしても、西側(帝国領土)がボロボロだったらそれを放置する事はできまい。
まずは市民の生活を最低限は安定させない事には国家としてどうかと思えるし、支持も得られぬ。
まずは戦災復興を行い、それから東側侵攻となった筈です。

いやしかし、帰還した帝国軍にとってまことに都合が良い事に戦災復興は見事に達成されていた。
マンモスの力によって。
だから帝国軍は復興という手間をする事なくすぐさま東側への侵攻が出来たのだと思う。

帝国軍は、西側奪還後に新型ゾイド開発研究所や生産設備も続々と作ったでしょう。
新型ゾイド開発研究所とはもちろんデスザウラーに向けたもの。

復興の必要がない・・・既にインフラがあるということは、「こうした設備の建設も容易である」という事。
マンモスは、こうしてデスザウラーの出現を早め帝国軍の増大を意図せずに手助けしてしまったのかもしれない……。

D-DAY後の帝国軍はとにかく猛攻した。
もしも帝国軍帰還時に西側の復興が半端な状態であったら、少なくとも多少は手間を取られていたであろう。
東側への侵攻、デスザウラー開発は若干の遅延をしていただろう。
それは共和国軍に反撃するチャンスを与えていたかもしれない。
共和国軍が一大反撃作戦を決行し、復興に手間取る帝国軍を攻撃し今度こそこの時点で勝利していたかも……。
そんな風にも思いました。

復興に大きく貢献した一方、残酷な言い方をすればそれゆえに帝国軍の力を大きく高めてしまい、デスザウラーの開発をも許した。
しかしその責をとるように老兵ながら第二次中央大陸戦争でも寒冷地で黙々と戦い、最後はデスザウラーを撃退し一矢報いてから退役していったのは意地を魅せたなという感じが強くします。

ゾイドマンモス。
やっぱり魅力的なゾイドだと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント