学年誌が伝えた子ども文化史

このたびとても良い本が出たので買いました。
紹介します!
「学年誌が伝えた子ども文化史」



この本は現在のところ「昭和40~49年編」「昭和50~64年編」の二冊があります。
50~64年編はつい先日、6/4に発売されたばかり!
コチラを買いました。

昭和50~64年は西暦で言うと1975-1989年(1/7まで)ですね。
学年誌が伝えた子ども文化史 っていうだけで即買いなんですが、あわよくばゾイドも載ってないかなーと思っての購入でした。


裏表紙には各学年の学年誌が一冊ずつ並べてありますが、


おおおお
小一がちょうどゾイドが付録になった号なので、デカデカと「ゾイドゴジュラス」と書いてある。
嬉しいなあ。

これは86年3月号ですね。


で、付録とは…、


「走るゴジュラス」です。
車輪なのがちょっとアレですが、「走行中に前傾姿勢になり飛行ゾイドを発射する!」というギミックは子供心をくすぐる良いアイテムでした。

その他の学年は残念ながらゾイド非掲載号なんですが、まぁこれは1975-1989年の号からランダムで選んでいる関係上仕方がないですね。


さてさて中身です。

第1章 学年誌が伝えた重大ニュース
特集1 学年誌が伝えたゲーム機の歴史
第2章 学年誌が伝えた芸能・スポーツ
特集2 学年誌が伝えた未来予測
第3章 学年誌が伝えたブーム・生活

という構成。





学年誌で振り返るニュース。
いやあ嬉しい。こういう本をずっと待っていました。
学年誌の記事のクオリティの高さは以前にコラムにした事もありました。
1975-1989年という長い年月から反響の大きかった記事を幾つかピックアップしただけなんですが、学年誌がこうしてニュースを伝えていたという雰囲気は十分に伝わります。

ニューネッシーは長く話題になりました。
私が購読していた号でも何度か取り上げられて「なんじゃこりゃああ」と思っていた記憶があります。
漁師さんへのインタビューなんかが添えられていたように覚えています。


ゲーム機



コチラはメガドライブ最新大特集。
学年誌のゲーム特集は第一が任天堂ハード、第二がPCエンジンという感じでセガは割と蚊帳の外だったイメージなんですが、大特集された号もあるんだなぁ…。
(任天堂ハード→PCエンジン→セガハードという扱い順は現在のコロコロでいうと「任天堂ハード→PS→X-BOX」という量に相当すると分かりやすいと思います)

特集を見ていると最大同時発色がどうだとかスプライト数がどうだとか、けっこう本格派な解説がしてあって面白い。
また学年誌のゲーム機特集は稀に試作モデルなんかも紹介されているのでとても興味深いです。

こんな風に色んな記事が載っています。
紹介していたらキリがないのですが、そんな感じで良い本でした。

そんでもってゾイドが載ってないかなーと期待していた本書ですが、第3章内に「男子が夢中になったホビー」というコーナーがあり、半ページを使って紹介されていました!!
嬉しいー。
小六の記事…、サラマンダーを例にとりつつ「ゾイドは動力を持ち動く玩具である。また魅力的な世界観を持つのである」という強調がされた号を紹介していました。
バトルストーリー掲載号じゃなかったのがチト残念だけど、ゾイド全体の魅力を強調した号が紹介されたのはそれはそれで分かっていらっしゃる感じがする。

そんな感じでとても良い本でした。

最近は「あの頃」を扱った本がとても多いです。コンビニなどでもよく見ます。
その中にはゾイドが紹介されているものもあって購入はするんですが・・・、贅沢を言うと「メカ生体時代を扱ったものなのに写真が機獣新世紀版」だったりする事がとても多い。
重箱の隅をつつくような意見だろうしこれだからマニアは面倒くせえんだと思われそうでもあるんですが、いやそれでもあの頃を扱った本というのはそういう所に気を配って欲しいと思うんですよねぇ。
(良い本ももちろんあるんですが、現在はちょっとしたあの頃本ブームであります。そこにのっかって作られただけの本にはそういうのがとても多い。特に特定ジャンルの括りがなくオールジャンル一緒くたに扱っているあの頃本はたいていそう)

だって写真が明らかに年代違いのものなのに「この時代の少年はこれに熱中したのだ!」とか書いてあったら「それ違う…」と思ってしまうもの。
こういう本は共感できるかどうかが重要です。
おお筆者も熱中してたんだね!!! となるといい本だなあと思えて惹き込まれるんだけど、なんていうか「筆者ネットで探した文章をテキトーに載せてるだけやろ……」というのが分かると一気にさめてしまうもの。

そんな中にあって今回の「学年誌が伝えた子ども文化史」は学年誌の記事をそのまま掲載していたので当時感が抜群でした。
特にメカ生体の世代の方は本全体の特集に懐かしさこみ上げてくると思うのでオススメです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント