ワイルドライガー!

さて、本記事ではゾイドワイルドの主役機、ワイルドライガーを組んだ感想・レビューです。

説明書・・・・・ではなく「復元の書」を見ながら組みましょう。

復元の書、これが実に良いものでした。

単なる組み立て説明書ではなく、機体解説や世界観への踏み込みなど魅力的な情報が満載!
良いですね。組んだら終わり・・・ではなく永久保存版です。


説明書部分はフルカラーの豪華仕様。
写真じゃなくて絵で解説されているのが予想外でした。
(月刊ゾイドグラフィックスは写真だった)

フルカラーなのは・・・、今は白黒線画だと、どのパーツか判別できない子供がいるそうです。
立体認識力が年々低下しているらしい。
その配慮でしょうね。更にこれでもダメな場合は動画でサポート。
凄まじい丁寧さです。

私は理想的に言えば線画で形状把握ができる程度の立体認識力は付けて欲しいなぁと思う。
プラモなどをいじっていると自然とそんな能力が身に付きます。
ゾイドをはじめ色んなプラモもどんどん子供に売れて立体認識力があがるといいなぁ。
今は動画を見ないと分からないコも、組むことに慣れてきたら次第に復元の書だけで組めるようになっていくといいんじゃないかな。

今回の動画と紙の二パターンで組み立て解説をしているゾイドワイルドはとても良いと思います。

さて組みます。
パーツがあらかじめ切られている。ゲート処理もそこそこ綺麗。
それは先の記事で書いた通り。

凄く良い仕様ですが、強いて言えば、



目がクリアパーツじゃなかったのが残念だったかなあ。
メタリックな塗装がされています。

…なお目を除いては部分塗装などは一切されていません。
目だけが塗装済みパーツとなっています。

クリアパーツがあれば何とも言えない高級感が出るので、ここだけ惜しいなと思いました。
ちなみにパイロット(ライダー)はクリア成形です。
んー、どちらかというと目をクリアにして欲しかった。

あと、旧来のゾイドはパーツに「19」などのパーツ番号が刻印してあるのが常でした。
今回、基本的にその刻印はありません(一部にはありますが)。
その為、ちょっとパーツの確認がしにくい。
その辺がちょっと残念な箇所かなー。


・・・いいかげん組みましょう。


ボーン状態!
うむ、なかなかカッコイイじゃないですか。
やはり実物を見ると印象が大きく変わるなぁ。

「骨がカッコいいメカになった」
魅力的です。


手動ですが口をここまで開く事ができます。
これは実にネコ科の口っぽくて良い。
非常に残念なことに装甲を付けるとその干渉で開き角度が小さくなります。
その辺を削って改造して、ここまで動くように改造しても面白いかも。

下あごは固定です。これはちょっと残念。

装甲を付けると・・・・

おぉぉー カッコいいじゃないですか。
実に良い。


なかなかのイケメン君です。
目の感じも良いですね。ぎょろっとした目玉の感じが効果的です。
うーん、この目の感じを見ているとクリアじゃなくてメタリック塗装で正解だったかも。
でも光る改造とかはしにくいし、やっぱりクリアが良いかなぁ。
もう少し眺めてから判断したいです。


シールドライガーやコマンドウルフと共に。


買って驚いたのは大きさです。
思ってたよりずっと大きいやん!
シールドライガーよりはわずかに小さいですが、コマンドウルフよりはかなり大きい。
モーターゾイドらしい大きさは十分にあります。
やっぱり手に取った時に大きいとズッシリと嬉しい感じがしますもんね。
良い良い。


ワイルドライガーカッコいい。
このゾイドは角度によって印象が大きく変わる。正面寄りから見るより側面から見た方がカッコいい感じがする。
現在公式から出ているワイルドライガーの画像ってベストな角度じゃない気がする…。
実物を手に取ったら思っていたよりずっとカッコいい姿をしていて驚くと思います。

色も良いですね。白、青、金というヒーロー配色ですが、デザインによく似合っています。
装甲の白は純白です。シールドライガーMK-IIと同じ真っ白。
買う前は「純白よりライガーゼロくらいの高級感のある白がいいなあ」と思っていたんですが、実際に組んでみると純白が似合っています。

青は少し水色っぽい感じ。ブレードライガーの青に近いかな?
金はシールドライガーMK-IIやブレイブジャガーと同じ感じの金です。
ちょっと軽い感じもするけど、軽快さを優先した感じかな。悪くはないです。

全体的にいい感じの色です。配色のバランスも良いですね。
目が緑なのも好きです。
唯一、下あごだけは白の方が良かったかなー。
でも塗っちゃうとボーン状態の時に変になっちゃうしなぁ。
悩みどころです。

そんな感じ。
まだまだあるんですが最初の感想・レビューとしてはこんな感じ。

より踏み込んだレビューやギミックについてなどはまた次回以降に!
ギミックは、ワイルドブラストもあるので動画で撮りたいなー。


あと、お役立ち情報。
ハードポイントがありますが、こちらは・・・・

互換性あります!!

更にキャップについても、

互換性あります!!!

これは非常に喜ばしいですね。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント