ガブリゲーター!!

今日はガブリゲーターを紹介します!


パッケは水辺から上陸するシーン。ワニらしくて実に良いですねー。
凄く強そうです。

一目見て惚れたワニです。
最初にこれを組むつもりだったんですが、いやいや最初は主役機を組もうやと思ってワイルドライガーを組みました。
そしてモーターの次はゼンマイだろと思いスコーピアを組みました。
そんなわけで組むのが少し遅くなりました。
いよいよワニです。
さぁ、高まりきった期待に応えてくれるのだろうか!?

では組もう。

もちろんパーツはジャンル分けされた小袋に入っているんですが、小袋を開けるたびに感動しますね。

袋は切れ込みの入った優しさあふれる仕様です。この手のビニールは切れ込みがないとあんがい破り辛いんですよね。

また小袋のレイアウトが良いですね。ゾイドが切り裂いたような図案が描かれています。
こういう遊び心は大事です。ホント、スバラシイなあ。
説明書が「復元の書」である事もそうですが、とにかく「楽しい!!」仕様になっているのが嬉しい。


動力ボックスはワイルドライガーと共通です。

今回、このクラスのゾイドは共通規格の動力でいくようですね。
コスト面に配慮したとても良い仕様だと思います。

機獣新世紀ゾイドでは専用動力ボックスが増えすぎた印象があります。
同じような大きさ・体形のジェノザウラー・バーサークフューラー・ダークスパイナーで全て違うなんて!
あれは開発費を圧迫していたよなぁと思います。

メカ生体ゾイドだとビガザウロとゴジュラスが同じ。デスザウラーとマッドサンダーが同じなどかなりの共通があり設計の巧みさを感じました。
なぜ共通規格の仕様が好きかというと、「専用」だと凄い動きのゾイドでも「専用の動力ボックスだからそりゃそうだ」となるわけです。
でも同じ動力ボックスを使いつつ全く違う動きになっていたら「スゲー、どうやってるの!?」という探求になるわけです。
同じ動力ボックスを使っているからこそ設計の巧、カラクリの面白さがより強く伝わります。
今回、専用ではなく汎用。共通規格の動力ボックスである事はとても喜ばしい事だと思います。

更に言うと、脚の長いワイルドライガー、短足のガノンタス、平べったいガブリゲーター、二足歩行のギルラプター。
これが全て同じ動力ボックスを使っている。
メカ生体ゾイド以上の使いまわしです。凄い!
メカ生体ゾイドは同じような大きさ・同じような姿勢のゾイドでも幾つかの動力ボックスがあります。
レッドホーンとサーベルタイガーは同じような大きさですが動力ボックスは別物。ゴジュラスとデスザウラーも別物。

ゾイドワイルドはこれらが共通であるようなもの。メカ生体ゾイド以上の凄まじい共通化です。

おそらくメカ生体ゾイドは「最初のシリーズ」だから、シリーズの途中で想定外の事態も多発し、どうしても新しい動力ボックスが必要になったりしたのでしょう。
今回の徹底した動力ボックス共通は、「今までのシリーズの設計を徹底的に見直した。そして汎用性のある使いやすい共通規格動力ボックスを開発した」事により実現されたと思います。

先日、スコーピアでもフレームについて「スナイプマスターから受け継がれた構造」と書きました
ホントに、色んな部分で過去シリーズの設計や教訓を活かしているなぁと思います。

全く新しくなったゾイド。それがゾイドワイルドです。
ですが確実に今までのシリーズを活かした作られたものであります。

以前に、こんな記事を書いたことがあります
2017年1月の記事だから、1年半前の記事ですね(この記事も早めに清書してコラムに入れたい)。
ゾイドワイルドは私が求めた以上の仕様になっています。凄くアツい。


モーターの話が長くなってきました。いい加減ガブリゲーターの話に移りましょう。

特徴的なのはシールです。

ワイルドライガーやスコーピアには「陣営を示すマーク、個人名のロゴ」のみが入っていたのですが、ガブリゲーターでは「軍用っぽい数字の図案」も入っている!
ゾイドを兵器として扱うデスメタル側だからかな?
後でギルラプターも確認しなきゃなあ。
それにしても細かいところまでキッチリしていますね。

シールに感心しつつ組みます。


組んでいると、のどの位置にマグネーザー状のパーツを発見!!
設定を見ると、噛み付いた相手をこれで粉砕するのだとか。
ミキサーみたいですね。
形がマグネーザー状になっているのがニヤリだなー。

あと驚いたのは指の数です。


ごらんの様に5本と4本のがあります。
「・・・?」と思ってワニの指を検索したところ、「ワニの指は前足は5本、後足は4本」らしい。
スゲー。そうだったのか。
細かいところまで徹底して再現してるんだなあ…。メカ生体ゾイドの傑作・バリゲーターでさえそうはなっていなかった。
(バリゲーターの指は前後ともに3本)

今回、ゾイドの構造から生物の知識を一つ得る事ができてとても嬉しい気持ちになりました。
良いですねぇ、こういうのは。

ただし前後パーツは間違えても組めてしまいます。
前脚に後用の指パーツを付ける事も可能なので、組む際は間違えないよう注意です。
(私も当初間違えて組んでしまっていました。以下の写真でもそんなのが混じっています、、スミマセン後ほど撮り直します)


そんな感じで感動しながら組みました。


ボーン状態、かんせい!!!
な、なんじゃこの大迫力は。


素晴らしいですね。
期待を10とすると軽く100以上の満足度がありました。

キャップのバランスも良いですね。適度な量が適切な位置についてる感じ。
色がまた良いです。ちょっとくすんだ黄色で、カラフルでありながらも渋みがある。
黄色いキャップは、装甲を付けると鮮やかな青との対比でより引き立ちます。


ボーン状態では頭部の迫力が凄まじい。

この頭!! 何ですかこの大迫力は。
凄まじいです。
ワニの頭骨がシルエットを極めて忠実に守りながら見事なメカニックになっています。
こいつぁ・・・・スゲエ!!

ボーン状態は骨を模していますが。バランス良くメカニックなディティールもあります。その具合が最高です。


背中のこの辺も良いですね。
ホントに骨でありメカニックであるという感じ。
絶妙。
細かいので大変ですが、この辺を塗り分けると凄まじく見栄えが向上しそう。
いつかやってみたいなー。

そして装甲を付けよう。
装甲はわずか4パーツで構成されていますが、付けると大きく印象が変わります。


うおおおおおおおおお大迫力・・・・・!!!!
ボーン状態も良いですが、装甲をつけるとよりいっそうカッコいい!!!!!!!!

この状態だとライダーを乗せることもできます。

辛そう!
設定上、潜ったりもすると普通に書かれているんですが大丈夫か。ボンベとかもないし。
まあワニの伝統ですな。口の中よりはマシかもしれません。頑張っていただきましょう。
アニメだとキャビア氏が乗るようですが、彼の根性に期待だ。


それにしても素晴らしいフォルムです。
惚れ惚れ。期待以上という言葉ではもはや表現しきれない…。
ミラクルスペシャルウルトラスーパーメガトンカッコ良かったです。

バリゲーター大先輩と並べるとこんな感じ。

バリゲーターを駆逐艦とすると、ガブリゲーターは重巡洋艦くらいのサイズですね。
デッカイです。
こんな大きなワニが欲しかったんだよ!!!
ゾイドワイルドの機体としても最高なんですが、少し改造してメカ生体/機獣新世紀風の72スケールに改造しても面白いかもしれないなぁ。
口がでっかいので内部に72コックピットを仕込んだりするのも比較的簡単そう。
ああ、複数買いいっとくか。


顔はどちらもワニなんですが印象は大きく異なりますね。
バリゲーターは細くてまさに子ワニという感じ。かわいい。
ガブリゲーターは平たくてドッシリ構えた巨大ワニといった感じ。怖カッコいい。
小型ワニ/大型ワニとしてどちらも的確なデザインをしていると思います。
バリゲーターを見ているとガブリゲーターの素晴らしさがわかるし、ガブリゲーターを見ているとバリゲーターの傑作振りが改めて分かる。
そんな関係が好き。


・・・そして!
ワイルドブラスト発動!!

スゲー。いや、スゲー。
ホントに口(?)がカパッと開いちゃいます。

当初どうなのよこれ・・・と思っていたんですが、実際見るとこまけえこたぁいいんだよ!!というか。
とにかく大迫力ですね。
何でも噛み砕く大迫力です。
あと発動時は口が前にせり出します。なので、ただでさえ巨大なガブリゲーターが更に巨大になります。
このギミックがあるので、ワイルドライガーなどよりもかなり大型という印象があります。

ゾイドってたまに「無茶苦茶だけどそれがいい」っていう武器があるじゃないですか。
たとえば火器を増やすとカッコいい。でも付けすぎると重そう・やりすぎて逆に白ける感じになりがち。
でもそれを振り切って超超過積載にすると一周回っていい感じに見えてくるんです。
例えばガンブラスターのハイパーローリングキャノンですね。
無茶苦茶や・・・・・・・・いや、でもそれがいい!!!!!!!!!

ガブリゲーターの口開きすぎギミックもその類かなーと思いました。
無茶苦茶です。やりすぎです。でもそれがいい!!

いやー、大満足のワニでした。
素晴らしいですね。ホント最高です。
あとはアニメでどうなるかだなー。
大活躍して欲しいです。あとライダーがどう描写されるかカナ。
それによって更に魅力が高まると良いな。

ガブリゲーターはギミックも素晴らしかったです。
その辺のレポはまた後日。いったん全機を紹介してからやれたらと思います!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント