ギルラプター

今日はギルラプターを紹介。
ワイルドライガーのライバル!

ラプターと言いつつディノニクス。
そこはどうなのかと思うんですが、大ヒット映画「ジュラシックパーク」シリーズでもヴェロキラプトルとディノニクスは混同されています。
そういうものなのかもしれませんね。


パッケは複数機写っているのが特徴的ですね。
ライバルというとワンオフが強調されがちだと思うんですが、そうではないのが意外です。
主人公機は伝説のワンオフなのになー。
アニメでどう扱われるかが楽しみです。

そうそう主力歩兵ゾイドっぽい感じの小型ラプトルも控えているようですね。


いい感じ。
はやく大小のラプトルを並べたいなー。


ところでランナーレスの仕様について改めて書きます。

プラモって組む作業が楽しいんですが、内訳を言うと
・ランナーからパーツを外してゲート処理をする作業はちょっと面倒
・パーツを組む作業は超楽しい
というニ種類に分かれるんじゃないカナーと思うんですよね。

今回のゾイドワイルドの仕様は面倒な部分が丸まる消えています。
楽しさMAXの組む作業の部分だけがある。
もうヤバいヤバい。組むことに快楽しかない実に恐ろしい仕様でした。

また「動く」ものを作っているわけだから、ゾイド特有の「動きの仕組みを理解しながら組む」感じが強調されているものでもあります。
組み立て難度も低め。各パーツも頑丈。
説明書(復元の書)だけでなく動画サポートされているのも凄い。
こりゃあキッズも虜間違いなしですわ。恐ろしい企業やでぇ……。

なんちゅうもんを作ってくれたんや・・・。

なおもちろんランナーのあるプラモも手先の器用さを養うなど良い部分が沢山ありますので、色んな仕様の模型が上手く共存していければ良いですね。
業界全体が活気付くと嬉しい。
まぁとにかく! ゾイドワイルドは入門用として「作る楽しさ」を伝える最強のアイテムだと改めて思いました。


そんなわけでそろそろ組みましょう。
ところで復元の書ですが、これが気になる・・・・。


カール・K・グスタフ

いわゆるR・S・トーマス氏的な著者? 発掘研究者?
しかし名前がグスタフなのは明らかにあのゾイドを意識していますよねえ。
グスタフ氏の書いた歴史書、戦記なんかも展開されると良いですねー。
パッケージは何しろ一般兵的な感じのライダーが乗っているから期待してしまいます。


そんなこんなを考えつつ、まずはボーン状態。


おぉー、リアルな骨だ。そしてリアルなメカだ。
いいバランスしてます。
思えば電動のディノニクス/ラプトルって初かな?

ジェノ、フューラーはティラノサウルスだし、ダクスパはスピノサウルスだし。
デスレイザーも違うよなあ。

大きさはジェノザウラーやデッドボーダーより一回り小さめ。
サイズ感はまさにお手ごろといった感じ。
巨大感はあまりないんですが「軽快さ」を感じる良いサイズだと思います。


顔がいいですね。
大きさのバランスが良い。トサカも良いです。
トサカはレーダーの設定ですが、人工パーツではなく「ゾイドの持つ感覚器官」と設定されている。
興味深くまた面白いですね。

あと骨なのに目がギョロッとしてる感じが怖カッコいい。


体形はお見事です。
軽快なディノニクスの体形を見事に再現している。

脚が長いのに歩行時のバランスはとても良い。
二足歩行ゾイドを多く開発した機獣新世紀ゾイド。その経験が存分に活かされていると言えましょう。
お見事です。

足は上手くつま先で立っている感じを再現しています。
つま先だけではバランスが悪いので、ハイヒールのように後部をつけていますね。
このデザインは上手いなー。

ただ脚が一体成型なのはちょっと残念かな…。
ワイルドライガーもそうなんですが、脚部が一体成型で関節の連動がないのは寂しい。
シールドライガーではなくコマンドウルフの脚のようなので、電動ゾイドとしてはちょっとなあと思う。

まぁその分ワイルドブラストなどのギミックに凝っているから総合的に不満はない・むしろ満足度は高いのですが。
でもいずれ関節の動きにもまた挑戦して欲しい。凄いのを魅せて欲しいなー。
ゾイドワイルドの各機を見ていると、いずれそういうのも出てくるだろうと期待させてくれます。
新型ゴリラはどうなるんだろう?

あとは、ボーン状態でもブレード(ウイングショーテル)を付けるんだーと思いました。
外してもいいような気がする。
またこの状態だと上が固定されてなくて傾けると抜けることがあります。

ゾイドワイルドはキットに2つずつ余剰キャップが付属しています。
ボーン状態で安心して楽しむには、余りキャップをウイングショーテル部分にはめておくと良いかも。

こんな感じ。


では次に装甲を付けよう。


完成。
非情に流麗な装甲でスピード感が加わりましたね。
装甲は細かく分割されていて、しかも関節などの重要区画のみをガードしている。
スピードに特化した機体。防御力は低目とされていますが、まさにそのイメージ通り。


メカメカしいディティールは少な目。
まさにスピードを求めている感じがします。

ただもう少し場所によってはディティールをつけたほうが良いような気もするなー。
背中の大型ブースター部分とか。



物足りなさを感じる場合は市販のディティールアップパーツでデコレートしても良いかもしれませんね。

ブースターといえば、この部分では驚きもありました。


内側にこんな細かいモールドがある!
凝ってるなあ。見えにくい部分でこんなコダワリがあるのは凄い。
これを装甲部分でも見せてほしかったかな。

でもレーシングカーのような流麗な装甲はそれはそれで魅力的です。
ゾイドワイルド界における現在最速機だからなぁ。これで良いのかもしれない。


顔は目力が凄いです。
ぎょろぎょろした目が凄く印象的。
このアングルだとバイザーで隠れていますが、動かすと連動で目が動くんですね。
そのインパクトが凄いです。
是非とも購入して確認してくださいませ。


ワイルドブラスト発動!!


ワイルドブラストは、ウイングショーテルを展開し切り裂く!
んー、でもちょっとワイルドブラストのインパクトは他の機に比べて低目かな。

ブレードを凄い勢いで振り下ろすワイルドライガー。
口が衝撃展開するガブリゲーター。
大砲を凄まじい勢いで発射するガノンタス。
これらに比べてややインパクトに欠けるのは否めないかなー…。
ウイングショーテル自体もちょっと細めで迫力があるかと言われたら…。


でもブレード展開は定番ギミック。
「縦に振るワイルドライガー」に対して「横に振るギルラプター」というのはライバルとして相応しい感じもします。
劇中でどう戦うか。
今からワクワクですね。

そんなわけで今日はギルラプターでした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント